立ち仕事をして足が痛すぎる時に試してみたい方法とは?足の疲れはその日のうちに取り除こう

仕事で一日中、歩いたりして立っていると足がパンパンです。

 

仕事って極端な姿勢を取る場合が多いです。

事務ワークで一日座りっぱなしの方もおられれば、一日立ちっぱなしの方もおられます。

 

座り仕事は腰に負担がかかると言われていますし、立ち仕事は足に負担がかかると言われています。

 

 

足の疲労はつらい

たまに立ち仕事をすれば、これでもかって言うくらい足にきます。

足裏からふくらはぎにかけて、ものすごく重たく感じます。

 

ずっしりとなんとも言えない重たさを感じて、軽く痛みます。

座って休憩できれば良いのですが、仕事なのでそういう訳にもいきません。

 

なんだか足がパンパンにむくんでいるような気がし始めます。

観光などで一日歩きっぱなしの場合も足が疲れますよね。

 

まさにあの感覚です。

 

立ったり歩いたりしていると、自分の体重の多くを足で受け止める事になるのですね。

立ち仕事をしている方にとっては足を疲れをいかに取るかは非常に重要な事なのです。

 

仕事の日によっては荷物の運搬作業や、営業などで一日中立っていなければいけない事があります。

 

そうなれば足が徐々に疲れてきます…。

 

最初はだるい程度なのですが、時間がたつにつれて徐々に苦痛に感じるようになるのですね。

まさに足が棒になるとはこの事です。

 

まるで自分の足でないかのような疲労感と痛みを覚え始めます。

 

 

足の疲れはなかなかとれない

仕事から帰ってくるともはや歩けないくらいの足の疲れです。

このまま翌日に足の疲れをひっぱってはいけないので、家に帰れば足を休めてあげましょう。

 

その日の疲れはその日のうちに取り除くのが大原則です。

 

お風呂にゆっくり入る

足の疲れを取るには、ぬるめのお風呂にゆっくりと入ることをおすすめします。

 

お風呂に入ると血液の循環が良くなって、足の疲労も取れる事でしょう。

足に溜まっていた疲労物質が、一気に抜けていく感じがするかと思います。

 

足だけでなく、全身の疲れを取るという意味でも、ぬるめのお風呂にゆっくりと入る事はおすすめですよ。

 

 

 

足のマッサージ

立ち仕事が長いとふくらはぎから足裏にかけて疲労が溜まっていきます。

足の疲れを少しでも取るために、ふとももから足にかけてのマッサージをおすすめします。

 

自分でゆっくり足をマッサージしてもいいし、自動で足をマッサージしてくるフットマーサージ器を使うのも便利だと思います。

 

ゆっくり足を揉みほぐしてあげる事で足の血流がめぐって疲れがとれます。

 

横になって足首をまわしたり、アキレス腱を伸ばしたり、軽めのストレッチをする事もおすすめです。

フットマッサージならオムロンエアマッサージャがおすすめです。

 

ふくらはぎから足先まで温めながら空気の力でマッサージが可能です。

 

自分で足のマッサージをするのはけっこう面倒ですが、エアマッサージなら放っておきながらしっかりと足全体をしっかりとマッサージしてくれます。

 

しっかりと空気で加圧してマッサージしてくれ、足のむくみや疲労が解消されますよ。

 

癖になる気持ちよさです。

足の疲れを慢性的に感じられている方におすすめします。

 

 

足裏樹液シートを使ってみる

足裏の疲れには足裏樹液シートもおすすめです。

 

足裏樹液シートの原料はドクダミ、ユーカリ、ヨモギエキスといった植物類が中心となります。

この足裏樹液シートを貼っておくことで、足裏の汗を吸収してくれます。

 

睡眠中に足から汗をかいて、足の血流の台車を促す効果が期待できます。

 

足裏樹液シートと言えばデトックスみたいな効果がうたわれる事がありますが、シートが茶色に変色するのは毒素が出てきたのではなく、水分を含むと成分がそのように変色するからですね。

 

 

まとめ

立ち仕事をしている方にとっては日々、足の疲れとの戦いかと思います。

足がパンパンになっても、それでもまた次の日、仕事はやってきます。

 

仕事が終われば家ではゆっくりして過ごして、足の疲れを回復させる事に努めましょう。

足や足裏の疲労は現代人の宿命とも言えるでしょう。

 

自宅でできるケアを組み合わせて、足の疲労を取り除く事を心がけていけば次の日には回復している事でしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました