耳栓を兼ねるノイズキャンセル機能付きイヤホンが凄すぎる

賑やかなマクドナルドなどファーストフードで、集中したい時などに利用したいのがノイズキャンセル機能がついたイヤホンです。

このノイズキャンセル機能付きイヤホンですが、さまざまな場所で大活躍してくれます。

電車やバスなど、乗り物内での騒音を軽減してくれる効果も期待できます。

 

ノイズキャンセルとは?

ノイズキャンセルの仕組みは外部の騒音をマイクで拾って、その音の逆位相の音で打ち消して、カットしてくれます。

プラスとマイナスでゼロになる感覚ですね。耳栓をしているくらいに音が気にならなくなります。

 

ノイズキャンセルイヤホンは、耳栓をしながら、普通のイヤホンで音楽を聞く感じになります。

音楽を聞いているから、音楽でまわりの音が気にならなくなっているのでは?と思いますよね。

でも違うのです。イヤホンの電源を入れると音楽をかけないでも、まわりの騒音の音が小さくなるのが感じられます。はじめてノイズキャンセル機能を使った時はどんなマジックを使っているんだと感動したものです。

 

おすすめのイヤホンはこちら

私が利用しているのはSoundPEATS Q30です。イヤホン分野での大ベストセール中の商品です。一番のポイントはしったりした性能の割に安いという事です。

イヤホンは上を見ればキリがなく、何万というイヤホンもたくさんあります。しかし、普通に利用するならそこまで高額な商品を買わなくともしっかり機能を果たしてくれるイヤホンはたくさんあります。

SoundPEATS Q30は機能と価格のバランスが非常に優れているので、誰にでもおすすめできる万能のイヤホンとしてヒットし続けている訳ですね。

 

ポイント1 たしかな音質

Q30はワイヤレス接続ですが、音もしっかりしています。低温に厚みがあり、高温が耳に響かないのが特徴かと思います。

価格の割にしっかりした音を提供してくれるので、よほど「音にこだわりがある」人でない限り満足のいく音かと思います。

 

ポイント2 左右のマグネット

イヤホンの左右にマグネットがついていますので、使用しない時はまとめておく事ができます。

左右のイヤホンがコードで結ばれていますので、片方だけなくなるという事もありません。

マグネットのおかげで、イヤホンを使用しないと気にもまとまっていて非常に気持ちがいいです。

 

ポイント3 長時間再生

超小型のバッテリーを搭載しており、MicroUSBで充電します。

圧倒的な低消費電力で100時間のスタンバイと7時間の音楽再生が可能です。スマホでバッテリーの残量が確認可能です。

万が一、バッテリー切れを起こしたときに為に有線のイヤホンを鞄に忍ばせておけば安心ですね!

 

ポイント4 防水進化版

IPX6防水とIP7X防塵を備えていますので、多少の雨や水しぶきなどを気にせずに使うことができます。

IPX6防水とは「強力な噴流水に対して保護されている」状態です。ほぼ完全防水でよほどの浸水をきたす状態でない限りは使用可能という事になります。

外での使用も多くなるでしょうし、防水機能がついているというのは安心ですね。

 

ポイント5 Bluetoothが最高

Bluetooth接続なので、余計なコード類はなく自然なイヤホンのつけ心地となります。

本当に便利で、家で音楽を聴いて、イヤホンをつけたままキッチンでコーヒーを飲みに行くこともできるし、それこそトイレに行くことだってできます。

一度Bluetoothのイヤホンを使えば便利すぎて、有線には戻れませんね。

 

ポイント6 ノイズキャンセルリング機能がすごい

このイヤホンの最大の魅力といっていいでしょう。

CVC6.0のノイズキャンセル技術に対応しているので、外部からの騒音を一部遮断してくれます。CVC6.0は通話用のノイズキャンセリング機能となり、通話をする際に相手の声を聞き取りやすくする機能ですね。

また、カナル型イヤホンなどで外部の音漏れも防止してくれ、外部音に対する要求を満たしてくれるイヤホンとなっています。

かなりの遮音となりますので、小さな音量で聴いているのに、家庭内で家族に話し掛けられても気付かないレベルです。

逆に外部での利用は気をつけないと危ないと感じたくらいです。ウォーキングやジョギングで利用するのは、ちょっと危険を伴うレベルかと思います。

 

 

 

喫茶店でノマドをする特に絶大な効果を発揮します。

このイヤホンですが、一番役立ったのが喫茶店やファーストフードでのノマド時です。

まわりが騒がしい状況の時は、イヤホンをつけるだけで、カナル型イヤホンが耳栓の役目を果たしてくれます。

そこにノイズキャンセル機能と音楽が相まって外部の音が全く気にならなくなります。

まさにノマドワーカーしている私にとって、かかせないアイテムとなっています。賑やかな子連れのお客さんが隣に座られても、気を取られることなく作業が可能になります。

 

高音質かつ、外部音を軽減してくれるイヤホンを手に入れたことで、余計なストレスを感じる事がなくなりました。

 

 

Amazonプライムミュージックと相性抜群

そんな私ですがどんな音楽を聴いているかと言えば、ひたすらAmazonプライムミュージックを聞いています。

普段からAmazonでよく買い物をするのでAmazonプライムに加入していますが、Amazonプライムミュージックも利用が可能になり、100万曲を超える音楽が聞き放題になります。

その時の気分や状況に応じてたくさんの音楽リストが用意されてありますので、それを再生するだけです。

カフェでの作業用ミュージックや、勉強に集中できる音楽などさまざまなリストが揃っているのが魅力ですね。

そんなたくさんの音楽を高性能のイヤホンで聞くことができるのです。

 

 

音量は低めで

ノイズキャンセル機能がついているので、外部の音はそれなりに遮断してくれるので、音量は控えめでの利用をおすすめします。

大音量で長時間音楽を聞きつづけると、耳の聴覚を傷つけてしまう可能性があるからです。

イヤホン難聴、ヘッドホン難聴と呼ばれている軽度の難聴をきたしてしまう可能性があります。

遮断性が強いという事は耳にとってはメリットです。なぜなら低音量でしっかりと音を拾えるからですね。

逆に遮断性のない音漏れをしまくるイヤホンを大音量で聞く方が耳に悪いという事になります。

遮断性の高いイヤホンで音を抑えて聞くことで、イヤホン難聴になる確率はグッと低くなります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました