マーケティングの基本は昔から変わらない|人を集める方法を学んでいこう

商売というのは大昔から続いています。

それこそ貨幣が生まれたような時代から人は物を売る為に商売を行ってきています。

 

それは時代を越えても、基本的な考え方というのは変わりません。

 

現在ではさまざまなマーケティングの手法が確立しています。

でもね、基本は同じなんですよね。

 

人はどういう時にものを買うか考えてみればよく分かると思います。

 

人を集めて、

セールスをして、

クロージングする

 

この3つです。

 

かつての行われていた主流はこのような方法です。

 

新聞広告やチラシをまいて人を集客して、

実際に販売店にきたお客さんに商品のアピールをして、

迷っているお客さんの背中を押す(クロージング)。

 

こう言ったパターンが非常に多かったかと思います。

 

大規模な広告を打とうと思えば、ある程度の会社の規模が必要な場合もありました。

それなりに資本があるところが集客まで力を持つ場合が多く、なかなか個人事業主レベルで大規模な集客は難しかったのです。

 

 

現在のマーケティング方法は?

ありがたい事に今の時代は実力次第ではほとんどお金をかけずに集客する事ができますし、お金をかければ、さらに効率的に集客できます。

 

個人レベルでも集客は十分に可能です。

 

そう現在では集客のほとんどが、いかにネットを制するかという事になります。

 

ネット上で人を集め、ネット上で商品をアピールして、背中を押してクロージングまで完結するのです。

 

それでは自分のブログやライティングページに人を集めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

まずはSEO(自然検索)を主軸に据えて行動をしていく事になります。

 

そこにネットで広告を配信したり、ブログで情報を発信していき、TwitterなどSNSで情報を拡散し、YouTubeなど動画でより詳しく情報をしっていただく事が集客の基本となります。

 

要は人にとって興味があったり、目新しかったり、メリットが大きい話を発信していくと自然と人は集まってきます。

 

 

人をいかに惹きつけるか?

そう、現在のマーケティングはまさに情報戦です。

どれだけ人を惹きつけるサイトを運営するかにかかっているのですね。

 

人は自分の興味のある事を探し、新しい情報を知りたがり、自分にとってメリットのある話にくらいついてきます。

 

ユーザーのニーズにいかにこたえているかがすべてのキーポイントになってきます。

 

こうしてニーズに沿った情報を提供しつつ、訪問していただいた方にくらいついてもらって(セールス)、欲求を満たしてもらうこと(クロージング)で商品を売っていく事になります。

 

人をいかに惹きつけるかはすべてセースルセターにかかっています。

 

読んでいて心地良かったり、とまらなくなって幸せに感じてそのまま勢いのまま購入していただく文章を書く事ができるかどうかにかかっています。

 

 

魅力あるセールスレターをライティングしてみよう

そんな魅力あるセールスレターとはどんなものなのか?

 

簡単ですよ。

 

最近、サイトやブログを見てあなたが実際に衝動買いしたページを思い出してみて下さい。

 

そのページこそが最高品質のセールスレターなのです。

 

あなたをSEOにより集客して、言葉巧みにあなたを魅了し(セースル)、購入しようかと迷っている状態から決断させた(クロージング)のですからね!!

 

 

他にもブックマークに登録してあるページや、RSSリーダーに登録してあるページも、実際によくできたページと言えるでしょう。

 

あなたは自分のニーズにマッチングしたからこそ、何らしか行動したのではありませんか?

 

 

要は自分が突き動かされたようなサイトを、自分でも作っていかなければならないという事です。

 

 

ライティング技術がすべて

今の時代、集客・セースル・クロージングそのすべてにおいて鍵を握るのがライティング技術なのです。

 

そう言葉によって人の心を動かしていかなければなりません。

 

今、努力すべきはいかにライティング技術を鍛えていくかです。

 

現代において商売をするのに一番必要とされている力なのです。

 

もっとライティングの勉強を重ねて、実際に書いて、たくさん書いて、少しでもレベルの高い文章を書く事がお金に繋がるのです。

 

マーケティングを制する為に、お金を儲ける為に一番力を入れて成長しなければいけない部分なのです!!

自分の時間と労力を費やす価値のある部分だと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました