もし暴落が起こったらどうすればいいのか?|落ちるナイフを掴みにいってもいい話

投資の格言に落ちるナイフを掴みに行くなという言葉があります。

株価の調整や暴落時に株を買うなという話ですね。

 

確かに株価の下落時に株を買うという事は素人向的な発送だったり、ギャンブル的とも言われています。

下がった株を買いますことはナンピンと言われ、下手なナンピンスカンピンと揶揄されてもいます。

ただ、一言だけ言えば、リーマンショック時に一番儲けたのは、暴落時に買い続け粘り強く保有しつづけた人です。

 

底なんて誰もわからない

よくナイフが底をついて跳ね返ってから買えと言いますが、実際その場面になるとどこが底でどこで跳ね返るかなんて誰もわかりません。

 

一気に株価は下落して、気がつけば跳ね上がっていたりします。

下落が止まったり回復してきたと思えば第2の暴落に巻き込まれたり、もっと暴落すると待っているとあっという間に回復したり…。

 

正解なんて誰にもわかりません。

どこで買おうと自由で批判させる事はありません。投資の世界においては「すべて自己責任」

 

だから自分の信念に基づいて行動をすればよいのです。

 

ただ、暴落時は天井で買っている訳ではないので、ジャンピングキャッチではありません。

多少なりともバーゲンセールで購入できているのだから「良し」とすればいかがでしょうか?

 

インデックスのナンピンは怖くない?

ナンピンが推奨されない理由として、一度暴落したら元に戻らない可能性があるという事です。

いくら買い増していっても底なし沼のように落ちていくようでしたら、確かにナンピンは危険極まりない行為で避けるべき事なのです。

 

リーマンショック時にもたくさんの企業が倒産しました。いつまでも底ついたまま浮上できない企業もたくさんありました。

 

しかし、世界指標に連動したインデックスファンドなら経済の立ち直りと共に、基準価格も持ち直してきます。

 

投資における王道と言えるドルコスト法は暴落時にたくさん仕込んで、高騰時は仕込む量を減らすと言う逆張り手法を自動で行ってくれる訳ですね。

まさに効率的なナンピンとも言いかえる事もできるのではないでしょうか。

 

暴落時に買えなきゃ儲からない

株で儲けようと思えば安くで買って高くで売るが基本です。高掴みはなるべく避けたい行為です。

高値掴みさえさければ、市場の養分となる事なくそこそこ生き残る事ができます。

極論、安くで仕入れさえすれば後は保有しておくだけでも良い訳です。

 

暴落時に仕込む事で、投資におけるもっとも避けたい高値掴みを避ける事ができます。

 

特に、暴落時は必要以上に売られます。逆指値が引っかかったり、信用取引で強制的に決済されたりと売りが売りを呼び込み企業の価値以上に叩き売られる銘柄が出てきます。

 

長期投資家にとったら暴落は数年に一度の大チャンスという事にもなると思っています。そんな暴落時に買わないでいつ買うのでしょうか?

今後、いつ大きな暴落がくるかわかりません。

しかし、いつ暴落が起きても焦る事なく、どっしり構えて買い増しをいきたいと思います。

世の中が世界の終わりだとお葬式ムードに入った時こそ、逆張り投資家が動く時なのです。

 

右手拾い左手で拾っていく


私はリーマンショック時の時にひたすら投資信託を買い増していきました。

現金余力がなくなったら、働いたお金でひたすら買い増していきました。

毎月数万円づつでしたが、今では投資信託の口座は大きな利益をもたらしてくれています。

 

この時の経験は本当に貴重だったと思っています。

ここ10年、本当に大きな暴落は起こっていません。リーマンショックの時は本当に株価が半分以下という銘柄が続出しました。

 

まさに落ちるナイフを掴んでいき、右手で掴んだらまだ落ちていってさらに左手で掴んでいくかの様な状況だったと思います。

 

現金ポジションの大切さ

この時の経験から天井も、底もわからないのだからどう動いても、対応できるように心がけています。

株価が上がっている時はポジションを持っている事がなにより大切になってきます。

まさにすべて現金を株に変えてさらに信用取引した方が良い成績を残せるでしょう。

 

だからと言って私は信用取引を利用しません。

何故なら逃げられない大暴落っていつ来てもおかしくないからです。

明日そうなってもおかしくありません。

 

そして暴落が来た時に現金がないと買い増す事もできないので、ある程度の現金を確保していく事という考え方ですね。

 

銘柄を見極める力

最後に大切なのは銘柄をしっかりと見極める力ですね。

こればかりは知識と経験が必要です。100人いれば100人ともが投資行動は違ってくる事になります。

どの段階で利益を確定して、どの段階で売っていくかは人それぞれです。

 

投資の技量をつける為にすべき事は二つです。

経験する事と学ぶ事です。

 

実際に売買と繰り返す事で確実に経験値は上がっていきます。こればかりは何冊本を読んでも身に付きません。

投資においては絶対的な正解はありません。あえていうなら、たくさんの誘惑に惑わされずに自分の投資信念に基づいて行動を続けられるかどうかにかかってきます。

 

30年相場で戦い続けたベテランはすべてを経験しつくしているので、どんな状況になっても自分を見失わずに行動をつづける事ができるのです。

 

経験を積みながら知識をつける事も大切

どれだけ知識をつけても確実に儲けられる方法というのは身につきません。

絶対的な投資方法など存在しません。しかし、しっかりと知識をつけていく事で市場における「カモ」になる事を避ける事ができるようになります。

初心者の売買は、ベテラン投資家から見ればカモがネギを背負った状態なのです。

 

ファンダメンタルに必要な財務に関する知識と指標に関する最低限の知識も知らずに、株を買うという事は非常に危険と言えるでしょう。

 

幸いにも投資に酸いも甘いも知り尽くした先人の知恵が詰まった書籍がたくさん売られていますので、そこから多くの事を学ぶ事ができます。経験と知識のバランスが大切ですね。

 

投資は経験を積みながら知識をつけていく事でしか上達しません。

この事に終わりはありません。そういった事をするのすら煩わしいと思う方にはインデックスファンドのドルコスト平均法で投資する事をおすすめします。

たくさん本を買って一生懸命、勉強をして株を売買したのに単純なドルコスト平均法に叶わないなんて話もよくある事です…。

 

株価が何倍にもあがる成長株に出会えるかなんて、半分運みたいなものです。

私も過去に徹夜で情報を調べて、銘柄を分析した時ありましたが、そう簡単にうまい事いかないものなんですね…。テンバガーに憧れて成長株と思われる株に投資したのはいいものの、実はそこが天井だったなんて話も良く聞きます。

それくらい投資って奥が深くて難しい世界なのです。

 

知識をつけたからと言って勝てるようになる訳ではありません。ただ株の勉強をする事は決して無駄にはならないのも事実です!!

先ほどもいいました通り、しっかりと知識武装をしておけば市場のカモにされる事を回避できるようになります。

 

自分の考えが固まってきて、自分の中でルールが確立させていきます。

イナゴトレーダーがTwitterで流す情報に惑わされずに、自分の考えに基づいて投資をしていく事ができるようになるからですね(笑)

 

今回の記事ではナンピンも悪くないと言う事で書かせていただきましたが、あくまで投資は自己責任です。

投資行動に関して自分で責任を持てない方は、元本保証がされている銀行預金にでも預けておけておきましょう。1つの金融機関につき1000万円の元本と利息が預金保険制度のもとで保障されています。

私が愛読している株の教科書はこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました