仮想通貨が身近なようで身近じゃない話|今こそ仮想通貨の価値が試されています

最近、恐ろしい事に職場でも仮想通貨について話をしている人をちらほらみかけます。
えっ、仮想通貨ってそんなに身近になっているの?と思います。

ビットコインっていう言葉が普通に誰にでも通じる時代が近づいてきている気がします。そして、いつの日にか普通にビットコインを始めとした仮想通貨で買い物をする日がやってきそうな気がします。

 

多くの方が普通に取引している

最近はビットコインの広告が増えてきたせいか口座を開設された方が増えてきました。それに伴い普通に取引されている方も多いようですね。

ただ日本のビットコインの取引にはまだまだ手数料が高いのが難点ですね。何回もトレードしているとそれ相当の料金を支払わなければいけないという事です。

ビットコインはお金を生み出す魔法の装置みたいに思われていますがそれは違います。

 

ほとんどが短期運用目的

現在、ビットコインを保有している方の多くは短期での取引目的かと思われます。

ただビットコインが一般的になればなるほど、勝つのは難しくなります。

まずビットコインを買うという事はそのビットコインを売っている人がいる事を忘れないでください。

つまり、その価格で手放して、儲けている人がいるという事になります。もしくは損切りという形で手放している方がいるという事ですね。

 

はっきりいって素人が短期運用で頻繁に取引すれば、手数料と税金でマイナスになる可能性が高いのです。

ゼロサムゲームに参加して勝算は50:50だとしましょう。

儲けを出す可能性と、損失を被る可能背は同じです。

 

しかしながら取引の度に手数料を支払い、利益があがると税金を支払う事になります。

長い目でみれば儲けているのはビットコイン取引所と税金を徴収している日本政府となってしまう訳ですね。

 

ボラリティが大きすぎる

金融市場におけるボラリティとは価格の振れ幅を差します。

最近、仮想通貨の大暴落がありました。通貨の種類にもよりますがだいたい30%~50%の下落です。

凄まじいボラリティです。暴落と暴騰を繰り返すのが仮想通貨の特徴です。こういった激しい値動きをする金融商品は初心者には向きません。

瞬時に大きな値動きをするので対応しきれないのです。特にレバレッジをかけている人はあっという間にストップロスに引っかかってしまいます。

口座を見るとあれれ?何が起こったの?といった感じですね。

こうしたストップロスや狼狽売りで値を下げるだけ下げたあと、普通に買い戻されて何事もなかったかのように価格が戻ったりするのです。

 

価値がない限りはマネーゲーム

ビットコインの真に価値がでるのは、やはり生活圏に進出してきた時でしょう。

クレジットや電子マネーのように一般的に利用ができるようになった時だと思います。

 

誰にでもお金の送金もできるし、どこででも買い物ができる状態になれば、まさに仮想通貨が法定通貨を超えた事になります。

 

なぜ、仮想通貨を保有するのかを考えてみましょう。

それは「価値」があるからです。

 

その価値は一体何なのでしょうか?

 

ブロックチェーンを利用した現実社会での利用です。

通貨は流通における価値の交換に、金融事情における決済手段としていかに使われるかによってその価値が決まります。

 

ビットコインでどこでも買い物でき、自由に誰とでも送金できるようにならない限りは、ブロックチェーン技術は宝の持ち腐れです。技術が実社会の中でより広く使われ始めた時に、その本当の価値が表面化するのです。

 

普及率があがるにつれて膨大化する電気代

さてビットコインが十分に流通したとしてもう一つ問題があります。

ビットコインのブロックチェーン技術の話です。

ビットコインはすべての取引において、トランザクション(取引)を記録して世界中のPCで承認作業が行われています。それこそがブロックチェーンの技術であり、ビットコインの信用であり価値なのです。

このシステムを維持するためにPCを提供する事をマイニングといいます。

マイニングをすると新たにビットコインが提供されますので、企業単位でマイニングがされている訳です。

さて…もしビットコインが世界中に普及して爆発的に利用者が増えていけばどうなるのでしょうか?

もちろんそれだけ取引の量も増えますので、それに関わる承認の作業も爆発的に増えて、演算量も増えていく事になります。

ビットコインのマイニングに関わるPCがどんどん増えていき、電気代もバカにならないレベルになると言われています。

ビットコインのシステムを維持するのに必要な電力はクレジットカードを利用する場合の5000倍とも言われています。

今後ビットコインはますます普及する事が予想されますが、それに合わせてマイニング作業の消費電力も爆発的に増えていくと言われています。

PCの技術の向上とビットコインの価格の上昇で現在、システムは維持されていますが、ビットコインが一般的になり普及すればするほど、決済手段として使われれば使われるほど電力が加速度的に増えていきシステムの維持が大変になってくる事は頭の片隅に置いておきましょう。

 

仮想通貨を取引するならこちら

めんどうな手続き不要 ビットコインを今すぐ始められるビットトレード

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン

ビットコイン/イーサリアム取引所 BITPOINT

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました