月額課金ビジネスの罠。いつの間にか定額料金の契約を結んでしまった話

スマホを使っていると便利なアプリが多くて課金して購入することも多いかと思います。

 

本当に便利なアプリに課金するのは何の問題もありませんし、むしろ課金する事でアプリがより改善されて機能がアップする可能性もあります。

 

そんな課金ですが、気をつけたいのが月額課金ですね。

課金と言っても買い切りではなく定額課金で、毎月○○○円支払うみたいな感じのアプリもあります。

 

これは使える便利だと思って課金したものの、実は思った程は使わないって事もあります。

いつの間にか契約した事すら忘れて、お金を支払い続けている事がありました。

 

 

この毎月支払いのアプリが複数あれば、支払い額もバカになりません。

実際にアプリをフル活用しているなら毎月料金を支払っても何の問題もありません。

 

それだけのサービスを利用しているのですからね。

しかし、毎月料金を支払っているにもかかわらずあまり利用しないアプリは見直していった方がいいかと思います。

 

 

起動すらしていないのにお金だけ払い続けているアプリもありました。

本当にその金額支払い続ける価値があるのか考え直してみましょう。

 

他のアプリで代替えが可能な場合もあります。

 

 

アプリはなるべき一回きりの支払いがおすすめです。

私はそのような経験からなるべく定額課金のサービスを利用せずに買い切り型のサービスを利用するようにしています。

 

定額課金の場合、サービスを契約する時はいいのだけれど、いざ使わなくなった時に定額課金を解除しなければならずそれが面倒だからです。

アプリに課金する際はそれが、一度きりの課金なのか、定額課金なのかは十分に注意しておきましょう。

 

いつの間にか定額課金と契約していて、知らないうちにクレジットカードから支払いが続けられていた…なんて方も多いはずです。

しかも数百円程度の支払いなら気付きにくいのも特徴ですね。

 

そして…あれ?この引き落としなんだっけ?!気づくまでに時間がかかってしまう事も…。

 

その間まったくアプリを使わないにも関わらずお金を支払い続ける事になってしまいます。

 

企業にしてみれば、定額課金の方がストックビジネスとして、収益を得られ続けますので業績予想も立てやすくメリットが大きいかと思います。

 

 

アプリやゲームなどを一ヶ月だけ利用しようと思って、課金すればいつの間にか定額課金になっいて、お金が引き下ろされ続けていたなんて話もよく聞きます。

 

 

課金する際はしっかりと契約内容の記載を読むようにしましょう。

特に課金が一回切りなのか、継続なのかは注意を払うべき項目です。

 

特にクレジットカードを利用している場合は即時に契約が決済されてしまいます。

 

課金の使い過ぎが気になる方はiTunesカードや、Google Playカードを利用して、その都度お金を支払うようにしましょう。

 

特に子供にスマホを持たせる場合は無意識のうちにどんどん課金をされてしまう場合があるので、絶対にクレジットカードの登録をしないよう、されないように気をつけましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました