生涯年収ベースで考えてみる|早期で退職する必要性を本気で訴えたいと思います

サラリーマンの平均年収はだいたい400万円くらいと言われています。

という事は40年働いて1億6000万円くらいの生涯年収という事になります。

 

実際には税金などがひかれますので、手取りになれば300万円を切るという事になります。

逆に言えば300万円あれば、とりあえず生きていく事はできるという訳ですね。

切り詰めていけば月20万円、年間で約250万円あれば生きていく事ができるかと思います。

 

1億円あれば当面、食べるに困らない生活を続けられて、2億円あれば、お金に困る事はなくなるというのはそこら辺から言われている訳ですね。

 

 

要はとりあえず1億円の資産を作り出してしまえば精神的に余裕が生まれそうです。

正社員じゃなくともアルバイトをしながら年に150万円稼いで、資産から100万円捻出すれば、最低限の生活は続けられるかと思います。

 

お金を稼いで、生活費を節約して、運用して「1億円」を目指せと言われる所以はここら辺にありそうですね。

 

 

お金は貯めてしまったものの勝ち

お金の価値はもった人じゃないとわからないと言われています。

資産0の人に資産1億の価値はわからないかと思います。

1億と言う資産を持ってはじめて1億の重みを知る事になります。

 

お金は貯めた人の勝ち的な側面があるのは事実です。

世の中きれいごとを言ってもお金がなければ生きていけません。

 

普通に働いていたら生涯年収はだいたい1億6000万円程度で1億の資産なんて貯められそうにありませんよね。

 

だからこそ、頭を使って行動していかなければなりません。

 

月収20万円で1億貯めようとすれば非常に厳しいのが現実です。

月収20万円なら生活費に大半を持っていかれて、がんばって節約をしているにも関わらず、なかなか投資にまわすお金が余りません。

結果、働いていも働いてもお金がたまらないという現状となるのですね。

月に2万円を投資にまわして40年間かけて年利3%で運用したとしてもだいたい1800万円にしかなりません。

これが40万円の手取りの方が同じ条件で運用すれば1億8000万円の資産を築き上げる事ができるのですね。

 

お金は持っているところに集まると言われています。

資産を築き上げるには、稼ぐ方法を見直していく事が必須事項となるのです。

 

 

サラリーマンの限界

サラリーマンの平均年収は約400万円で、その中には1000万円、2000万円という高額所得者を含まれているので、実情ははもっと低いと思われます。

サラリーマンの世界で出世争いに勝ち残り、役職について、管理職に上り詰めてもよほど大手の上場企業でもない限り年収1000万円が厳しいのが実情なのです。

 

どれだけ努力をしても、報われないのがサラリーマンの世界です。

努力と工夫で2倍の仕事をしても給料が2倍になる事はありません。ほとんど変わる事はないでしょう…。

 

さらに言ってしまえば、そこまで努力して成果をあげて稼ぎだした利益は株主と経営者に吸い取られていってしまう世界なのです。

 

目の前の課長の姿を見てください。

朝一で出勤してきて、夜遅くまで働いて、休日も会社に出てきて、部下の責任をとらされて、頻繁に配置転換させられて…

将来自分もそうなりたいと思いますか?

確かに年収は増えるでしょうが、それ以上に拘束時間は増え、仕事の責任が増えるのも事実です。

過労状態で体を壊していく人も少なくありません。

 

会社の課のトップである課長に上り詰めても、そこに待っているのは厳しい現実だという事です。

要はサラリーマンには限界があると言う事ですね!!

 

Point

 

  • どれだけ利益をあげても給料に反映されない
  • 出世できるかどうかもわからないし、出世できても給料に見合わない仕事内容
  • 経営状態が悪化すればどんなにあがいてもボーナスカットや減給が避けられない
  • 世の中には倒産している会社もたくさんあるという現実
  • 20歳で就職して60歳まで40年もの時間を会社に捧げ続ける必要がある

 

ゴール(通過点)に近づく為に

サラリーマンと言う時間泥棒から抜け出すという事は、人生における一つのゴール(通過点)だと考えています。

そのゴール(通過点)にたどり着く為にはどうしても2つの壁を乗り越えなければいけません。

この壁を乗り越えられない限りはいつまでたっても会社にいい様に使われ続ける毎日が続く事になります。

 

さてそのゴールとはいったい何なのでしょうか?

  • 一つ目は十分な資産を築き上げる事。
  • 二つ目は仕事以外に収入の道筋をつける事。

この2つが当面の目標となります。

 

なぜ仕事を辞められないのか?

私たちはどうして今すぐ、仕事を辞められないのでしょうか?そんなに不満があるなら、今すぐ辞めてしまえばいいのではないかと思いますよね?!

 

多くの方はこのような思考になってしまうかと思います。私もそうです。

 

「仕事を辞めてしまえば、収入が途絶えて生活していく事ができない…。それに今の私のスキルでは次に仕事を見つけられるかどうかなんてわからない…。

だから我慢して働き続けるしかないんだ…。」

 

 

この負のスパイラルから抜け出すには、先ほどお伝えした二つの壁を乗り越えるしかないのです。

 

私は当面の資産1億と、仕事以外の収入で30万をゴールと設定しています。

これを達成できたとき、ある程度お金の束縛から解放させた事にもなります。

 

少なくとも「いつでもサラリーマンを辞める事ができる」環境が整ったと言えるでしょう。

 

そのままサラリーマンを続けてもいいし、今の役職から降格して平になるのもいいし、他の仕事を探してもいいし、副業を本格化して法人化しても良い訳ですね。

 

人生における選択肢の幅が広がったといっても良いかと思います。

 

さっさと生涯年収を稼いでしまおう

結局、1億貯めようと思えばさっさと生涯年収を稼いでしまおうという話に行き着きます。

サラリーマンとして稼いだお金を節約して投資にまわして、副業で稼いだお金を投資にまわして、効率よく運用していく事しかありません。

 

ここで一番ブーストをかけやすいのが稼ぐお金自体を増やしていくという事です。

節約って効果はあるけど、限界があるのも事実です。

投資の運用成績をあげるのも大変です。インデックスファンドで平均を狙っていくのは簡単だけど、インデックスを越える運用成績を叩き出そうと思えばプロでも難しいと言われている世界です。

 

一方で副業は努力すればするほど、収入が増えていきますので、一番目に見えて結果を出しやすいのです。

私はブログで副業をしていますが、記事をたくさん書けば書くほど、アクセス数も増えて、副収入も増えていきます。

 

 

努力が目に見える結果として現れるから続けていきやすいのです。

 

私は今元気に働けていますし、空いた時間でブログの記事を書いたり、株を売買しています。

 

2足の草鞋を履けるのも元気な内なのです。

 

いつ病気になるかわからないし、もしかしたら会社で潰されてメンタルがやられてしまうかもしれません。

 

気力があるうちにどんどん前倒しをして、生涯年収をより早く稼いでしまおうと思っています。

将来の事なんて誰にもわからないのだから、今がんばっていきます。

 

多くの方が60歳で迎えようとしている定年退職と言うゴールを10年15年と前倒しで迎えたいと思っています。

サラリーマンだから定年退職まで勤め上げるなんて本当にバカらしい考えだと思います。丸一日会社で潰している時間があればどれだけ多くの事をやりとげられるでしょうか??

 

一日でもサラリーマンを抜け出せる環境を整えてさっさと新しい人生を歩んでいきたいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました