好きな事を仕事にできるのは限られた恵まれた人|だからと言って諦めてはいけないという話

最近、好きな事を仕事にという言葉をよく聞きます。

 

たしかに自分の好きな事がそのまま仕事に結びついたらこんなに楽しい事はないし、最大の強みにもなりますよね。

 

音楽が好きな人が音楽を仕事にできれば、毎日音楽に没頭できるだろうし、イラストを描くのが好きな人がデザインの仕事ができれば、自分の好きな事でお金を儲けられます。

 

ただ、世の中の多くは自分が好きだからと言ってそれが即仕事に結びつかないし、お金にしていくのは難しいものです。

 

たとえ野球が好きであっても、それで食べていくのは難しいですね。

野球選手となりプロの世界で稼ぐには非常に狭き門となっています。

 

そう考えると好きな事を仕事にして、お金にできるって一部の限られた人だという事を忘れてはいけません。

 

 

世の中の大半の仕事は楽しくない

嫌な事だってお金の為に割り切って仕事をしている人だってたくさんいます。

人から嫌われる仕事をしている方もいる事を、忘れてはいけません。

 

陽の目を見ず縁の下で世の中を支えてくれている方もたくさんいます。どちらかと言えばそういう方が多いのが現実なのです。

 

Amazonで買い物をすれば、当日や翌日には自宅に商品がつきますが、それは多くの方の仕事でなりたっている訳ですね。

 

物を買いに店にいったらレジや品出しなど多くの方が働いています。

 

今の自分の仕事が好きだったり、遊び感覚でおこなえている方はどれだけいるでしょうか?

ブログの世界では好きが仕事と当たり前のように叫ばれていますが、実は仕事の多くはお金の為に働いているのですね。

 

 

 

嫌な仕事だからこそ抜け出す努力が必要

努力と工夫次第では好きを仕事にする事だって可能なのです。

嫌々している今の仕事を当然と思う訳ではなく、好きを仕事にしていくように自分を変えていかなければいけません。

 

1日働いたらクタクタで体が動かなくなるような仕事をしていますが、いつまでもそんな仕事を続けられる自信はありません。

 

私が好きな事は文章を書く事です。つまりコピーライティング。

本を読んだり、文章を書くのが好きな方はブログなどTwitterを通して好きを仕事にしやすい環境にあります。

 

書く事が楽しいので、ずっとライティング作業を続ける事ができます。

記事を書きすぎてフラフラになるくらいまで書く事もできてしまいます。

 

 

同じ疲れるにしても、自分の好きな事をして疲れる方がどれだけ心地良い事でしょうか。

 

 

遊びを仕事に変えていくコツ

自分が好きで時間がたつ事すら忘れて夢中になる事は、実はお金になる可能性があります。

 

野球で稼ぐには野球選手になる事だけではありません。

より細かい話や独自視線で情報を発信いていく事でお金に変えていく事は可能です。

ゲームが好きと言っても、一人でゲームを作って儲けるには難しいです。

しかし、ゲームを極めてプロゲーマーになったり、徹底したゲーム攻略を解説したりゲーム動画を配信するなどでお金を稼いでいる人は大勢います。

 

あなたが夢中になれる事はなんですか?

 

そんなに夢中になれる事をぜひとも世の中に情報発信していきたいですね。

 

自分の得意分野や、誰にも負けないくらい夢中になれる事をブログの記事として書いていけば、誰にも真似のできない唯一無二の記事を作り上げる事ができるでしょう。

 

自分の知っている情報を価値あるものとして、世の中に発信していく事でお金を稼ぐことができる時代なのです。

 

Twitterだったり、ブログだったり、YouTubeだったりさまざまなメディアがあるので、それらを駆使して、人を集めれば自然にお金も集まってきます。

 

今している仕事を好きな事にするのはなかなか難しいです。

しかし、自分が心の底から楽しいと思う事をお金に変えていく事は可能なのです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました