そもそも良いコンテンツってなんだろうか?ブロガーのコンテンツ作りについて

ブログはコンテンツの集合体です。

ブログにとってコンテンツとは記事が中心になりますので、より良い記事作りがすなわちコンテンツ作りとなります。

 

ただブログでのコンテンツ作りと言ってもいろいろあります。

 

イラストが得意な方はイラストをふんだんに使ってコンテンツを作っていく事ができるでしょうし、Youtuberなら動画をメインに添え、解説を加える事だけでコンテンツ化する事が可能です。

 

お店を経営されている方なら、お客様の集客をする事こそが最大の目的となります。

 

今回の記事では、ブログにおけるライティングによるコンテンツ作りについて考えてみたいと思います。

 

 

コンテンツの良し悪しは読者が決める

良いブログ記事を書けば、またこの人の記事を後でゆっくり読み返してみたいと思います。

 

また読みたいと思えば、お気に入りに登録したり、RSSリーダーに登録したりしてもらえる事でしょう。

 

逆につまらない記事だったり、するとそっと記事を閉じてサヨナラする事になります。

 

要はコンテンツの良し悪しを決めるのは間違いなくユーザーなのです。

 

「そうだよ。これこれ!この記事が読みたかったんだよ!」

「この人の書く文章はおもしろいなぁ。他の記事も読んでみたい♪」

 

ユーザーのこういった気持ちを掴み取る事こそが良いコンテンツ作りとなるのです。

 

 

文字数とコンテンツの関係

ユーザーを満足させる為にはそれなりの情報量が必要となります。

あまりに長すぎるブログ記事を読むのはしんどいですが、少なすぎる記事は論外です。

500文字以下の記事ってあっという間に読み終えられてしまいます。

 

たとえ求める答えがのっていたとしても、ボリュームが足りなく不満を感じてしまうのではないのでしょうか?

 

 

私もブログを運営するものとしてさまざまなブログを読んできましたが、スラスラ読み終えられる記事はだいたい1000文字前後で、適度な文字数が2000文字前後、ボリュームあるなと感じるのが3000文字前後です。

4000文字を越えるようなブログは正直長くてゆっくり読む事なく読み飛ばしてしまう事も多いです。

 

余程、夢中になるような記事でもない限りは疲れてきます…。

 

そういう事で良いコンテンツの文字数は1000文字以上、4000文字以下かな…と思っています。

 

ユーザーファーストの立場にたって作って、読みやすい記事を書いていけばその文字数に収まると思いますよ。

 

 

何を目的に訪問しているのか?その答えは提示されているか?

ブログ記事の多くはSEOによる検索結果によって訪問される事になるかと思います。

 

検索結果からブログのタイトルと概要を見て、クリックする事で訪問する運びになります。

 

大切なのはユーザーは何を知りたがっているのかを明確に理解して、その答えを導き出せているかという事。

 

ここを取違えていなければ、それなりの記事が仕上がるはずです。

 

問いかけを意識しながら、答えを明快に導いていく。

これができているコンテンツが良いコンテンツという事です。

 

逆にタイトル詐欺と言うか、ブログに訪問したもののそこには自分の求める答えは何一つのっていなかった。

タイトルとまったく違うコンテンツじゃない!と語弊をうんだり、期待に応えられないコンテンツは良いコンテンツとは言えない事になるでしょう。

 

 

良いコンテンツの集合体が良いブログ

頑張って必死な思いで記事を書きあげた記事はきっと良い記事だと思います。

しっかりユーザーを意識して、ユーザーの問いかけにもこたえている事でしょう。

 

しかし、悲しいかなせっかく良い記事を書いても、なかなか検索ランキングで上位に食い込むのは難しいのです。

 

マニアックなテーマやロングテールキーワードを狙っても上位獲得ができるかどうかははっきりとわかりません。

 

ただし、頑張って作りあげた良いコンテンツは、今後リライトして修正してさらにパワーアップさせたり、新しく書いた記事の関連記事として紹介する事もできます。

 

一つだけ良いコンテンツを作り上げても、アクセスを集められるかどうかはわかりませんが、たくさん良いコンテンツを作り続ければ確実にアクセスは集まってくるようになります。

 

良いコンテンツを量産していく事こそが良いブログに繋がっていくのですね。

 

 

良いブログができるまでの流れ

がんばって良いコンテンツを作り上げる。

中にはヒットする記事も生まれて、アクセスが集まり始める。

実際に読者が増えると、さらに良いコンテンツが作りたくなってくる。

さらにアクセスが集まって、報酬も発生し始める。

お金になると、さらにさらに良いコンテンツが作りたくなってくる。

 

この循環こそ、ブログ作りにとって必要な事なのです。

最初はアクセスが集まらない状態です。そのアクセスが集まらない状態でいかに良いコンテンツを作り続ける事ができるかどうかがブログ成功の鍵を握っているのです。

 

 

ユーザーに喜ばれる文章を書くために

あとはいかに読まれる記事を書くかですね。

良いコンテンツとはすなわち実際に読まれる記事です。

自画自賛している記事では意味のない事であり、ただの自己満足。

 

そんなユーザーにいかに満足していただくかを学ぶ参考図書をご紹介しておきます。

ライティング技術向上に直結する本なので、ブログを運営する方にとっては決して読んで無駄になる事はないと思いますよ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました