ウォーキングとライティングを同時にこなしていく方法|時間を効率よく使っていく方法

大切な時間を、いかに効率的に使うかという事です。

時間はすべての人にとって等しく平等です。

 

最近、感じるのはブログを作る作業にかなり時間を取ってしまうということです。

一つ記事を作り上げるのに1時間くらいかかってしまいます。

 

仕事で一日時間を費やしますが、さらに帰ってからブログ作成の為に時間を作るとなると、自分の時間を持つ事が難しくなってきます。

 

休日もやるべき事が多くて、時間の確保が難しかったりする事があります。

そこで私が行っているのは「他の事をしながら…」記事を作成するということです。

 

最近、実践に移しているのがウォーキングをしながらブログの記事を書くという事です。

 

 

ウォーキングとブログ

休日の1日のうちで、結構時間を使うのがウォーキングです

ウォーキングを始めると1時間に時間と歩き続けます。場合によっては2時間くらいになる事も。

 

年を行くと運動量が減っていくので、意識的に歩くということはとても大切です。

 

 

ウォーキング中の時間を利用してブログの記事も書けないか、と思って始めたことが入力です。

 

独り言をやめて歩いている人を見かけました。

何をしているのかな?と思いますがマイクを利用して電話で通話したり、音声入力を使用しているのでしょう。

 

これは私も利用できないかと思いました。

ウォーキング中に音声入力はできないものかと、一度チャレンジしてみることにしました。

実際にイヤホンマイクを利用していると。小声でも音声を聞き取ってくれます。

 

実は今も実際に歩きながら、音声入力をしているのですが、かなりの高精度で入力ができていきます!

 

誤変換や誤入力も多いのですが、後で編集する事になります。

 

文章の修正作業は必要になりますが、何もないことろから作っていくのに比べれば楽な作業だと思いますよ。

 

ウォーキング中の1時間に時間を活用して、ブログの記事を作るということにあてられるのは、本当にありがたいです。

一時間を健康の為にウォーキングしてさらに、同時にブログを作っていく事もできるのですからね。

 

 

かなりのボリュームの記事を作れます

ブログの記事においてSEOで効果を発揮させる為には、どうしても文字数が必要になってきます。

もちろん文字数が多いだけがすべてではありませんが、文字数が多いとSEOには強くなるのは間違いありません。

 

同じ文章スキルの人が書いた1000文字のブログと3000文字のブログでは、やはり3000文字の記事の方が検索に引っかかりやすくなります。

 

長文の記事を書くとなればかなりの時間を費やしてしまう事になります。

 

それをながら作業で土台を作り上げる事ができるのは非常にありがたいですよね!

 

歩きながら、ながら作業で長文の記事を書き上げることができるということは、ブログを続けていく上で大きな力になるのではないでしょうか?!

 

 

運動不足を解消する

ブロガーと家は家にこもってひたすらタイピングしているイメージがありますし、実際に運動不足になる事もあります。

仮に5千文字の記事を書こうと思えば、半日以上はかかるのではないでしょうか?

ウォーキングしながらなら、いつの間にか5千文字程度を書き上げる事が可能になります。

 

さらにウォーキングには様々な健康効果が期待できます。

健康習慣病と言われる高血圧・中性脂肪・コレステロール・高血糖・脂肪肝などは運動で改善することが期待できます

 

ウォーキングしながら記事を書きあげっる事ができ、なおかつ健康面もより向上させていくことができます。

ブログと健康を両立させることができるのです。

 

 

健康はすべてに勝ります

必死になって、寝ないでブログを書き続けて、たくさんの記事を作り上げることができたとしても、それで運動不足になり健康面が損なわれては意味がありません。

時間があればウォーキングを取り入れる事で健康面に気を使いつつも、記事を書き進める事ができるのです。

 

限られら時間を有効活用してウォーキングをしながら、ブログを作り上げる事ができるようになります。

 

健康に勝るものはなしといいますが、時間を最大限に活用する方法こそが、ウォーキングしながらブログを書いていくという方法なのです。

 

 

ノマドワーカーとしての新しい形

ノマドとは場所を選ばずに仕事をしていくことを言います。

 

ノマドではあっちに行って仕事をして、こっちに行って仕事をして、毎日場所を変えるのは仕事をするということになります。

そう考えれば歩きながら仕事ができるということは、究極のノマドワーカーとしての可能性を感じる事ができます。

 

ただ歩いているだけで、それが仕事になるということですからね。

歩く場所は安全であれは、どこを歩いても言い訳で、迷惑がかからなければ文句を言われることもありません。

 

歩きながらしゃべっていると集中力をそがれる可能性があるので、車の走っていない安全な場所で実行するように注意しましょう。

 

公園を歩いて音声入力をしてもいいわけですし、ハイキングコースを歩いて音声入力をしてもいいわけです。遊歩道を歩いて音声入力をしてもいいわけですね。

 

自分の好きな場所でウォーキングを実践して、ウォーキングをしながらブログの記事を書くと言う仕事に繋げていく事ができます。

 

 

新しいブロガーを目指す

今、私が試していることは、いかに効率よく歩きながらブログを作っていく事ができるかということです。

実際には誤入力が多かったり、後から文字を見てみると何が書いてあるかわからない事もあります。

それでも自分の貴重な限られた時間を、運動しながら仕事ができるというメリットは大きすぎるのです。

歩くことは健康につながりますし、健康は何にも代えがたいものです。

 

全てにおいて健康は優先されると思います

 

どれだけ自分の夢を叶えようがどれだけお金があろうか健康面遅くなってしまえばそれでおしまいです

 

いつまでも自分の足で歩み続けたいですからね。

 

ウォーキングブロガーの問題点

一切にウォーキングしながらブログの記事を作ってみて思ったことは、かなりの精度があるとはいえ、誤入力誤変換が多いことです。

入力変換において精度を見ればGoogle音声入力が一番ですか、長時間の音声入力に関してはアプリを使った方が良いかと思います。

Google音声入力では無音状態になったら録音機能が途切れてしまいます。

ウォーキング中に音声入力をするのなら、Edivoiceがかなり便利ですね。

改行や。と言った入力も音声で、可能となりましたので、完全に音声のみで入力が可能となりました。

また変換候補が複数自動表示されますので、腰を据えて音声入力をするならより正確に入力していくことも可能となります。

 

Edivoice - 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応

Edivoice – 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応
無料
posted with アプリーチ

 

毎日継続しよう

大切なことは継続することです。

やり方はとても簡単です。

ウォーキング中に音声入力アプリを起動しておいて、好きなことを喋り続けてみましょう。

 

 

慣れるまでは何が書いているかわからなかったりする事もありますが、諦めない事が大切です。

 

継続していくうちに、音声入力にも慣れて効率よく入力していくことが。できるようになるでしょう。

 

家に帰ってから音声データを編集するのは、思いのほか時間がかかります

それなら最初から家でタイピングして、ゆっくりと記事を作っていけばいいのじゃないか?と思われるかもしれません。

 

でもウォーキング中の音声入力には効率性以外にも大きな意味があります。

 

ウォーキング中はタイピングしてるのとはまた違うアイデアが浮かんだり、想像をしたり思考回路が全く違います。

 

たかがウォーキングとはいいますが、しっかりした足取りで歩いていると、かなり疲れる事でしょう。

 

しっかり歩くと、疲れてきて、深く大きく息を吸って全身に酸素が回りはじめて、脳が活性化することになります。

 

するといつもとは違うアイディアや考えが浮かんでくるようになるのです!

 

アイデアが浮かびやすくなるという事は、ウォーキングブロガーとしての最大のメリットではないでしょうか?

 

実際に歩いてみてみましょう!!

歩いている最中にはいろんなことを想像することでしょう。

想像力が増すということが大切で、机に座ってタイピングしてるのとはまた違う記事が出来上がるのが大きな魅力となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました