仮想通貨バブルを振り返ってみて。壮大なババ抜き合戦が繰り広げられていました

仮想通貨元年と呼ばれる2017年、仮想通貨を持っていないとバカをみる雰囲気の中で、多くの方が仮想通貨に参戦されたかと思います。

 

そのバブルは凄まじいものがありましたね。

 

時価総額のもっとも大きいビットコインですら1年で20倍に跳ね上がってしまいました。

アルトコインの中には一気に価格が100倍になったりまさにバブルそのものですよね。

 

ビットコインの存在自体は以前から知っていましたが、まさかここまで跳ね上がるとは想像もしていませんでした。

 

ただそんな仮想通貨もコインチェック事件などで、下落相場に突入して全盛期の三分の一程度の価格にまで下がりました。

 

 

仮想通貨は何故暴落したのか?

仮想通貨が暴落した原因は3つあると思います。

 

 

取引所の問題

一つはコインチェック事件などから見てもわかるように、ブロックチェーン技術は本物でも、取引所などの管理体制が十分でないためにさまざまなリスクが付きまとうという事です。

こんな事件があったの覚えておられますか?

 

仮想通貨自体のシステムは勉強すればわかりますが、非常に強固なものがあります。

しかし、仮想通貨を預けている取引所がハッキングされればどうしようもありません。

 

 

アルトコインの乱発

もう一つはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)が乱発しすぎてその種類は1000を超えているとも言われています。

 

ビットコインの技術はすべて公開されていますので、技術のある人なら新しいコインを作って公開する事ができる為に、アルトコインが乱発されたという背景があります。

 

もはやどんなコインがあるのかすらわからない上、詐欺に近いコインも多発された為に仮想通貨全体の魅力がさがってしまったという点もあります。

 

仮想通貨であるがゆえのリスクが顕在化した訳ですね。

 

このリスクは以前から存在した訳ですが、法定通貨に比べて、暴落したり、使えなくなったり、盗まれたりするリスクがはるかに高く、いかに自己責任で通貨を守る知識が必要になってきます。

 

 

ボラリティの高さ

3つ目にあまりに仮想通貨の値動きが激しすぎるという事ですね。

例えばドル円などでしたらどんなに激しく動いても、その幅は知れています。

 

それに比べて仮想通貨は数日で倍になったり、3割も暴落したりとそのボラリティが極端です。

 

たった一ケ月間の仮想通貨の値動きが4年間の株式市場のボラリティを上回ったとも言われています。

 

普通に現物で仮想通貨を持っているだけで、株で信用取引をしているがごとくの値動きをしてくれるので、長期で保有するにはあまり向いていない資産とも言えるでしょう。

 

仮想通貨自体には何の価値も存在しません。

株みたいに配当金を生み出してくれる訳でもないし、会社みたいに売り上げが上がっていくものでもありません。

 

人がどれだけ価値を感じるかによって価格が決められますので、その価値を推測するのも困難だし、そもそも適正価格というものが存在しない為にこういった値動きをしやすくなるのです。

 

仮想通貨はまれにみるバブルだったよね。時価総額が全盛期の1/3にまでさがってしまいました。 
株や不動産、債券に比べて仮想通貨の価値をおしはかるのは非常に難しいですよね。

 

 

仮想通貨は札束の叩き合い

仮想通貨に限りませんが、結局、いち早く先取りして購入して、熱を帯び始めた頃に売り抜けた人が儲かっています。

 

 

仮想通貨自体は何の価値も生み出さないので結局はゼロサムゲームなのです。

 

青天井で上がり続ける事はなく、誰かが儲ければ誰かが損をしています。世界で繰り広げられているババ抜きを想像してください。

 

FXや仮想通貨はまさに札束の叩き合いだと思っています。

 

いかに安くで購入して、売り抜けるかなのですね。

 

 

 

もちろん長期で保有するという手もあります。

その場合は相当、根気がいる事でしょう。

 

ビットコインが世界各国で共通通貨として認識され、時価総額で円を越えてくるくらいの日がくる可能性を信じて持ち続ける事になります。

 

マネーゲームである以上、ニュースや雑誌で仮想通貨が声高に叫ばれている状態の時こそが頂点な場合が多いのです。

 

なぜなら「カモがネギを背負って」がその真意を知らずにどんどん買ってきてくれるので、すでに通貨を保有している人にとっては高値で売り抜けやすいからです。

 

 

今後どうなるのか?

2017年の仮想通貨バブルでは2016年以前に投資した人が儲けて、高値で購入した人が大損をするという結果になりました。

 

ビットコインなんてそんな怪しいもの誰が手を出すかよ、1万円でもいらないって言われていた時期がありました。

 

その時にブロックティーン技術について調べて、理解して、人より先に投資をした人が儲かった訳ですね。

 

じゃ、これからどうなるのか?

 

 

私にはわかりませんが、その答えを探すなら「自分で」さらにブロックチェーン技術について調べ上げて、世の中がどのように変わっていくのか想像するしかないのです。

 

未来の事は誰一人として確実な事はわからない以上、自分で勉強するしかないのです。

 

結局、株にしても、不動産にしても、仮想通貨にしても勉強しない事には成功の道はありえません。

 

人よりたくさん学んで調べて、そして自分で納得して動いていくしかないのです。

 

これからももっと新しい投資対象が出てくるかもしれません。

 

そんな時はまわりの声で動くのではなく、自分で情報をいち早く手に入れて、自分で調べていきましょう。

 

これからどんな時代になるかわかりませんが、資産運用に基本的考えは変わりません。

 

株や不動産、FXに仮想通貨の勉強をする事は絶対に無駄にならないと思いますので、ぜひとも自己投資のつもりで理解を深めていってもらいたいと思います。

 

 

少額投資をしてみる事

投資は自分の身銭を投じる事が大切です。

 

どれだけ日経平均を眺めても、会社IRを読んでも、FXのチャートを分析しても、自分のお金を投じない事には所詮他人事なのです。

 

そこで私がおすすめするのは少額投資です。

 

ほんの少しだけ自分の興味ある投資対象を買ってみて、実際にお金がどのように動くのか体験してみるのですね。

 

仮想通貨も危険な投資対象として終わらせてしまうのではなく、まずは少額投資してみて、実際に仮想通貨がどのように世界を変えていくのか自分で調べて体験していく事でしか成長できません。

 

投資の世界では経験程、大切なものはありません。リーマンショックも仮想通貨バブルも貴重な経験になるのです。 
いきなり大金を投じるのではなく少額投資から始めてみる事をおすすめします。

 

はじめての投資にはインデックスファンドの積立をおすすめします。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました