耳鳴りを抱えているだけでストレスフル!!

耳鳴りを経験された事はありますか?!

 

耳鳴りを経験すればわかるかと思いますが、時間場所問わずにキィーンとなり続けます。

その耳鳴りの音は高温だったり低温だったりする訳ですが、正直かなりのストレスです。

高い音でキーンと鳴り続けた時のストレスは相当です。

 

よく頭の上でジェット機が走りつづけていると言われます。

 

中には頭の上でFAXが受信し続けている…、頭の上で虫が飛んでいるとか様々な表現をされますが、それくらい「不快」だという事です。

 

普通、不快な音は自分が移動すればなくなるものですが、耳鳴りの場合は内耳の障害なので、自分が動いても不快な耳鳴りは付きまとう事になります。

 

 

耳鳴りの原因

実は耳鳴りはかなり多くの人が持っています。

普段は雑音が多くて聞こえる事のない耳鳴りも無音室では、耳鳴りがするという事はよく聞きます。

程度の問題なのですが、耳鳴りを感じると不快であるのは間違いありません。

 

そして耳鳴りは原因がはっきりとわからない事が多いのですが、体調不良の時や寝不足の時、ストレスがかかっている時に引き起こされやすいとされています。

 

仕事などで思い悩んでいる時には、さまざまな症状がでてきます。

頭痛やめまいや吐き気…耳鳴りもそうです。

 

ですので、耳鳴りとなれば、まずは、体を休めるのが一番です。

昼寝をするなり、お風呂に入ってゆっくりするなり自分なりにリラックスをしましょう。

 

それでも耳鳴りがおさまらない場合は早めに耳鼻咽喉科に行く事をおすすめします。

ひどい耳鳴りが起こっている場合は難聴も、併発している場合が多いからです。

 

耳鳴りがうるさすぎて、自分の聴力がどの程度あるのかさえ、わからなくなってしまいます。

 

私も経験があるのですが、周りの音も聞こえるけど、キーンとした耳鳴りも鳴り続ける事があります。

 

たかが耳鳴りと言って放置しておくのは危険です。

耳鳴りが症状として現れる病気はたくさんありますので、まずは専門医に正しい診断を下してもらい治療していく事が大切です。

 

もし、聴力も低下しているなら、突発性難聴の可能性もあり、その場合は早めに治療する事が一番大切です。

耳鳴りを放っておいたら、聞こえまで悪くなってきて、実は突発性難聴だったという話はよく聞きます。

 

突発性難聴は早ければ早いほど治癒率が上がると言われていますので、耳鳴りを感じて、少し休んだり寝ても回復しないようなら病院で見てもらう事が一番です。

 

 

耳鳴りの治療

耳鳴りがなるという事で病院に行っても、耳鳴りに対する原因を特定する事は難しい場合が多く、治療法もこれをすれば必ず耳鳴りは治るといった体系が確立されている訳ではありません。

 

内耳循環改善薬や炎症を抑えるステロイドなどを使って治療が行われて、過度のストレスや不眠などを併発している場合は抗不安剤や睡眠薬が併用される場合もあります。

 

耳鼻科で一通りの検査を受けて、特定の原因や病気が見つからない場合は耳鳴りの治療を続けながら耳鳴りと付き合っていく必要があります。

 

耳鳴りの多くははっきりした原因がない場合が多いのです。

 

耳鳴りは完全に消える事は難しくても、なるべく意識しないで生活をできるようにもっていく必要があります。

 

急に意識しないように言われても難しいし、静かな場所にいくと特に耳鳴りがうるさく感じます。

 

耳鳴りを感じながらも、自分の好きな事にどんどん積極的に取り組んでいけばいいかと思います。

 

何かに集中している時は雑音や耳鳴りを遮断して忘れる事ができるからです。

 

あっという間に時間がたってしまったと思えるくらいの生活を目指していく必要があります。

 

また体を動かす事も大切です。

 

医師から特段の制限がないならウォーキングして歩いたり、プールで泳ぐことによって血の循環をよくする事ができます。

 

そしてしっかりと体を動かす事によって疲れる事で、夜も耳鳴り以上に疲れが勝って寝る事ができるようになります。

 

それでもなかなか耳鳴りから解放されずに悩んでいる方にはTRT(耳鳴り再訓練療法)という治療法もあります。

補聴器のような装置を付けて、耳鳴りの上から心地良いノイズを流します。

耳鳴りと言う不愉快な音を、別の音で相殺させる事によって、自分の感覚を耳鳴りからそらしていく事を目的とした治療です。

 

 

耳鳴りでお困りの方はまずは、なるべく早めに耳鼻咽喉科で治療を受けられる事をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました