様々な資産運用の方法をご紹介します!自分に合った運用方法を探してみましょう

現在、私は株式投資を中心に資産運用していますが、世の中にはいろいろな資産運用方法が存在しますので、ご紹介します。

 

 

安全な資産運用から、半分ギャンブルに近い資産運用まで、いろいろとあります。

自分にピッタリと合う方法を見つけるのが大切です。

 

 

銀行預金

ほとんどの方が利用しているであろう銀行預金ですね。

 

1000万円まで元本が保証されていますので安心して預けられる事もできますし、すぐに換金も可能です。

 

ノーリスクな反面、リターン(利子)もほぼ皆無と言って良いでしょう。

 

 

利子は0.01とか0.001とかそんなレベルの世界です。

 

仮に…100万円預けて0.01%の利息が付けば100円、0.001%なら10円もらうことができます。

 

お金を増やすという側面から見れば、ほとんど効果はありません。

 

ただ預けているだけで、資産運用としてみれば、現状、銀行預金お金を増やすことは無理と言えるでしょう。

 

 

なぜ貯金だけではいけないかの?インフレリスクと資産の集中リスクを知っておこう

 

 

個人向け国債

国が発行する低リスクの債券となります。金融機関で気軽に買うことができるという事で人気の商品です。

 

 

「変動10年」「固定5年」「固定3年」の3種類があります。

 

債券に投資する場合、発行元の信用度が重要になってきます。

 

個人向け国際の場合は日本そのものの信用性が重要になってきます。

日本が財政破綻してデフォルト状態になると言った「信用リスク」を見極める必要があります。

 

ただ日本発行の国債のデフォルトの可能性はかなり低いと言えるでしょう。

その分、金利も非常に低く、銀行預金より少しはましな程度です。

 

10年の変動金利で0.05%程度なので100万円で個人もけ国債を買っても、年に500円程度の金利です。

 

リスクは低いものの、あまりに金利が低くて、資産運用としては、いかがなものかと思います。

 

 

海外の国債

外国の国債を買うこともできます。

 

海外の中には非常に高金利な国もあり、個人向け国債では考えられないリターンがあります。

 

外国債券では金利が数%つくのは当たり前です。

 

 

ただし、金利が高いということはその分、デフォルトのリスクも高いという事ですね。

 

信用リスクが高いから、それだけの金利を払わないとお金が集められない状態なのです。

 

証券会社を通して、外国債券を買うことができますが、複数の国のさまざまな債券を混ぜ合わせた投資信託で債券を買うという方法もあります。

 

中には世界中の債券を混ぜ合わせた商品もあり、その場合、リスクもリターンも比較的安定的に推移しやすいと言えるでしょう。

 

 

少額投資でOK!投資信託なら専門知識はいりません。

 

 

株式投資

企業は自社の株を発行する事によって資金を調達します。

 

上場企業の株は証券会社を通して自由に売買をする事ができます。

 

保有している株の会社が利益を出せば、株価も上がるし配当金を出すこともあります。

自分の保有する企業の株が利益を伸ばしていけば、株価も伸びていくし、配当金も増えていきます。

 

逆に保有する企業の利益が下がれば株価は落ちますし、配当金がでなくなる事もあります。

最悪、企業が倒産すれば持っている株は紙くず同然になってしまいます。

 

 

価に左右されずに選ぶとは|企業価値の本質を見抜いていく

 

 

海外株式投資

外国の企業の株を買うこともできます。

証券会社の中には米国や中国の企業などに直接投資を行う事もできます。

 

世界のアップルやマイクロソフト、アマゾンの株を買うこともできます。

 

もちろん配当金も貰えますし、株価が上がれば高値で売ることもできます。

世界株の場合、先進国より、新興国の方がハイリスクハイリターンとなります。

 

また世界中の株のベンチマークに連動した投資信託も存在します。

まさに世界経済そのものに投資する事になり、世界の経済状態や成長に合わせて投資信託の基準価格も変動していきます。

 

昔は海外株式の投資信託は高い信託報酬を取られていましたが、今ではかなりお安くなってきて0.2%台のファンドも出始めてきています。

 

 

米国株の魅力|100年以上の歴史がそれを証明してくれます

米国株の魅力|世界のGDPが伸びる時、もっとも恩恵を受ける企業を考えてみる

 

 

不動産投資

資産運用と言えば不動産というくらい有名です。実際に不動産王と呼ばれている人たちは多額の不動産を抱えてそれを運用してます。

不動産を買って、それを売ったり貸したりして利益を得る事になりますが、もちろんそれ相当にリスクも伴います。

 

不動産価格が下落する場合もありますし、賃貸に出してもなかなか借り手がつかない場合もあります。

 

 

不動産投資は多額の初期投資が必要とされるので、資本の少ない個人がするには不向きだと思います。

 

お金を借りてレバレッジをかけて、不動産投資をする方法もありますが、お金を借りる分、リスクも上がるという事を忘れないでおきましょう。

 

 

不動産投資は魅力的だがおすすめできない訳

 

 

仮想通貨

ビットコインなどで一躍有名になった仮想通貨。

デジタル通貨の一種で、中央銀行などの国家主体の発行元が存在せずに、仮想通貨を保有している特定のコミュニティで運営されています。

 

IT技術を利用して、仮想通貨を通して決済できるのが最大の魅力であり、多くの人にその価値が認められると価格があがっていきます。

 

 

仮想通貨には特定の管理者がいない為に、価格を恣意的にコントロールされません。

まさに需要と供給が価格を決めるのです。その分、激しい値動きをするのも特徴です。

 

仮想通貨にはブロックチェーンという最新のテクノロジーが埋め込まれており、このブロックチェーンの技術を理解する事が非常に重要になってきます。

 

 

投資先として仮想通貨を保有する場合はまだまだ未知数の事も多いです。

価格変動が大きかったり、セキュリティの問題を抱えています。

 

仮想通貨に大きな未来が待っていそうなのは事実です。資産の運用先の一つとして仮想通貨を選ぶのはアリだと思いますよ。

 

 

仮想通貨が身近なようで身近じゃない話|今こそ仮想通貨の価値が試されています

 

 

FX取引(外国為替取引)

FXでは世界の主要通貨を売買してその差益を得ることを目的とした金融商品です。

 

わかりやすく説明すればドルを買って、円安ドル高になれば保有資産は増えるという事になります。

 

これから上がりそうと思う通貨を購入して、その通貨が値上がりすれば利益が出るという仕組みになっています。

 

 

またFXにおいてはレバレッジをかけることができるので、自分の資産の何倍もの額を売買できるので、儲ける可能性も増えます。

 

もちろんその分リスクも増しますので、大損する可能性も増えます。

 

実際にFXをやった事あるのですが、利益を出し続けるのは非常に難しいという印象を受けます。

 

FXではゼロサム・ゲームですので、資金を大きくもっている人が勝ちやすいという側面も覚えておいてください。

 

 

FXで勝てない理由がわからないようじゃFXを始めるべきじゃない

 

 

クラウドファンディング

最近良く耳にするクラウドファンディングとは一体何なのでしょうか?

こんな発明を思いついた、こんなサービスを提供したいと思った起案者がインターネットを通じて資金を集める方法の事を言います。

 

出資者はサービスや権利を得る場合もありますし、プロジェクトの利益から配当金が支払われる場合もあります。

 

クラウドファンデングと言ってもさまざまな形が存在増します。

 

さまざまなプロジェクトが広がりを見せて、クラウドファンデングは拡大していっています。

 

まだまだ発展途上の段階であり、かなり自己責任の部分が大きいとも言えるでしょう。

 

購入型・融資型・ファンド投資型・株主投資型とさまざまなクラウドファンデングがありますので、それらの特性とリスクを見極めて投資しないといけません。

 

自分のお金の使いみちとしては果てしなく夢は膨らみますが、大きなリスクが存在するという事だけは忘れずに覚えておきましょう。

 

 

<関連動画もぜひご視聴ください>

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました