RSSリーダーで情報集をしていく。多数のブログを参考に効率よく情報を収集する方法について

情報収集する方法としてはTwitterが非常に優秀です。

 

細い情報から勢いのある話題が次々に飛び込んでくるので話題に困る事はありません。

しかし、Twitterの情報をもとにいざブログの記事を書こうと思っても、困る場合が多い気がします。

 

自分の得意分野なら少ない情報をもとに話を膨らませて記事を書くことができますが、自分にとって詳しくない分野に関しては圧倒的に情報量が少ない気がします。

 

私がブログを書くために利用しているのはブログです。

 

 

ブログの情報収集はRSSリーダーがおすすめ

さまざまなブログを読むことで、ブログを書くためのインスピレーションを高めていきます。

 

情報収集の為にサイトやブログをブックマークに登録していくと莫大な量になりますし、どのブログがどれくらいんの頻度で更新されているのか全くわからないようになってしまいます。

 

そこで私が利用しているのはRSSリーダーです。

 

 

サイトやブログで情報収集をしようと思えば必須のツールとも言えるでしょう。

 

特に新着情報を一気に読みたいときには、RSSリーダーがなければ非常に効率が悪い話になってしまいます。

 

RSSリーダーとは自分のお気に入りのWebサイトを登録しておくと、そのサイトやブログが更新され次第、その新着情報を随時にRSSリーダーに表示される事ができるのです。

 

複数のブログの更新情報を一気に取得できるのがRSSリーダーの最大の魅力です。

 

 

ブックマークとの違い

ブックマークに登録してたくさんのサイトを見る場合はその一つ一つのページを開いていかなければなりません。

 

自分が読んでいるブログの数が少ないならそれでもなんら問題はないでしょう。

 

しかし、良く訪問するブログが20、30にもなってくるとその作業すら大変だし、自分が過去にどの記事まで読んだのかわからずに混乱してしまいます。

 

それに更新が不定期の場合、いつ訪問してもいいかタイミングもわからないものですよね。

 

 

RSSリーダーならこういった不定期更新の複数のサイトやブログの新着情報を一気に表示してくれます。

 

 

一つ一つサイトに訪問する事なく、新着情報のタイトルが一覧となり表示されます。

 

その中から自分の読みたい記事を読むことで、効率よく情報を収集する事ができるのです。

 

 

週に2,3の記事が不定期に更新されるようなサイトの情報を得るためにRSSリーダーは絶大な力を発揮します。

 

 

おすすめはFeedly

RSSリーダーにはいろいろありますが、RSSリーダーと言ったらFeedlyと言われているくらいに有名です。

 

英語表記なので、中には苦手な意識を持たれている方もおられるようですが、更新情報の取得する正確性はFeedlyが一番だと思いますよ。

 

日本語表記ならinoreaderというRSSリーダーがおすすめです。

 

実際に使い心地はFeedlyより良い感じがします。

 

機能的にはFeedlyと大差がないなら日本語の分、inoreaderの方が使いやすいかと思います。

 

 

しかし、私の登録しているサイトではinoreaderでは記事の取得日時がおかしかったり、サムネイル画像がおかしかったりします。

 

RSSリーダーにおいては情報を正確に取得する事が一番もとめられる事です。

 

さまざまなRSSリーダーの中でもFeedlyは頭一つ抜き出ているといった感じです。

 

英語表記という最大の弱点を差し引いても使う価値があると思いますよ。

まぁどのRSSリーダーを使うかはある意味好みの問題とも言えますので、自分に合ったものを使うといいかと思います。

 

 

使い方は簡単です

Webブラウザにブックマークしてフォルダ分けをするのと同じ感覚です。

 

英語表記でもほとんど問題なく使うことができますし。

 

困った事があっても利用者が多いという事はググれ解決します。

 

自分の気になったWebサイトやブログをどんどん登録していく事で、効率よく情報収集ができるようになります。

 

登録サイトが増えてきたらグループ(フォルダ)分けをする事もできます。

 

私なら情報、経済、グルメ、子育て、ガシャットといった感じでグループ分けをしています。

 

 

また読んでいてあとで読んでみたかったり、参考にしたい記事は「あとで読む」「お気に入り」などに追加する事もできます。

 

「あっ、この記事はあとでブログ作りの参考になりそうだ。」と思えば、どんどん「あとで読む」に登録をしていけばいいのです。

 

 

PCでもスマホでも情報を共有

Feedlyのアカウントを同じものにしておけば、PCであろうとスマホのアプリであろうと同じ情報を共有する事ができます。

 

家でじっくりと新着情報を読むのもよし、電車の待ち時間に細切れで新着情報を眺めるのもありですね。

 

Firefox、Chrome、iOS、Androidで使えますので、PCでもスマホでも問題なく使う事ができます。

 

これでいつでもどこでも同じ環境で自分のお気に入りサイトを複数網羅しながら最新情報を読み続ける事ができます。

 

ブックマークが本の縦読みなら、RSSリーダーは目次を利用して複数の本を縦読みする感じです。

 

 

未読が溜まった時の処理方法

さてRSSリーダーでたくさんのサイトを登録すれば、未読情報が山のように溜まっていきます。

 

3日もほっておけば新着情報がものすごい数に…。

 

さすがにこれをすべて読むのは無理がある…なんて時もありますよね。

 

そんな時におすすめしたいのはすべての未読情報を一気に表示させて、気になるタイトルだけを読んでいきます。

 

記事が長いようなら「あとで読む」に登録しておきましょう。

 

本当に時間がないようなら、記事タイトルと記事の冒頭だけで選択をしていってもいいかと思います。

 

自分のフィーリングは結構正しいものです。

 

一通り気になる記事を網羅したなら、一括で既読状態に持っていく事ができます。

 

この昨日を使うことで自分の必要な情報をどんどん「あとで読む」に取り込む事ができます。

 

そして自分がブログを書く段階で「あとで読む」を参考にすればネタに困ることなくブログを書いていくことができるようになります。

 

記事単位で、あとで読むに登録しておくことができるので非常に重宝しています。

 

RSSリーダーを使わなくても、インターネットの利用にはなんら差し支えありません。

 

しかし、より効率よく情報を集めようと思えばRSSリーダーはとても役立ちます。

ブラウザのブックマークにたくさんのサイトが登録されていて、管理しきれないという方はRSSリーダーの導入をおすすめします。

 

 

Feedly - Smart News Reader

Feedly – Smart News Reader
開発元:DevHD
無料
posted withアプリーチ

 

Inoreader - RSS&ニュースリーダー

Inoreader – RSS&ニュースリーダー
開発元:Innologica
無料
posted withアプリーチ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました