記事に矛盾がでてくる事もある|ネットで真実をどう扱うかの話

ブログ記事は掲載内容についてリサーチして、内容について検証して書いています。

複数のソースから、自分なりに確信の持てるものを選んでいます。

ただ、自分に関する事や家族に関することは少しぼやかしたり、わざと内容をいじくったりしめいます。

 

私はいわゆる匿名ブロガーなのでプライバシーに関する事はあまり詳細に書かなかったり、わざと改変して記事を書いている事があります。

実名でブログを公開させて、さらに自らの写真まで載せている顔出しブロガーとは対照的ですね。

 

顔出しブロガーの最大のメリット

ブロガーには顔出しされている方と匿名性を保っている方、どちらもおられます。

顔を出してオープンにしている方はより親しみを持ちやすいし、どんな方が文章を書いているのか一目瞭然です。

 

顔を出している分、それだけブログという仕事に対しても本気度が違う事でしょう。

また同じ体験談を書くにしても、顔入り写真を添えて記事が書かれている方が真実味が増してきます。

インフルエンサーと言われる方の多くは顔出し・実名です。

 

逆に言えば顔を出しているからこそ、インフルエンサーとして活躍できるのでしょうね。

また実名・顔出しの方が今後、ビジネス展開する場合もやりやすいかと思います。

 

ブログやネットの世界を越えて仕事をしたいと思っているなら自分自信を売りに出すと言う意味でも顔出しブログは価値あるかと思います。

 

 

顔出しブログでアクセスアップできるの?

実名・顔出しブログはアクセスアップに効果があると言われていますが、顔出しブログにする事で、ブログ更新に積極的になって結果としてアクセスアップに繋がっているのかと思われます。

実名で顔を出そうが、匿名であろうが、ブログの評価はPVで決まります。

リスクをおかして顔出しをしたからといって、アクセスが劇的に伸びるのもでもありません。

 

ブログの世界ではSEOによってアクセスが決まります。

 

いかにGoogle検索されるか、です。

顔を出したからといって決してSEOに有利になる訳ではありません。

 

ブロガーは文章が命!なのです。要はライティング技術ですね。

いかに人を惹きつける文章を書けるかがすべてなのです。

 

匿名ブログでも100万PVを確保している方はいくらでもいるし、顔出しブログでも1万PVいかずに悩んでおられる方はたくさんいます。

 

 

匿名であるが故に矛盾がでてくる事も

私はサラリーマンで、副業禁止と言われているところを会社に内緒で副業しています。

 

なので基本的に、身バレしないようにかなり気をつけています。

真実だけを書いていれば、さまざまな小さな個人情報が集まっていつの間にか、どこの誰だかバレるもの。

見る人がみたらわかってしまいます。

 

わずかな情報が集まって、それが元に身ばれしたブロガーはたくさんいます。

 

では匿名性を保つにはどうすれば良いのでしょうか?!

 

 

脚色して記事を書いていく

身のまわりの事や、出来事などすべて真実のまま書いていればいずれ身ばれします。

 

あれ?この話○○さんの事そっくりだ…。

そういえば○日、有給休暇とって旅行に行くっていってたけど、このブログまったく同じだな、少し調べてみよう。

なんて感じで、見る人が見たら一発でバレてしまうものです。

 

身ばれしない為にも、真実の中にも脚色してブログを作っていかなければなりません。

 

核心はきちんと伝えながらも、プライベートに関わる部分はオブラートに包む事で、身ばれする確率は格段に下がります。

学校であった話、友達同士での話、ご近所での話をバカ正直にすべてありのままに記事にしたら、身ばれするのは時間の問題なのです。

 

あまり脚色しすぎると、読んでもおもしろくない記事ができあがります。

記事の本質部分に関わるところは、真実をしっかりと伝えつつも、自分自身の情報はあまりリアルに出さないように気を付けましょう。

 

 

たまに矛盾が生まれる事も

匿名ブログではすべてを真実を語っている訳ではありません。

自分が身ばれしそうな部分は装飾するからです。

 

その装飾部分がたまに矛盾を生んでしまう場合もあります。

 

過去記事を読んでいると、うん?なんか言ってる事に整合性がとれていないぞ、みたいな事が起こり得ます。

 

匿名ブログの欠点でもありますね。

匿名を保とうとするがあまり、話の内容に矛盾が生じる事があります。

 

決して、嘘をつこうとか、架空話を書こうとかそういう訳ではないのです。

 

自分のプライバシーを保とうと、話を少し変えるだけ。

でも、何十記事、何百記事と書いていると自分のブログの中で矛盾がでてきたりする場合があるのです。

 

 

ネット上での話を見抜く力

ネットの記事や話んてすべてが100%真実だと思い込まない事です。

どんなブロガーだって自分をよく見せたい事だってあるし、アクセスを得るために話をオーバーに言うことだってあります。

 

ネットとはそういうものだと認識して利用する事が求められます。

 

うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しいって2ちゃんねるでよく言われていましたが、ネットの世界すべてそんなものだと思います。

 

ネットで飛び交っている情報は真実もあれば、過大な表現もあれば、真っ赤な嘘もあります。

 

ネットの話を鵜呑みにして突き進むか、再度、話のネタについて再度、検証するかは自分次第なのです。

 

100%真実のブログなんてあるのかな?

 

故意にせよ、不注意にせよ、ブログに書かれている事はすべて真実だとは限りません。

 

例え顔出しブログであってもそうです。

顔出しブログでは自分のプライベートを公開している事にもなります。

 

友達や近所の人多くの方が、この人はいついつにどこどこに行って何をしている…という事までブログやSNSを通じて知ることができます。

 

だからこそ知られたくない情報もあるでしょう。

実名だからこそ心の本心を言えない事だってあります。

 

炎上を気にするあまり、差し障りのない記事ばかりになってしまう事もあります。

実名ブロガーが、極端な事をすればそれがそのまま黒歴史になりますからね。

 

ネットで調べればなんでもわかる世界なだけに、情報を見極めて、自分で情報を判断して利用する必要が出てくるのです!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました