ブロガーは1日1万文字が推奨されますのでその倍にチャレンジしてみます

よく雑記ブログを書くなら「1日1万文字」ということを聞きます。

とりあえず成功したいなら、1日1万文字書こうよ、という話ですね。

 

というわけで仕事の休みの日は文章を書きまくっていることに挑戦しています。特に子供が学校に行っている平日はブログに集中する絶好の機会でもあります。

 

 

ただ、私が取り組んでいるのは1日1万文字の倍の2万文字です。

 

 

と言いますのも、人と同じことをやっているようでは、なかなか成功することは難しいと思います。

 

すでにブログの世界は飽和状態ですので厳しい戦いになることが予想されます。

 

数年に渡りブログを書き続けている先駆者に追いつこうと思うなら、それを越える作業量がどうしても必要になってきます。

 

5年間、雑記ブログを運営された方においつこうと思えば、その5年分を縮める作業が必要になってくるのですね。

 

 

文章スピードを求める

文章を大量に書こうと思えばある程度テクニックが必要になります。

 

私が文章を大量に書くときに使っている方法が、 音声入力とタイピングの併用です。

 

普通にライティングしていると1時間で2000文字~3000文字が限界です。

 

そこでスピード入力を実現させる為に音声入力を取り入れました。

ちなみにこの記事も音声入力とタイピングの同時併用で行っています。

Googleドキュメントを使えばそれが可能です。

 

音声入力と同時にタイピングを行うことで音声入力の誤変換や誤入力を修正しながら記事を作っていっています。

 

特に長文を書く場合は音声入力が威力を発揮します。

2000文字ぐらいでしたらライティングも音声入力も大差はありません。

しかし、5000文字を超えてくる長文の場合は、明らかに音声入力の方が早いです。

 

ライティングだけで5000文字書こうと思えば2~3時間かかってしまいます。

 

しかし音声入力なら5000文字級が1時間以内で終えることができるのですね。

 

自分が普段喋っている感覚で文字を入力していきます。

もしなかなか記事を書くのが進まないと思っておられる方は、一度音声入力を試してみてください。

慣れてしまえば、そのスピート感にやみつきになる事かと思います。

 

 

ブログは筋トレ

ブログの記事を作るということは、筋トレにいているかと思います。

 

毎日記事を書いていると、余裕を持って記事を書く事ができるし、スラスラと文章が浮かんできます。

 

しかし一旦、文章を書かないようになり、休みがちになると全く書けなくなってしまいます。

 

最初はなかなか筆が進まず、時間ばかりかかってしまうので苦痛に感じますが、そのうち慣れてきます。

 

慣れたら楽なもので、逆にブログを書かないと気持ち悪いくらいになります。

 

まさに筋トレと同じです。

筋トレもしないと筋力が落ちていきますし、久しぶりにすると、こんなにもきついものかと苦しむ事になりす。

続けていれば楽になってきます。苦痛が快感に感じられるくらいですね。

 

ブログも筋トレも継続すること、どんどん楽になり、作業そのものが快感になってくるのです。

 

 

筋肉がつくことでより筋トレが楽になるように、ブログも知識がつき作業手順に慣れることでよりライティング作業が楽になります。

 

 

2万文字書くことは可能なのか

実際に文字を書くべく作業をしてみましたが十分に可能だと思います。

1日に2000文字の記事を10記事程度か、5000文字の記事を4記事程度書くことになります

 

その時にも威力を発揮するのが音声入力です。

 

音声入力でしたら1時間で5000文字から1万文字という長文を作り終えることができます。

 

 

これには慣れが必要です。

 

ある程度スピード感をもってペラペラと喋る事で、Google 音声入力が広い上げていき記事となっていきます。

記事を書いているという意識はなくて、友達とおしゃべりをして乗りに乗っている感じです。

 

一旦、集中し始めると ものすごい量を書いたりしゃべったりすることができます。

 

いかにこの集中モードに入るかということが、重要だと思います。

 

 

だらだらと作業を進めていても全く書けません。

パソコン前でネットサーフィンしながら書いているようでは…1時間頑張っても1000文字とかその程度です。

 

それでは大量の記事を作り上げるのは不可能ですね。

 

時間が経つのを忘れるぐらい、一心不乱に集中して記事を書いていく事ができるかどうかにかかっています。

 

 

自分のイメージを大切にする

自分はブログを書くのが苦手でなかなか書くことができないという思い込みが 苦手意識を生み出しているのかもしれません。

 

実際に公開されているブログを色々読んでみますが、そんなに大差がないものです。

 

みんな同じようなところから情報を収集して、そして頭の中で整理してアウトプットしています。

その作業の繰り返しなのです。

 

だから出来上がる記事のレベルも大差がないというのが実情です

 

となれば何が左右するのかといえば、やはり量です。

 

1日に1000文字程度の記事を1つ公開するブログと、毎日1万文字書いて公開していくブログでは10倍の情報量の差が出てきます。

 

この積み重ねが 1週間1か月1年と続くことで、縮めようのない大きな差になってしまうのです。

 

実際にブログやアフィリエイトで成功している方は作業量が多いです。

 

1日30分片手間で日記みたいな記事を更新して、アクセスを増やすというのは非常に難しいと言えるでしょう。

 

 

もし自分も成功したいなら、実際、成功しているイメージを持ちましょう。

100万PV集めているブログを想像しながら、記事を書いていけばいいのです。

 

この記事によって世の中に多くの情報を発信しているんだ、私はブログで稼いで生活しているプロなんだというイメージです。

 

だから絶対にやり遂げなければならない!という強い気持ちで作業に取り組んでいきましょう。

 

 

ブログで成功するか成功しないかわからない不安なイメージは捨ててしまいましょう。もうすでにブログで生きていっているつもりで、記事を書いていけばいいのです。

 

もう後には戻れない背水の陣で臨むしかないのです。

 

このブログで妻も子供も食べさせてあげているんだ。自分の生活の糧なんだ。

必死になって記事を書いて、ちょっとでも多くの公開しようと作業に臨むことでしょう。

 

私はプロブロガー。世の中に多くの情報を発信しそして影響を与える存在だというつもりで、積極的に記事を書いていきましょう!

 

 

いかにかく時間を確保するか

休日でしたら1日に2万文字でも書くことが可能ですが、さすがに仕事の日は厳しいものがあります。

毎日2万文字更新できれば、それにこした事はないのですが、時間がありません。

それでも自分の時間が許す限り、記事を書き続けています。

 

朝起きたらネットサーフィンをして、情報収集をして記事のネタを探せます。

そして電車通勤の途中に、フリック入力で記事を作り上げていきます。

 

休憩時間にも記事の続きを書き上げで行きます。

 

仕事帰りにはファーストフードや喫茶店に寄って、音声入力を利用し下書きを作り上げていきます 。

 

帰ってきたら記事の下書きを元に、公開できるところまで校正をしていきます。

 

ブログでどれだけ時間を取れるかというのは、自分のブログに対する熱意と比例するかと思います 。

 

ブログで何が何でも成し遂げたいと思う方は、あの手この手を使って、必死に記事を書き進めていくかと思います。

 

まあブログは趣味の中の一つ程度で、そんなに本気ではないっていう方は、休みの日や気が向いた時にちょこちょこっと更新する程度になってしまうと思います。

 

人の 時間は同じです。

 

皆平等に24時間持っています。

 

その中でいかに時間を作り上げていけるかは、まさに自分がどれだけブログに情熱を打ち込んでいるかという話になるのです。

 

 

迷ったら大量に読む

記事が書けなくなったり、行き詰まった時はインプットが足りない場合がほとんどです。

 

自分の頭の中の情報や知識が少ない量ではどうしようもありません。

書きたくて書きたくて仕方がない、いろんなことが頭の中から溢れ出してくるところまでインプットしなければなりません。

 

どれだけたくさんインプットできるかが、重要になっていきます。

 

ブログが書けないと思った時は、まずはインプットの量を増やすことを決定しましょう!

 

図書館に行って、興味のある本を10冊ぐらい借りて一気に読んでみましょう。

 

きっと書きたいと思うようなインスピレーションが湧いてくるかと思います。

 

ブログも徹底的に読み漁りましょう。

いろんなジャンルのブログを読み続けるうちに、是非とも自分自信が情報を発信したいと思えるようになるでしょう。

 

 

記事を書くと疲れる

1日万単位でブログ 記事を書くと、それは疲れます。

 

文章を書くのって脳をフル回転させます。

 

想像以上にエネルギーをも使い、ブログの記事を公開した後ってぐったり来ますよね…。

と同時に充実感を感じられることでしょう。

 

何かをやり遂げるって素晴らしいことです。

 

ブログの記事を たくさん書いていればお腹が減ってきます。

クタクタになってお腹ペコペコになって 、の後に食べるご飯はとびきり美味しいし、夜はぐっすり寝られることでしょう。

 

 

今日 1日を充実させるためにも、本気になってブログを書いてみましょう!

 

1日1万記事は達成可能なはずです。

 

さらに加速度的にアクセスを伸ばしたいなら、さらに文字数を書きましょう!

実際に1日に1万記事を書くブロガーはゴロゴロいると思います。

しかし、その倍の2万文字といえばなかなかいないことでしょう。

 

毎日は無理でも仕事の休みの時は、自分の限界までチャレンジしてみたいと思います。

 

 

質の向上も取り組んでいく

たくさん記事を書けと言っといてなんですが、ただ文字数を増やすだけではあまり意味はありません。

むやみに記事を長くして文字数を増やすだけでは、マイナス面の方が際立つくらいです。

 

 

記事の量とともに、しっかりと質を上げていかなければいけません。

 

 

単純に文字数を増やすために、引用ばかりしたり、同じことの言い回しを繰り返したりしているようではSEO的にもマイナスになるかと思います。

たくさんで文字を書くけれども、クオリティを高めていく事を忘れないでくださいね。

 

量も質も上を目指していくことが重要です!

 

結局はどちらも重要なのです。

 

二者択一の問題ではなく、いかに両立を目指していくかの話です。

 

記事の量ばかり重視して質が低下したら意味はありませんし、どんなに良い記事を書いてもその数が少なければ伸び悩みます。

 

 

文字数が多い当検索エンジンに引っかかりやすくなる

記事の質も必要だという話ですが、それでも量をこなすことが大事になってきます。

 

最後にこの理由を述べさせていただいておしまいにしようかと思います。

 

ブログはいかに検索エンジンで、検索されるかにかかってきます。

 

たくさん記事を書くことで、様々なキーワードがヒットしやすくなるのです。

 

自分が意図しないようなキーワードの組み合わせで、アクセスが集められるようになってきます。

 

文字数の少ないブログはどうしてもSEOに弱くなってしまいます。

濃密な記事であろうと1,000文字では検索エンジンの目に止まりにくくなります。

 

文字数の多い記事は、時間をかけて伸びていく傾向があります。

 

最初はなかなか検索エンジンにヒットしませんが、時間の経過とともに徐々に順位が上がってきます。

 

実際にレベルの高い人気ブロガーの記事は、3000文字以上の長文が多いと思います。

 

やはりこれぐらいの文字数でないと、検索エンジンに引っかかってきにくいようです。

 

私のブログでも文字数が多い方が、明らかに読まれているようです。

 

逆に1000文字以下の記事は、ほとんど検索されずアクセスもされないようですね・

 

長文記事は書くのは大変だけれども、世の中に出やすくなるので、価値はあると思います。

 

記事の質を気にしながらもボリュームのある記事を作っていきましょう!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました