ブログネタになりそうなものはとりあえずリツイートして情報収集!ブログとツイッターの連携プレイ

ツイッターでタイムラインを読んでいると、あとあと記事のネタにできそうなツイートを見ることができます。

常に大量の情報が流れ続けるTwitterの世界。

まさに最新情報から、濃縮された情報まで、情報収集するならTwitterと言っても過言ではないかと思います。

 

 

ツイッターはブログ記事のネタ宝庫

ツイート自体は140文字の限られた情報ですが、そこからインスピレーションが沸けば、自身の考えや体験談を組み合わせて1000文字程度の記事に膨らませる事もできます。

そういうツイートは自分にとっても先々、役立ちそうだし、ユーザーにとっても有意義が情報である事が多そうなのでとりあえずリツイートします。

たくさんリツイートしておけば、あとから自分のツイートを読み直すだけで、見直す事ができて非常に便利です。

フォロワーにも情報発信できて一石二鳥と言えるでしょう。

 

 

 

ピンとくるアカウントはとりあえずフォロー

Twitterは時間のあるときにダラダラと眺めているだけでも楽しいです。

反響のあるリツイートをいろいろと読む事ができますからね。

 

なので、自分と近い趣味の方や、参考になりそうだなと思った方は積極的にフォローしていけばいいかと思います。

フォロー数が増えてくれば、それこそ自分で処理しきれないくらいのタイムラインが入ってくるかと思います。

 

私はそんなタイムラインを一気に流し読みしています。

流し読みしながら自分からも発信したいと思うツイートは「リツイート」して、後日、参考にしたいと思うようなツイートは「いいね」を押しておきます。

 

 

RSSリーダーとはまた違う新鮮さ

RSSリーダーは自分が登録したブログやサイトの更新情報を流してくれます。

RSSは自分が選んだサイトの中から情報を発信してくれるので、非常に効率よく情報を収集していく事ができます。

 

一方でTwitterはリツイート機能により、勢いのあるツイートなどは必然と目にする機会が増えます。

多彩な発信者からの情報をいち早く目にする事ができるのです。

 

Twitterは自分で情報を発信するだけでなく、今トレンドとなっている話題や情報をいち早く目にする可能性が高くなるのです。

 

私も自分自身の情報発信の頻度は引くですが、Twitterを使う頻度はかなり多いです。

少し時間があれば見るは、Twitterのタイムラインだったり2ちゃんねるまとめサイトだったりします。

 

幅広い情報を一気に取得したいならTwitterですし、話題に対する人の議論や考え、本音を知りたいなら2ちゃんまとめが便利ですね。

 

Twitterではタイムラインを眺めるだけで多くの情報を一気に収集できるその様はまさに「RSSリーダー」の進化版ですね。

RSSリーダーとの違って自分のコメントをつけて、そこからさらに情報を拡散させていく事が容易なのです。

 

 

ブロガーがフォローするべきアカウント

イケハヤさんやはぁちゅうさんなど、ブログ界のインフルエンザーとも言える方々ですよね。

多くのブロガーが注目しています。

 

彼ら彼女らが動くとその他のブロガーまで一斉に動いていく様子が見て受けられます。

そんな大物ブロガーのアカウントはぜひともフォローしておいきたいものです。

 

有名人のアカウント

ホリエモンには300万人のフォロワーがいます。

ホリエモンがつぶやくだけで300万人のフォロワーが目にする事になるのです。

 

だいたい100万人のフォロワーを超えているアカウントはフォローしておいて損はないですよ。

どのようなつぶやきであれ、それだけ注目されて世の中を動かしている事になるのですからね。

 

YouTuberのヒカキンさんも200万人のフォロワーを超えてきています。

Youtubeの情報をいち早く手に入れる事ができて登録しておられる方も多いかと…。

 

さてTwitterの日本人のフォロワーランキングについて気になる方もおられるかと思いますが、こちらでランキングを見る事ができますので、参考にフォローをしていってください。

meyou Twitter日本 フォロワー数 総合ランキング

 

 

リスト機能で使い分けよう

フォローの数も1000人を越えてくるとタイムラインが訳のわからない事になります。

あまりの情報量で、タイムラインを追う事すらできなくなるし、注目のアカウントが埋もれてしまう事もあります。

 

そんな時はジャンルごとにリスト分けするといいかと思います。

会社の関連、友達のアカウント、ブログに関するアカウント、趣味…などそれぞれフォローしているユーザーをジャンルにわけてリスト化しておけば、注目アカウントを見失う事もなくなるかと思います。

 

なにしろフォロー数が増えてくるとタイムラインがごちゃごちゃしてくるのでリスト化は、必須作業とも言えるかと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました