私がブログ記事を量産しているその具体的方法とは?

現在、ブログをはじめて約1年2か月で700記事を書いています。

かなりのスピードで記事を量産していますが、なにかのツールを使っているかと言われれば、そいういう事はなく地道に記事を書いています。

 

記事を量産しようとググってみるとさまざまなツールが存在するので見移りするでしょう。

しかし、そういったツールで作った文章はすぐにバレてしまいGoogleからスパム認定を受けてしまう可能性が非常に高いです。

ツールで作った文章は違和感ありますし、おすすめしないと言うか真っ当なブログ運営を心がけるなら使わないようにしましょう。

 

私が量産を行っている方法は実にシンプルで誰にでも実践が可能、かつ正当な方法です。

 

そんなブログを量産する方法をご紹介させていただきます。

 

 

記事を量産するには題材が必要

要は何について記事を書いていくかという事です。

題材を選ぶ際には、自分が書きやすいキーワードを選ぶか、SEOに強いキーワードを選ぶかになります。

 

もちろんSEOを意識してキーワードプランナーなどで、検索対象を意識して書き進めていく方が確実にアクセスは上がっていきま。

 

ただ、SEOを意識した記事を書いているとものすごく疲れてしまうのもまた事実です。

 

中には自分が良く知らない分野や苦手な事についても書き進めていく必要があります。

 

そうなるとまずは徹底的なリサーチと勉強からはじまって、そこからブログ記事を作っていきます。

 

これが結構時間がかかるのですよね。

 

一つの記事を書きあげるのに数時間かかってしまう事もざらな上に、力を入れた割にアクセスが集められない…なんて悲劇も起きます。

 

SEOに力を入れて、キーワードを選定しても、必ずともGoogle検索で上位にくるとは限らないのです。

 

 

そんな中、私がおすすめするのは自分の得意分野、たくさん記事文章が書けそうな興味のある内容についてSEOを意識して書くという事です。

 

ジョギングに興味があり、趣味をしているならその内容について、ユーザーの為になる情報を書き進めていけばいいのです。

 

自分のまったく興味のない仮想通貨の記事を無理に書くよりも、いくらでも記事をかけそうなジョギングについて書き進めていきます。

 

ジョギングをはじめるにあたって準備したい事。

集めたい道具や服装、靴は何か?

ジョギングを習慣化する為に必要な事。

効率よく走る為にとりたい栄養素…など興味がある事なら記事を量産できそうですよね!!

 

 

興味のある事から幅を広げていく

まさにこれが記事を量産する秘訣です。

 

何もないところから記事は生まれません。

 

記事は基本的には自分の頭の中から生み出していくしかありません。

 

他のサイトやブログ、本などを参考にする事はあっても、必ず自分の経験や考えをおりまぜて書き進めていく必要があります。

 

そうでなければただのパクリですからね。

 

だからこそ、自分の言葉で語れる分野を題材にするべきなのです。

 

ブログで何を書いたらいいのかわからない…っていう方は今一番興味のある分野の内容について書き進めていけばいかがでしょうか?

 

自分の得意分野なので記事もスムーズに書く事ができるでしょう。

時間もさほどかかりません。

 

内容のある記事をたくさん書いていけばバズるまではいかなくとも、必ず検索にヒットするお宝キーワードというものが出てきます。

 

ヒットした記事があればそこからさらに横に広げていってテーマを追求していけばいいのです。

 

あまり深く考えすぎずに、自分の書きたい事を、ユーザー目線で書いていけばいいのではないでしょうか?!

 

 

 

外部情報をいかに利用するか?

外部情報だけでブログを書こうとしても必ず限界がきます。

外部情報はどちらかと言ったら自分の頭の中に眠っている情報を引き出すきっかけに過ぎません。

 

何十年を生きてくれば膨大な量の経験や知識がインプットされているかと思いますが、そのインプットされた事をなかなか引き出せないものです。

 

参考にできそうなサイトを読み進めていくうちに自分の内なるインプット情報が閃く事があります。

他人のサイトや本を読み進めていると、記事が書きたくて仕方なくなる時があります。

 

まさにその時がブログを書く時なのです。

書ける時にたくさん記事を書いていきましょう。

 

 

インプット量を増やしていく

ブログで記事を量産するには自分の頭の中の情報だけでは限界があります。

私も100記事を越えた辺りから、書く事が見つからなくなってきました。

 

もうすでに自分の書ける事は書いたし、得意とする分野について新しく書く事がなくなってしまったという状況です。

 

 

そういう意味ではたくさん本を読んだりブログを読んだりする事はブログ運営において必須とも言えるでしょう。

 

自分の頭の中のインプット量を圧倒的に増やす必要がありますからね。

 

何冊も関連した本を読みすすめていけば、ある程度その分野の知識はつく事でしょう。

 

要はブログで書くネタがなくなってきたら、インプット量を増やしていかないという事です。

 

ブログの記事は自分の知識をアウトプットする場ですが、アウトプットする前段階に必ずインプットは必要になります。

 

記事を量産する為にも、インプット量を増やす事を心がけましょう!!

 

 

記事タイトルを量産する

本を読んだり、参考ブログを読み進めていると「あぁこの題材でなら自分でも記事を書けそうだ!」と思う事があるかと思います。

 

その感覚が生まれた時に必ずメモをとりましょう。

 

記事のタイトルなどをメモしておくだけで後々必ず、役に立ちます。

 

私も一冊の本を読み進める時には10個くらい記事のテーマやタイトルをメモするようにしています。

 

さきに書けそうなタイトルをたくさん作っておくのです。

 

この段階ですでに記事の量産モードに入っています。

 

記事のタイトルと概要だけでいいのです。

それらをたくさん作っておく事でそこから記事を書き始める事ができます。

 

後はその繰り返しですね。

私は記事の題材になりそうな事を探すために、たくさん本を読みますし、多くのブログを読みます。

何千とフォローしたTwitterのタイムラインを読み漁りますし、2ちゃんねるまとめサイトを見る事もあります。

 

その中で、自分が書けそうな事を発見したらどんどんメモを取って拾っていきます。

 

 

記事を量産しようと思えばこの作業は必ず必要になります。

 

自分の頭の中だけでは必ず限界が訪れます。

 

あとはどれだけアンテナを伸ばしてどれだけ、アンテナに引っかけていくかという事になります。

 

 

アンテナを張り巡らせる

 

ある程度、ブログを書き進めていけば頭はブログ脳になっている事でしょう。

あえて題材を探さなくても、自然に記事のタイトルとなりそうな事が出てきます。

 

仕事をしていれば、仕事の効率化・仕事の習慣・自己啓発などいくらでも記事のタイトルとなりそうな事が出てきます。

 

普通に生活していても、あっこれは記事に書けそうだな、とい気付く事があるでしょう。

 

そういう閃きを徹底的にメモしていくだけです。

 

1日1つの閃きがあれば、毎日ブログを書き進めていく事ができます。

 

最近ではメモをとるのも面倒なので、Google音声入力で直接、記事のタイトルと概要についてしゃべって文字としておこしています。

 

Google音声入力はかなりの精度で喋った事を読み取ってくれるのでかなり便利ですよ!!

 

 

外注は儲かるようになってから

ブログ記事を量産しようとすれば必ず思いつくのは外注です。

 

要はウェブライターにお願いして記事を書いてもらうという事ですが、外注は安定的に稼げるようになってからで十分かと思います。

 

何故ならブログをはじめた当初は、ブログはお金にならないし、外注をお願いしていたら大赤字になってしまいます。

 

それにまずは自分でブログ記事を書く実力をつけなければお話になりません。

 

外注は自分の時間を確保して、さらに記事の量にレバレッジをかける方法である事は間違いありません。

 

ただ記事の骨格をなす最重要な記事やメインの記事は自分で作らなければいけません。

 

まずは自分の力で稼げるようになったら、レバレッジをかける意味で外注を使う事をおすすめします。

 

 

外注はブログよりも専門アフィリエイトでの利用が向いていると思います。

 

商品の感想って人によって全く違います。自分だけの意見だけでなく多くの方の考えを反映させる事ができますからね!

 

 

 

独自記事を量産する事は意味のある事です

自分で考えだした記事を量産する事は意味のある事です。

 

自分の書いたとっておきの1記事を公開したブログが存在するとしましょう。

しかし、その記事でアクセスを集め続けるのは非常に難しいのです。

 

世の中のニーズは日々変わるし、1記事だけでは検索キーワードのボリュームを満たす事はできません。

 

しかし地道に書き進めてきた100記事の中には人が求める記事が含まれる可能性は高まります。

 

単純に文字数も増えますので、さまざまなキーワードが検索クエリとしてひっかかってきます。

1000記事書けばどうでしょうか?さらに多くの記事が世の中に発信される事でしょう。

2000文字と1000記事書けば200万文字です。

 

そうなればたとえバズらなくとも、さまざまなキーワードが検索されてアクセスが集まる事でしょう。

 

それにそれだけ続けられれば、習慣化する力あるという事なので、他の専門サイトを運営するにしても、アフィリエイトをするにしても大きな武器となる事は間違いありません。

 

結局何をするにしても継続する力がなければ成功する事はできません。

記事を量産するには必ず継続力は必要になります。

 

1記事より10記事、10記事より100記事、100記事より1000記事を目指して記事を量産していきたいと思います。

 

私の次の大きな目標は1000記事です。

 

1000記事書く事ができれば、その経験は今後の人生において大きな意味を持つ事でしょう。

 

私は何の取柄もないブロガーです。

特別なIT知識がある訳でもなく、人を惹きつける文章を書ける訳でもありません。

ただ平凡な記事をユーザーの為を思って書き続ける事しかできないのです。

 

私が書いた記事に価値を見出してくれるのは「読者」ですね。

 

現在ではさすがにそれなりにアクセスを集めていますので、見てくれている人はいるという事です。

直接声を聞く事はできませんが、常に読者の声に耳を傾け、何かの役に立てるように記事を書き続けていきたいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ブログを運営すると言う事は記事を書くという事です。

 

1に記事を書く。

2に記事を書く。

3,4もひたすら記事を書く事です。

 

記事を書かない事にはSEOも何もありません。記事を書く事で、どんな記事がアクセスを集められて、どれくらいの文章量がいいのかなどSEOの知識も自然と身に付いていきます。

 

記事を書く事でライティングの技術もスピードもあがってきます。

 

自分のブログを世の中に発信する為にはしなければいけない事はたった一つなのです。

ユーザーの為になる記事をたくさん書いていくという事なのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました