40歳のおっさんでもそれなりに戦える世界|チャレンジ精神を持ち続ける事が大切ですね

40歳になってから急に体力が落ちてきた感じがします。

なかなか疲れも取れないし、仕事でもそれなりのポジションについて精神的に疲弊しています。

家に帰れば子育て真っ盛りな訳ですね。

 

20代の頃は仕事で徹夜してなんぼのもの。

 

金曜の夜は朝まで飲んで、そのまま遊びに行くなんてできましたが、今ではそんな暇あるならさっさと帰って体を休めたいと思います。

 

20代の頃は安くいお酒をたくさん飲めればいいって感覚でしたが、40才に入った今では、おいしいお酒をゆっくりと飲みたいと思う訳です。

 

徹夜をして働く20代に仕事の絶対量ではかなわなくなってきています。

ただ、キャリア面ではまだまだ負けないかな…って感じですね。

 

実際に若い子たちが強烈なクレームに対応しきれずにヘルプを呼ばれる事があります。

ここら辺は経験というか、場数をこなしていると多少のクレームではへこたれない位に鈍感になっています。

 

実際に警察沙汰になるくらいのクレームも見てきたし、裁判沙汰になる事だってありました。

 

どんなに大声でどなったってどうにもならない。逆に企業側が業務妨害・不当要求としてしかるべき対処をとれるという事を経験上わかっているから対処できると言う訳ですね。

 

自分も20代の頃にこんなクレームをくらったら、対処しきれずに上司に応援を求めにいったものです。

 

 

ブログの世界でも同じ

若ければ若いほど勢いはあるし、体力もあるので睡眠時間を削ってでもどんどん作業に没頭する事が出来ます。

たくさん記事を書いたり、大胆に自分の意見を述べたり…

 

また経験がないぶん、さまざまな事を吸収しやすいし、背負っているものが少ない分、身動きを取りやすいと言うこともあります。

 

40歳のおっさんでは到底かなわない訳ですね。

 

ただ、20歳と40歳では20年生きてきた期間が違いますし、生活ステージも違います。

 

過去の体験談や、経験などは年をとっている方が書きやすい訳ですね。

年をとって病気がちになれば、病気に関する事だって記事にできる訳です。

ブログの世界ではデメリットすら、アイデアの一つとなりうるのです。

 

夫婦関係や子育てなどの話や、会社における上司としての役割・経営の話などもある程度年齢を重ねている方が書きやすいものです。

 

 

20代には20代の得意分野がありますし、30代、40代、50代、60代とそれぞれ得意とする分野でブログを展開していく事ができるのです。

 

 

スポーツの世界では若い方が絶対的に有利です。

特にサッカーなど体力をつかう競技では20代が全盛期という事になるのです。

 

それに比べてサラリーマンやブログの世界では40代、50代でも比較的長い間、戦い続ける事が可能なのです。

 

 

最大の弱点

経験はプラスになる分、マイナスにもなる事が多いです。

どういう事か?

 

自分の考えが正しいと思い込んで、柔軟な考えをしにくくなります。

 

また過去の経験から、自分の行動が正しいと思いがちになり、それを人に求めてしまう事もあります。

いわゆる老害ってやつですね。

 

年をとって刺激がなくなってきているからこそ、もっと新しいことにチャレンジをしなければいけないのです。

 

同じ事を繰り返していく方が楽ですが、そう考えるようになった時点で人の成長はストップしてしまいます。

 

 

伊能忠敬が全国の測量に向かったのはなんと55歳を過ぎてからの話です。

江戸時代の55歳と言えば隠居生活を送っていてもおかしくない年齢ですね。

そこから10回にわたり20年以上かけて全国を測量していきました。

 

何かに挑戦する事がなくなった時こそ、人の成長の限界点とも言えるでしょう。

 

20代でも何の感慨もなく、毎日惰性の日々を過ごしている人もたくさんいれば、60歳になって新しいことに挑戦する人もたくさんいます。

 

自分にとって興味ある事に足をつっこんでみるという事が重要なのです。

 

何歳になってもはじめての事はドキドキするし、ワクワクするものです。

子供の時にはじめて海に入った時の感動を思い出してみて下さい。

 

経験を積むにつれて世界を知ってしまった感じになって、新しい事を知ろうと言う気持ちが薄らいでいきます。

 

しかし、私たちは世の中の事の多くが知らない事ばかりなのです。

 

まだ食べたことのない料理だらけだし、行った事のない国だらけだし、経験した事のない遊びだって無数にあります。

 

年をとったからといって何もかもわかっていると思うのは大間違いで、いつまでも何かを追い求め続ける事が重要なのではないでしょうか?

 

 

悲観する必要はない

気持ちさえあれば年齢関わらずに挑戦できる事はたくさんあります。

自分の身体が動くうちは、どんどん新しいことにチャレンジし続けたいですね。

 

そう考えたらやるべき事がいっぱいありますね。

学ぶべき事もたくさんです。年を取ったから無理だとか、知る必要がないとかは間違っています。

まずは知ってから言うべき事で、学ぶ事を適当な理由をつけて避けているだけなんです。

 

これからもさまざまな事にチャレンジして、体験して、ブログに情報を発信していきたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました