資産運用は早ければ早いほど有利です|なるべく若いうちから運用を開始しましょう!

資産運用は何歳から始めるべきなのか?という質問に対してシンプルな答えがあります。

 

早ければ早い方が可能性が高くなるという事です。

 

基本的に世界経済は拡大し続けています。

もちろん一時的な暴落なども経験しながら、それを乗り越えて成長していっています。

長い目で腰を据えて長期投資に身を任せる事になります。

 

 

複利効果は時間が最大の武器

経済の拡大以外にもなるべく、早く資産運用を始めた方がよい理由があります。

それは、複利運用による効果です。

 

利益を元本に組み込んで運用していく事で、運用額がどんどん膨れ上がっていきます。

 

まるで雪だるまを転がした時みたいな感じなので雪だるま式とも呼ばれています。

偉人として名高い発明家のエジソンは複利は人類最大の発明とまで言ってます。

 

この複利効果は運用期間がものをいいます。

 

なので、運用開始は早ければ早いほど複利効果は見込めます。

資産運用いつ始めればいいのかと言えば今、始めるのがベストタイミングではないでしょうか?!

 

 

0歳から開始

このような質問が出てきそうです。

「運用の開始時期は早ければ早いほど良いって話だけど、突き詰めれば0歳から始めるのが一番って事?」

 

そうです。20歳になってから積立を始めるより、0歳からはじめるようが有利ですね。

 

 

20歳から積み立てを始めて40歳まで、2毎月1万円を3%で積み立てると…

328万円になる事が予想されます。

 

もし同じ条件で0歳から40歳まで積み立てを続けたとすれば…

926万円になる事が予想されます。

 

投資期間が長ければ長いほど、複利の効果の違いは鮮明になってきます。

 

子供が産まれたら、子供名義で積み立てをしていってあげればいいという事になります。

 

子供が生まれた時から積み立て投資を始めて、子供が大人になると自分で積み立ての続きをすれば運用期間は飛躍的に伸びます。

 

子供も投資について学ぶ良い機会となるのではないでしょうか?!

 

 

お金のリテラシーを伸ばしてあげる

お金の知識は学ぶ機会ってないのですよね。

 

 

自分で気づいて自分で勉強しない限りは、お金の知識って身に付きません。

 

だからこそ、親が子供にお金の教育をしてあげる必要があるのですね。

 

投資に関して間違った知識を持っている人も多いです。

投資=ギャンブルみたいに感じている人もいます。

投資をパチンコや競馬と同列に捉えているようでは、お金を増やす事は夢のまた夢…。

 

私の職場でも株の話をしていると、まるでギャンブルをしているがごとく非難してくる人もいます。

自分が働いている会社が株式会社にも関わらず…です。

 

資産運用の必要性とその意義を時間をかけて教えてあげて、実際に経験してもらう事が大切なのです。

 

なるべく若い頃から少額でいいので投資を体験してみる事が大切です。

 

「投資をしていく必要がある」、「投資は長期的に見れば資産を増やす手段だ」と言われても実際にしてみない事にはなかなか理解できないもの。

 

経験は何物にも代えがたいのです。

利益が大きくなって利確したい誘惑にかられる時もあれば、一時的に損をしてしまう事もあります。

 

あぁ、なるほど、暴落がくると資産はこんな動きになってこんな心理になるのか…と自分で経験して感じる事が大切です。

 

定年退職してから運用される方もたくさんおられますが、経験0で退職金という大金をつぎ込むと、得てして失敗してしまう事も多いのです。

 

経験がない為に、ちょっとした暴落で狼狽してしまったり、利益を出すとすぐに利確したくなるものなのです。

 

投資は時間がかかるという点を考えても、やはり若ければ若いほど有利と言えるでしょう。

 

60歳から20年投資すれば80歳になってしまいます。

 

なるべく若い事にしっかり投資をすれば、早いうちにまとまった資産を築き上げて、賢くお金を使っていく事ができます。

 

 

インデックス投信ならほったらかしでOK

投資期間が何十年にもなってくれば、投資に向き合えない時期もでてくるでしょう。

子育てが忙しくなったり、仕事が忙しくなったり…。

 

そんな時期でも自動引き落としで積立をしておけば、忘れているうちにもしっかりと積み立てられていきます。

 

ドルコスト法でインデックスファンドを積み立てるという初心者御用達の手段です。

どんな相場の状況であろうと常に市場の平均点を取り続ける事ができます。

 

投資信託の積立ならネット証券会社が便利です。

子供名義の口座を作ってそこで積み立てていってあげましょう。

 

銀行など店頭で購入するより手数料が割安になっている場合が多いです。

投資信託は運用期間が長い分、手数料(信託報酬)が安いものを選ぶという事も重要になってきます。

投資信託を購入するならSBI証券やマネックス証券など業界でも大手の会社を選んでおけば安心ですね。

 

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

マネックス証券なら初心者の私でも気軽でおトク。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました