休日出勤は本当に最悪。電話一本でせっかくの休みを飛ばしてくれる会社に忠誠心なんてない

休日出勤なんてしてられないから、ほんと仕事を辞めたいです。

 

私の会社では土曜日、日曜日にも交代で部署に二人くらいは出勤して、緊急時のトラブルに備えたり、電話対応を行っています。

日曜日出勤てみんなしたくないんですよね。

 

 

代休がもらえるならまだ我慢できますが、代休なんてもらなくてみんな嫌がります。

私も嫌です。

 

だからイヤだイヤだとワガママを言い始める人がいれば、最後は誰かが出なければいけないので役職が高い人がババを引くことになります。

 

「◯◯くん、次の日曜日、人の都合がつかないので代わりにでてくる?」

 

「いや…その日は子供と遊びにいく予定を立てているのですが…。」

 

「それはわかるけど、仕事だから我慢してね。」

 

 

ほんとクソ&クソですね。

 

 

日曜日は休みたい

せっかくの日曜日なんだから、体をゆっくり休めたいですよ。

 

平日一生懸命頑張ったぶん、休みの日は思いっきりのびのびとしたいです。

 

また日曜日に子供達と遊びに行く約束をしていたりすると、数日前から私自身も楽しみにしているものです。

 

 

一番やなのが急に休日出勤を言われることです。

 

「次の日曜日出てこれる?」の一言で片付けられてしまいます…。

 

 

おいおい明日はもう遊びに行く予定を立てているよ。予約までとっているのですが…。

 

それでも誰かが出なければいけません。

そうしなければ業務が終わりません 。

 

誰かが体調不良になれば誰かが代わりに出勤しなければなりません。

 

だから仕方ないのですが、年中こんな感じで言われればなかなか予定が立てにくいのですね。

 

 

仕方ないとはいえ、やってられないという思いが強いです。

 

 

サラリーマンにとって、休日は人生における最大級の楽しみです。

 

この休日に、遊びに行って、ブログの記事を書いて、借りた本を返して、YouTube を見て、いろんな予定を立てていたのにそれらが全て飛んできます!!

 

せっかくの休みがとんでしまった日曜日出勤は心がすさんだ感じになります。

 

 

日曜日の出勤自体は電話もあまりかかってこないし、トラブルも少ないので暇な仕事なのですが、そういう問題じゃないのです。

 

いくらサラリーマンとはいえ休みぐらいちゃんと取らせてくれよ!って思います。

 

それが連チャンであれば、もうこんな仕事辞めてやるという気持ちになります。

 

 

 

休日出勤は違法なのか?

ちなみに休日出勤そのものは何の問題もありません。

 

出勤に見合った手当が支払えば何の問題もありません。

 

なのでお金を稼ぎたいと思っている人にとっては、休日出勤は割増手当もつくので嬉しいかと思います。

 

しかしながら多くの人にとってはせっかくの休みに出勤をすることを好ましく思ってはいないのではないでしょうか?

 

週に1回ないしは2回しかない心と身体の休息日なのですからね!!

 

 

お金の問題じゃない。疲労がとれない

お金が支払われるからといって、いくらでも仕事をするっていう訳にはいきません。

 

基本的には決められた休みの時にはきちんと体を休めたいものです。

 

労働者は所詮雇われなんだから、休日管理はしっかりとしてもらいたいものです。

 

 

仕事がハードな分、休日はしっかりと休みたい。私はそう思います。

 

休日に休まないまま、また次の勤務に入れば連続勤務も相当長くなり、疲労度はハンパありません 。

 

仮に月曜から土曜日の勤務の方が休日出勤すれば、13日連続出勤となり体もクタクタになることでしょう。

連続勤務が続くと体はおかしくなってきて、心も正常じゃなくなります。

 

そんな疲労状態から回復させてくれるのが休日なのです。

 

せめて一週間に1日は休ませてもらわないと疲れも取れません。体もボロボロになっていくことでしょう。

 

もし、休日に出勤するなら、代わりに代休を設定してもらいたいものですね。

 

そうすれば平日にゆっくりと休み事ができます。お金でなんでもかんでも解決し、長時間労働させるからいろいろと問題が出てくるのです。

 

本来、土日にも人を配置する必要があるなら、休日出勤にするのではなく、シフトで365日配置する体制を作るべきなのです。

 

 

お金の問題じゃない。家族と遊べない

また日曜日に休日出勤ばっかりやらされていると、家族と会うことすらできません。

 

これがひどいものなのです。

朝早くから出て夜家に帰ると子供達は寝ています。しゃべる時間もありません。

 

なので、せめて日曜日ぐらい家族でのんびりと過ごしたいものです。

 

そういう思いすら、打ち砕くのが休日出勤です。

 

家族で遊ぶ約束をしていようが、たった一本の電話でその思いは砕かれます。

 

多少は抵抗しますが、それが仕事だ、これは業務命令だと言われればそれ以上抵抗しようがありません。

 

子供達はがっかりするし、妻もがっかりするし、私自身もがっかりします。

 

手当なんかいらないので、家族との時間が欲しいというのが正直な気持ちです。

 

家族との時間はまさにプライスレスなのです。

 

 

いつでも辞められる強さが欲しい

上司からの無茶な出勤命令に従わなければいけないのも、私が会社に雇われた立場だからです。

 

会社の就業規則には休日出勤もあると定められている以上、それに抵抗するには会社という組織の枠組みから抜け出すしかないのですね。

 

残念なことに、会社から給料をもらって働いている以上、我慢しなければならない部分も多いのです。

 

誰かに雇われるという弱みでもありますよね。

 

労働者という立場は極めて弱いのです。

 

本当は、「そんなに休日出勤ばっかし命令するならいつでも会社を辞めてやる。」という強い思いを持って反論してみたいです。

 

しかし給料がなければ生活ができないので、そういった思いを殺しながら、働くしかないのです。

 

たぶん、仕事を辞める覚悟があるなら、もっと楽に働く事ができるはずです。(もちろん、その分上司から嫌われて、いろいろ不利益を被るでしょうが…)

 

 

もし会社に頼らなくても十分に生活できる収入があれば、不利益上等!という気持ちでもっと強気に出ることができます。

 

辞める気がないなら、会社には会社の事情があり、会社の方針がありますのでそれに従わなければなりません。

 

だからこそ会社に依存しない生き方を目指しているのです。

 

いつ仕事を辞めても困らない状況を作った上で、気軽な気持ちで働きたいという事です。

 

 

強さとは会社に依存しない生活が送れる事

会社に依存しないということは、給料以外に安定した収入源を得なければなりません。

 

私は副業したり株を運用することで給料以外の収入アップを目指しています。

 

ブログ運営で月10万円、株の運用で月10万円。合わせて20万円くらい副収入があれば最悪会社を辞めても、生きていくことはできます。

 

仮に転職をすることになってもダメージは少なくて済みます。

 

まさにこれが強さなのです!

 

お金があれば、会社の言いなりになることなく、もっと自分の意見を主張することができることでしょう。

 

転職に関する情報ならこちらをおすすめします

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

正社員、契約社員の仕事情報から探す【バイトルNEXT】

経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業

 

休日出勤の楽しみ方

そんなつまらない休日出勤ですが、せめて少しでも 楽しいことはないかと考えてみました。

 

休日出勤しなければいけないのはどうしようもありません。

 

そこはもう諦めて、つまらない休日出勤を、工夫次第で少しは楽しくする事はできるのか考えてみました。

 

 

電車が空いている

休日出勤の一番いいところは、電車が空いていることです。

 

平日では考えられない空き具合です。

 

朝や夕方の通勤ラッシュに巻き込まれることなく、のんびりと静かな朝を感じながら出勤することができます。

電車は座ることができるので、1時間自分の時間をのんびりと本を読んだり音楽を聴いたりブログを書いたりしながら過ごすことができます。

 

 

仕事がものすごく暇

休日は平日に比べて仕事がかなり暇と言えます。

 

電話もほとんどかかってきませんので、自分のペースでのんびりと仕事をすることができます。

 

上司もいないので嫌味や厳しいことを言われることもないので、精神的に楽です。

 

時間が余って何をしようかと思うくらいです…。

 

休日を潰して出勤するのは勘弁してもらいたいところですけれども、実際に出勤すればマイペースに時間を過ごすことができます。

 

待機時間が多いので、会社の中でスマホを使って、一つぐらいブログの記事を書き上げることができます。

 

本当はダメなことかもしれませんけれども(いや…絶対にダメなんでしょうけど…)、ある程度割り切って待機時間を過ごさせて頂いています。

 

スマホを弄っていることぐらい誰もがやっていることなので、逆にブログを書くことがカモフラージュされている感じだと自分に言い聞かせています。

 

職場にほとんどを人がいないので、よほど監視カメラを設置しているとかではない限り、会社の監視は行き届いていないわけです。

 

早くそんなこと気にしなくていいくらい、仕事以外に収入を入れるようになりたいですね…。

 

文句言うならいつ辞めてもいいんだぞ、という気持ちで働きたいです。

 

 

スーツを着なくては 良い

私の会社では休日出勤は、スーツを着て来なくていいっていう謎のルールがあります。

 

土日は訪問者もいません。会社自体は閉められています。

だからスーツじゃなくても良いのです。

 

そうなるとジーパンなんかで出勤するのですが、その時点でどうしても仕事気分になることができません。

 

ちょっと行楽に行く感覚で、仕事に入っている感じです。

 

 

自分なりにラフな格好をして出勤できるのは、とても気持ちいいですね。

 

 

帰りもスーツではないので、ジーパンのままちょっと寄り道してみたり、いつもとは違う気分を楽しめます。

 

 

ランチは豪勢に

普段は 昼食はかなり控えています。

 

お腹いっぱいに食べると、余計に疲れてしまったり眠気が襲ってくるのでランチは、プロテインで押さえたりしていることもあります。

 

しかしながら休日は忙しくないので、多少を眠気が襲ってきても問題ありません。

 

せめて、日曜日くらいランチを食べる事で、休日出勤の憂鬱感を紛らわせています。

 

そういう訳でランチは豪勢にしています。

 

わざわざ日曜日に仕事に出てきているのだから、それに対する自分へのご褒美という意味合いもあります。

 

休憩時間に、ホテルのランチバイキングに行ってみたり、普段気にはなるけどなかなかいかないお店など足を踏みれるチャンスの日ともなります。

 

昼ごはんが豪華だと気分もいいですね。

 

動きは鈍くなりますが、まぁ日曜くらいは許してください。

 

 

仕事帰りにご褒美を

休日出勤に入る前に 仕事が終わったとのご褒美を決めておきます。

 

これがとても重要です!

 

このご褒美があるから、頑張れる。

楽しみがあるからつまらない仕事でもできるのです。

 

仕事帰りに一杯お酒を飲んだり、スタバでノマドをしてみたり、帰りに書店で本を買ってみたり…。

 

ちょっとしたご褒美を決めておくことで、休日出勤のモチベーション上がることでしょう。

 

みんながやりたがらない仕事をするのだから、少しぐらい自分のためにお金を使ってもいいのではないでしょうか。

 

 

ご褒美を設定する事で、クソ&クソな休日出勤も少し楽しくなるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました