メモする習慣を身につけ事で、ひらめきをアイデアをして活用できるようになります

私達の人生は習慣によって成り立っています。

 

朝起きて顔を洗ったり、仕事前にコーヒーを飲んだり、寝る前に歯磨きをしたり…。

人によってその内容は違いますが、毎日は習慣の繰り返しによって成り立っている事でしょう。

そんな習慣の中にぜひとも加えたい事が一つありまうす。

 

 

メモの習慣で人生が大きく変わる

ひらめきをアイデアに変えるとっておきの方法です。

 

 

それはメモを取る習慣をつけるという事です。

 

普段の生活の中でひらめく事って結構あると思いませんか?

ほんの一瞬、輝く何かが思い浮かびます。

 

その一瞬の感覚をきっちりと掴み取る事が大切になってきます。

浮かんだひらめきを、しっかり掴み取ってすかさずメモをします。

 

ひらめきなので、すぐに消えてしまうのが特徴ですね。

 

ふって湧いたかのようなアイデアは、またたく間に頭から消えていきます。

 

そのわずかな時間の間にしっかりとメモに残しておく。

 

 

アイデアってせいぜい10秒とか20秒で消えてしまいます。

 

メモを取り終えるまで、頭の中で反復し続けましょう。

 

貴重なひらめきほど、消えるのが早いものです。

 

人生においてさまざまなひらめきをアイデアとして活用されておられる方がいますが、そういう方はえてしてメモ魔です。

 

浮かんだひらめきとメモに残して、それをビジネスのアイデアに変えていっているのですね。

 

 

メモをする事で頭に残るようになる

メモをする事で、いつでも見直せるようになりますが、自分の脳の認識も変わってきます。

実際にメモを取ることで、この事は重要な事だと脳に深くインプットされます。

 

 

ただひらめいただけならそれは短期記憶なのですが、メモを取るという行為のおかげで長期記憶となり頭の中で生き続けるようになるのですね。

 

メモを取るという行為は、紙の上に記録を残すだけでなく、脳の中にも記憶として残すようになります。

 

 

人の記憶力はあてになりません。

 

これはとっておきのアイデアだ!!すごい!!すぐにでも実践しようと思うような内容ですら、思い出せないものなのですね…

 

 

メモをとることで考える力が湧いてくる

メモの数が100、200と増えてくるにつれて常になにかひらめかないかと辺りを見回したり、考えを巡らせるようになります。

 

ひらめきを沸かせるために本を読んでみたり、散歩に出かけてみたり、ネットで調べてみたり行動するようになります。

 

ひらめきは何かの拍子に湧くものです。

 

考えたり、想像を駆け巡らせる事でひらめく事があります。

メモを取る習慣がつけば、常にひらめかせる為に頭が回転するようになるのですね。

 

それでメモの数がますます増えていくという良い循環も生まれてきます。

 

 

偉人たちもメモ魔だった

かの発明家トーマス・エジソンはその生涯で300万枚のメモを残したと言われていますし、天才レオナルド・ダ・ビィンチも幅広い分野のアイデアを毎日メモとして残していました。

 

ナポレオンもアインシュタインも事あることにメモを書いたり、手紙を書き続けたようです。

 

偉人たちが偉人である理由は何かがひらめいた時にすかさず、そのひらめきをメモという形で残してきた事にあるでしょう。

 

メモを取らずに、ひらめきを忘れてしまっていては偉人たちも、その偉業を成し遂げられなかったと思います。

 

 

メモを取るのに形式張る必要はない

ひらめきはいつどこで沸き起こるかわかりません。

 

そんなにご丁寧にメモを取る必要はなくて、手帳に書きなぐり程度で十分かと思います。

 

後で読み返せればそれでOK程度で十分かと思います。

 

今はスマホというツールもありますので、ボイスレコーダーでそのまま自分の声で録音できます。

 

 

私も何か思いついた時はボイスレコーダーのアプリを使って残すようにしてます。

 

形式ばかりに気を使って、肝心のメモを取る機会を失ってしまえば意味がありません。

メモなのだからそんなにきれいである必要すらありません。

 

それより、いつ何時アイデアが飛び込んでくるかわからないので、いつでもメモを取れる体制を作っておく方が重要です。

 

小さなメモ帳やアイデア帳を持ち歩いたり、スマホを持ち歩いているなら、アプリを起動しやすい位置にもってきておく事が重要ですね。

 

 

まとめ

どんなによいアイデアを思いついてもそれを忘れてしまっては意味がありません。

 

人間は忘れる生き物なのです。

 

忘れるのが普通なので、いかにメモを取る習慣が重要なのかわかっていただけたかと思います。

 

そして、書きなぐらたそのメモはまさに財産とも言えるでしょう。

 

 

アイデアに困った時はそのメモを眺めているだけで、そこに輝くダイヤモンドのようなひらめきを発見できる事でしょう。

 

メモの中にはガラクタだらけのように感じる事でしょうが、たまーにダイヤモンドが混じっているのです。

 

想像力は創造力でもあり、いかに感性を形として残せるかが重要になってきます。

 

メモをする事が習慣化されれば、メモを見ることで、新しいメモを生み出してくるようになって、どんどん溢れんばかりにアイデアが湧いてくる事になるかと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました