高価なウィスルソフトを買うよりもウィスルに関する知識を持つ方が大切です

ウィルス対策ソフトってものすごい数が存在していますよね。

 

いったいどのセキュリティ対策ソフトを導入すればベストアンサーなのか迷ってしまいます。

 

パソコンに詳しくない方にとっては高価なウィルスソフトを導入する事こそが、コンピューターウィスルに関する対策と思っていますが、実はWindows付属のセキュリティ機能とそう大きな大差はありません。

 

 

だが2015年7月のWindows 10登場以降、Windows標準のセキュリティ機能「Windows Defender」は大幅に強化されている。もはや特定の“意図した”機能でも利用するつもりがない限り、専用のソフトウェアなしでもWindows Defenderを使うことでセキュリティ対策はほぼ十分、という水準になったといっても過言ではない。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1804/10/news027.html

 

 

高価なウィルスソフトだから大丈夫?

高価なウィスルソフトやセキュリティソフトを導入しても、勝手にダウンロードされたファイルを開いたり、メール添付のファイルを見たりすればウィスル感染の危険性は高まります。

 

それにウィルスは常に進化し続けていますので、どんなウィスル対策ソフトを使っても100%はカバーしきれないのです。

 

高価なウィスルソフトを使えばなんとかなる!のではなくて、どういう事をすればウィスルに感染するのかをしっておく事が最大の防御となるのです。

 

Windows10にはファイヤーウォールが標準装備されていますし、Windows Updateも勝手に行われますので昔に比べればかなりのセキュリティレベルに達したと言われています。

 

昔に比べて、ウィルス感染したって話はずいぶんと減ったと思います。

 

Windowsの設定から「更新とセキュリティ」を開いてみてください。

その中のWindows Defenderセキュリティセンターを見ればパソコンのセキュリティ状態がわかります。

「お使いのデバイスは保護されています。」と表示されていればWindows Defenderは機能している事になります。

 

 

あと個人が使うパソコンレベルでできる最大のウィスル感染対策としては、むやみやたらにファイルを開かない、インターネット上のわけわからないものをクリックしないという事になります。

 

よほど信頼のおけるサイトからダウンロードしたものでない限りウィスルが潜んでいると思っておいていいかと思います。

 

また実行ファイルでなくとも、画像ファイルや音楽ファイルに偽装されている事もあります。

 

Windows Defenderは、ダウンロードしたデーターやコンテンツに不正なものが含まれていないかリアルタイムにチェックしていますが、それでも怪しいサイトや普段利用していないサイトからむやみやたらにダウンロードするのは差し控えた方が賢明です。

 

 

フリーソフトに注意しよう

 

割と多いのがフリーソフトをインストールするとアドウェア、スパイウェアといって勝手に広告が配信されたり、情報を盗み取るソフトが一緒に組み込まれる事があります。

 

ソフトを無償で提供するので広告を配信しますよ、パソコンの情報を見ますよ、っていった内容ですね。

 

これらは正常なフリーソフトとして一緒にインストールされてしまう事があるので注意が必要です。

 

フリーソフトをインストールすればいらないソフトまで一緒に入ってきた!なんて事もあります。

 

自衛方法としてフリーソフトを使いたいなと思う際には「フリーソフト名+マルウェア・アドウェア・スパイウェア」と言ったキーワードで検索してみましょう。

フリーソフトに関する情報が入って来る事でしょう。

 

そのフリーソフトは化けの被った迷惑ソフトなのか、優良なソフトなのかを見極める力が必要となります。

 

 

最後は初期化するしかない

最近のパソコンは起動不可能になるレベルのマルウェアやウィルスに感染する事は少なくなったと言われています。

 

それでもパソコンの挙動がおかしくなったりウィスルソフトに感染してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

それは昔からなんら変わりはなくパソコンの初期化です。

 

必要なデーターだけ抜き出して別のデバイスに保存して、パソコンは買った状態にクリーンインストールするのです。

 

昔は本当にクリーンインストールする機会が多かったのですが…ここ数年した覚えはありませんね。

それだけWindows自体のセキュリティレベルが向上したのだと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました