8資産均等型投資信託の魅力について存分に語ってみます

現在、投資信託の運用先に8資産バランス型の投資信託を選んでいました。8資産バランス型の魅力は国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・国内REIT・先進国REITの8資産へ均等に投資されるという事です。

 

釣り糸を別の場所へ8本垂らしておく

運用先を分散するという事はリスクもリターンも分散されて均等化されるという事です。

これはひとつの場所に集中して釣り糸を垂らすのではなく、8か所に分散して釣り糸を垂らす事になります。

集中した場合は魚がヒットした時は大収穫となりますが、釣れない時はまったく釣れない状況になります…。

糸を垂らす場所を8か所に分散するという事は、魚がよく釣れる場所からもあれば、まったく釣れない場所もあり収穫高が平均化されます。つまりリスクとリターンが分散される事になります。

 

リーマンショック時は国内債券を持つのが正解だった

歴史的な株の大暴落の時期において、一番成績を残せたのは国内債券という事になりました。株安、不動安、円高の影響でありとあらゆる資産の値が崩れていっていました。

そんな大不況の中でも影響をほとんど受けなかったのは、国内債券だった訳ですね。運用成績を平均化するという意味においては、資産を分散するという事は大きな意味を持つわけです。

この数年に関しては「株」を持つ事が正解でした。だから先進国の株に連動した投資信託に比べて、8資産バランス型はもの足りないという結果になりました。

ただし、新興国の株や債券は伸び悩みましたがそこに集中投資するのに比べて、しっかりと成績を残せた事になります。

それではこれから数年間どこに投資するのが正解なのでしょうか?!はっきりいってその答えは誰にもわかりません。

誰にもわからないからこそ、8資産に分散して保有する事に意味があるのです。

 

この上ない安心感

8資産バランス型は、国内株式・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・国内REIT・先進国REITに均等にバランスよく投資しているという安心感がこの上ありません。

資産って言えば何を思い浮かべますか?世界の大富豪がその資産を何で保有しているかを見ればわかります。だいたい株か不動産か、債券で保有している事になります。

それらの資産を国内別、先進国別、新興国別に持つ事ができるのです。

今の状況を見れば、米国株に集中投資したくなるかと思います。しかし、新興国の株が大きく伸びる時期もあったし、不況時は国内債券が最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

いつでも最高のパフォーマンスを発揮してくれている資産に一部資産を持っている事ができるというのは大きな安心感となります。

どの資産がもっとも伸びるかなんて本当に予想するのが難しいのです。だからこそ、8資産バランス型の投資信託が輝いて見えるのです。

 

運用成績を気にせず続けられる

8資産バランス型に投資しても、投資性商品である以上、マイナス運用になる場合もあります。

それでも安心して8資産バランス型に投資できる理由は、安くで買って、高くで売るという事を自動で行っていってくれるという事があるのです。

これをリバランス効果といいます。8資産を常に均等額持つという事は、値段の低い資産を買って、値段の高い資産を売ってバランスを保つ必要があるからです。

8資産を個別に投資していった場合、保有資産に大きなバラツキが生まれます。そのバラツキをリバランスを行う事で均等に保つ事ができるのですが、その作業が非常に面倒なのです。

万が一マイナス運用になっても、今一番お買い得な商品を買って自動的にリバランスをしてくれます。なので毎日の運用成績を気にせず、長期に渡って運用を続ける事が可能なのです。

 

eMAXIS Slim 8資産均等型

さて8資産バランス型は複数の投資信託が発売されています。その中でもトップクラスに手数料(信託報酬)が安いのはeMAXIS Slim 8資産均等型です。

年率0.21%というバランスファンドの中ではかなり低い部類に入ります。

同じレベルで安い投資信託は他にもありますがeMAXISは8資産バランス型の老舗であり、運用会社も多きな実績があります。

もし、8資産バランス型でその種類を買おうかと迷っている方は、今のところeMAXIS Slim 8資産均等型を買っておけば間違いなさそうです。

eMAXIS Slim 8資産均等型は以下の証券会社などで購入する事ができます。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券
マネックス証券だからいざというとき頼りにできる。

≪GMOクリック証券≫操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました