給料少アップ、責任大幅アップの課長という仕事。アフィリエイトで課長の手当以上を稼ぎ出しましょう!

転勤してはや1ヶ月…。

 

ここの職場の課長も鬼のようによく働きます。

朝7時前には出勤して、夜は20時までは絶対にいる感じを続ける訳ですね。

 

仕事が立て込んでいる時は、土日ももれなく出勤しています。

 

私たちも有給休暇は取りにくいですが、課長ともなればもっと取りにくい…。

課長は課長席にいて当然なのです。

 

 

課長にはなった方がいいのか?

会社の理論だけで言えば課長になった方がいいですよね。

給料も増えるし、会社内での権限も圧倒的に増えます。

まわりからは「課長」と呼ばれて、管理職として社会的地位もずいぶんと上になります。

 

 

ただし、給料に関しては、会社についてよっては役職で大幅アップすることろもあれば、微増程度で終わるところもあります。

私のところは微増パターンですね。

 

課長になることで名誉を得られる以外、あまりメリットもありません。

 

残業代がつかない為に、いくら管理職手当てをもらっても支給トータル額はそんなに増えないのです。

重たい仕事場ばかりが増えていく感じですね。

 

 

課長になりたくない人が多い現実

部下の人数が多ければ多いほど大変です。

中には部下が3,4人の小さな課から部下が何十人といる大きな課まであります。

 

部下が30人いればそれはもう大変だと思いますよ。

課長代理や課長補佐はつくにしても、最終責任は課長にかかってきます。

 

30人分の勤務管理や業績面管理をしながら、次長や部長などの上席管理職の顔色を伺わなければならない訳ですからね。

 

30人の部下の誰かが何かをやらかすと、責任をとるのは上司である課長なのです。

 

中にはとんでもないできの悪い部下がいて、とんでもない事をしでかしてくれます。

すると「お前は部下の何を管理して指導をしていたのだ!」と、責任を取らされる訳ですね。

 

そんな訳で私の会社では驚くほど課長のなり手がいません。

 

まぁ朝から晩まで働いて、休日の働いて残業代もつかない仕事なんて誰もしたくありません。

 

課長への昇職を打診されると、ほぼみんな断ります。

が…そこは会社です。

 

 

いつまでも断り続けられる程あまくないのです。

役職には人数が決まっているのでいつまでも課長代理でいる訳にはいかないのです。

 

 

諦めて課長に昇職するか、後進に道を譲って、自分は役職を降りるか決めなければいけない場面も出てきます。

ちなみに降職した場合は会社内では、昇進意欲のないレッテルをはられてお荷物扱いされて給料もダウンします。

 

その分、責任の度合いも下がり、気楽にはなります。

 

 

課長を乗り越えたら

この課長が地獄なのですが、そこを数年間やりとげ実績を残せば次長・部長のポジションとなります。

 

部長は部を統括するトップで本当に限られた一部の人しかなれません。

会社によっては取締役を兼務するくらいのポジションです。

取締役兼営業本部長みたいなポジションです。

 

 

そこまでいけるのはほんの一握りの選ばれし人だけです。

同期入社した中でも、1人でてくるかこないかの厳しい世界なのです。

 

課長同士の争いの中でさらに成績を残して上に行こうとすれば、それはもう並大抵ではない実力と努力と運が必要になってきます。

 

出世争いに負けた課長はどうなるのでしょうか…。

 

万年課長として会社にその人生を掲げるか、降格や出向などつらい日々が待っている事になります。

 

 

昇進より目指したいもの

会社での出世競争は本当にしんどいし、例え管理職になっても、その後の犠牲は相当大きいものとなります。

 

会社でそこそこの給料をもらいながらも、副業で収入アップを目指すのも一つの道だと思います。

 

課長になっても、給料なんてだいたい3万くらいしかあがりません。

その3万の為に払う時間的犠牲と精神的ストレスは相当大きいものです。

それなら3万円を別の形で稼いでみればどうでしょうか?!

 

はっきりいって、今の会社が10年後、20年後と続いている保障もないし、自分が今の地位で働けている保障など、どこにもありません。

 

”会社だけに頼らずに生きていく”という考え方は今の時代、とても大切な考えではないでしょうか?!

 

そういう訳で副業という形で、空き時間を利用して個人事業主として仕事をしていいます。

実際にメルカリやヤフオクで物を売っているサラリーマンの方も多いかと思います。

 

自宅で個人で起業して、自分の空き時間を利用してお金を稼いでいくのです。

 

努力すれば努力した分、自分の収入となります。

会社の給料と違って、自分の収入は自分だけのものとなるのです。

 

 

仕事だけの人生なんてつまらない

仕事をするのは大いにけっこうな事です。

 

会社で一生懸命働く事は大きな目で見れば社会に貢献している事になります。

会社での仕事が社会の為になり、しっかりと税金を払う事で多くの方の役に立っています。

 

ただね、仕事だけの人生ってつまらなくないですか?

 

朝起きて、眠たい目をこすって会社へ出勤します。

クタクタになって夜遅くまで働いて、倒れ込むように眠りにつきます…。

 

休日に家族で出かけている途中から会社から電話がかかってきて、今から出勤してくれと言われます。

 

おいおい、家族サービスすらろくにさせてくれないのかよ。

 

それ本気で言っているの?と思いましたよ。

 

泣く泣く車を自宅まで戻らせて出勤です。

家族は仕事だとわかっているので文句こそ言いませんが、がっくり感はヒシヒシと伝わってきます。

 

せっかくみんなで遊びにいく予定なのに、休日に会社でなにをやっているのだろうと半泣きになりながら仕事をしていました。

 

忙しさは拍車をかけて、ただただ仕事だけをする毎日が続きます。

 

「あぁ私の人生こんなはずじゃなかったのにな…。」

 

それに無理な仕事を続けて体もボロボロです。

その内に体を壊して、入院なんて事もありえそうな気がします。

 

 

「仕事だから」という言葉に、いつも惑わされて自分を押し殺して働いてきました。

 

そんな中、去年、副業をしているサラリーマンの方のブログは発見して「あっこれなら私にもできるかも?」という事で見よう見まねで副業を始めてみました。

 

 

課長よりも絶対に楽に稼げる世界

最初はね、副業に力を費やしているのがバカらしいほど稼げませんでした。

それでも、記事を更新し続けているとそれなりに収入が発生し始めました。

 

毎日、1・2時間はブログの為に時間を費やしています。

ブログをはじめて1年後には毎月2万円をこえる収入が発生するようになりました!!

 

「あっこれはいけるかも?!」

 

課長になっても上がる収入は約3万円。

課長になって失うものを考えれば、副業で稼ぐ方が絶対に楽だな…と思いました。

 

課長として会社に拘束されている時間を利用して、副業する事で課長以上に稼ぎ出す事は可能だと思いました。

数年後にはその差は歴然となりそうです。

 

会社の経営者の方の考えからすればありえない発想かもしれませんが、その方が絶対に人間らしい生活ができるし、会社に万が一の事があった時の予防線にもなります。

 

本業だけが大切!自分には仕事しかないんだ!という発想は私から言わせれば非常に危険です。

仕事に絶対なんてないんだから、複数の収入源を持つ事こそが人生におけるリスクヘッジとなるのです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました