花粉症の季節がやってきました|万全の対策で今年も花粉を乗り切ろう

花粉症の季節がやってきました。今のうちから対策をしてく事が大切になってきます。

3月になれば本格的に花粉が飛び始めます。

 

先月末くらいから花粉で苦しんでおられる方もいますよね。

 

 

花粉症は生活クオリティを著しく低下させてくれます。

 

いつも水鼻は垂れてくるし、涙目が止まらないし、集中力が持ちません。

 

 

人によっては喉が痛くなったり、微熱が出たりする方もおられるそうです。

植物の花粉が目や鼻などの粘膜に付着する事でアレルギー反応が引き起こされてしまいます。

 

日本では北海道の多くと沖縄を除いて多くの地域でスギ花粉が発生しており、誰もが花粉症となる危険を抱えているのです。

 

 

花粉症は防げない?

アレルギー反応なので花粉と接触しない事で花粉症を予防する事ができます。

しかし、花粉症のやっかいなのは目に見えないという事ですね。

 

よく天気予報で、花粉の飛散量とかやっていますが、見た目には全然わかりません。

 

目に見えない敵と戦わなれけばならないのです。

目に見えない敵と戦うといえばインフルエンザですね。

 

やっとインフルエンザが収束に向かってきたかと思えば次は花粉の季節なのです。

 

目に見えない花粉を避ける事で花粉症の症状を抑えたり、発症を防いだりしてくれます。

 

この時期は風邪と紛らわしいのですが…なかなか治らない鼻や目の不快感が続くようでしたら花粉症を疑いましょう。

 

今や4人に1人が花粉症と言われる国民病でもあるのです。

 

 

 

マスクが大原則

多くのマスクは花粉を防いでくれます。

インフルエンザウィルスがマスクの穴を通過してしまうのに対して、花粉はしっかりとマスクで止まってくれます。

 

花粉の粒子は比較的大きいのでマスクで花粉の侵入をしっかりと防いでくれます。

花粉の時期はマスクを着用する事が花粉の対策としての第一歩となります。

実際に街中を歩いているとマスクをされている方の多いこと…。

それくらい花粉症で悩んでおられる方は多いのです。

 

 

メガネも大切

マスクで鼻と口からの侵入は防ぐ事はできます。

あとは目ですよね。

 

花粉症はモロに目にきます。

目がかゆくなったり、涙がとまらなくなったり…。

 

目を防ぐにはメガネが一番です。

コンタクトレンズをしている方でも花粉の時期は専用メガネを着用する事をおすすめします。

カジュアルなデザインのものもあります。

 

メガネをかける事で、目に侵入してくる花粉の量を減らす事ができます。

 

 

家の中に花粉を持ち込まない

外出から帰る時に、気をつけたいのが大量の花粉を家の中に持ち込むという事です。

外には大量の花粉が飛散しており、それを浴び続けている訳ですから衣類にも花粉はたくさん付着しています。

目に見えないからなかなか意識できないかと思います。

外出から帰る前に花粉を落とすと言ういみで、衣類をしっかりとはらってから玄関をくぐるようにしましょう。

 

リビングには空気洗浄機を置いておきたいですね。

しっかりと花粉を除去してくれるので、花粉の病状をおさえてくれます。

 

 

空気洗浄機は値段が少し高めですが、この時期には必須のアイテムとも言えるでしょう。多くの空気洗浄機で99.9%の花粉の除去率を誇っています。

 

 

 

 

あまりにひどい場合は耳鼻科へ

花粉症があまりにひどくて、生活に支障をきたすようなら耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。

昔はアレルギーの薬と言えば眠気との戦いでしたが、最近の主流は眠気の副作用が少ないと言われています。

アレグラなどが有名ですね。

 

私も飲んだ事がありますが、日中に眠気で困ったなどと言う事はありませんでした。

アレルギーの検査は血液検査で行う事ができますので、まずは自分が花粉症なのかどうかを調べてもらいましょう。

処方されたとおり抗アレルギー薬を飲んでつらい花粉の時期を乗り越えたいものです。

 

 

レーザー治療という手もあります

花粉で鼻水が止まらないという方は、レーザー治療という方法もあります。

マスクをして薬を使ってもまだなお、耐え難い不快がある方は検討されてみてはいかがでしょうか?

鼻粘膜の花粉に反応する部分をレーザーで予め照射する事で花粉に反応しにくくする治療です。

痛みも少なく出血も少ないので、その後の生活を考えれば選択肢の一つになりうるかと思います。

耳鼻咽喉科のホームページで花粉症のレーザー治療をやっているかどうがわかりますので、一度相談してみるとよいかと思います。

 

早めの対策を

花粉症は重症化してからマスクをしたり薬を飲んでもその効果は限定的です。

花粉症とわかっている方は2月末から対策をこうじていきましょう。

マスクを着用するのはもちろんですが、空気洗浄機を動かしたり、薬を早めに飲み始めたりしていきます。

花粉症の症状が出る前から、薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせてくれます。

また、実際に飛散がきついシーズン中の症状をやわらげることができるので、ストレスを感じる事なく生活が可能となります。

 

早期治療の結果として、病状が抑えられるので、薬を飲む総量も減らす事ができるのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました