10000時間の法則はブログにも当てはまりそうです。モンハン7000時間と聞けば実現可能な気がしませんか?

このブログも1000記事まであと少し。夏くらいには1000記事の達成はできるかなーと思っていました。

世の中100記事ブログはたくさんありますが、1000記事ブログとなれば途端に数が減ってきます。

 

そんな中、イケハヤさんのブログになかなか衝撃的な事が書いてありました。

 

「事業立ち上げは、最初のうちは儲からない」という当たり前すぎる真理を、

多くの時給脳サラリーマンに伝えたいですね。ここで挫折する人がほんとに多いんで。

せめて10,000時間投下してから物言ってくれ、って感じです。

まだ仮想通貨持っていないの?

 

ブログを始めるなら1000時間作業してスタートライン。

 

やるなら10000時間を投入しろ!って事ですね。

 

まぁ言わんとする事よくわかります。

 

結局、作り出せるコンテンツそのものには大差がないと感じる事がよくあります。

 

よほど才能が飛び抜けている人でない限り、みんなどんぐりの背くらべなんですね。

 

 

じゃか何がブログやアフィリエイトでの差を生み出すのでしょうか?

 

ズバリ作業量ですよね。

 

 

結局、そのブログからどれだけ数多くのコンテンツを送り出せるかという事に尽きます。

 

中には100記事で月収10万円なんて話を聞きますが、そういう話は特殊な例だと思っておいたほうが良いかと思います。

 

私は500記事くらいからやっと安定的にアクセスを集められるようになり、毎月安定的に通帳にお金が振り込まれるようになりました。

 

凡人はこれくらい時間がかかるものです。

 

いまでやっと1000時間の壁を超えたあたりでしょうか?

 

私は1記事を1時間程度で書き終わらすように心がけていますので、記事数を見れば1000時間は間違えなく超えてそうですね。

 

 

1000時間超えて思ったことは

やっとスタートラインに立てたかなぁという事です。

 

「えぇ!1000時間超えてスタートライン?」

 

そうです。

安定的にキーワードで流入が入りはじめて、更新した記事がすぐにインデックスされるようになりました。

 

また関連記事が増えてきたので、内部リンクが非常に貼りやすくなってきました。

 

過去記事をリライトすると、検索ランキングが上がりやすくなりました。

 

 

これらの現象を総称してドメインパワーがついて来たといっていいでしょう。

 

やっとまともに私の記事が世の中に送り出せる状態になったという事ですね…。つまりやっとこさスタートラインに立つことができたとも言えるでしょう。

 

 

上には上がいる世界

私はやっと1,000時間をブログに費やすことができましたが、上には上がいます。

 

次の目標は1000記事の達成ですが、できれば5000記事、10000記事と果てしない目標を達成したいですね。

 

 

要はブログに10000時間投入しろ!という事です。

 

10000時間は正直、仕事をしながらじゃ無理な話です

 

ただ月に10万~20万円ブログで収入を得られれば、最低限のギリギリの生活はできそうです。

 

仕事がなければ、ブーストをかけて社畜魂全開で一日12時間くらいは作業が可能なはず。(実際に仕事に使っている時間は通勤時間含めてそれくらいです。)

 

年間300日ブログに取り組むとすれば12時間×300日で3600時間。

おっ3,4年で10000時間達成できそうですね。

 

なんだか不可能な話ではなさそうです。

 

10000時間の先には何が待っているのでしょうか?

 

プロになるには10000時間練習をしなければならないという10000時間の法則があります。

 

プロブロガーになりたければとりあえず、1000時間作業をしてスタート地点にたって10000時間を目指せという事になる事ですかね。

 

 

好きでないとできない

10000時間という時間を費やす事は可能なのでしょうか?

 

ここではっきりいいますが1000時間であろうが好きでないと無理です。

 

ブログに向いている向いていない、そこを決定的に決めるのは「好きであるかどうか」にかかってくるでしょう。

 

結局、どうしても嫌だったりつまらない事を長期で継続するのは難しいのです。

 

でも、それが楽しい事ならどうでしょうか?

 

 

毎日、お酒を飲んで数時間へべれけになっているのはとても楽しいですよね!?

 

好きなテレビゲームを一日12時間しても苦痛ではないですよね?

 

自分の好きな釣りで一日中、没頭していても、何の苦痛でもなくただ楽しくて仕方がないですよね。

 

 

ブログも同じですね。

 

 

記事を書くのが楽しいから1000時間でも費やす事ができるのです。

 

最初は面倒と思っていても、いざ記事を書いてみると楽しくて楽しくて手が止まらない…。

 

 

気づけば連続で5記事書き上げていた…なんて状態になる必要があるのです。

 

 

あぁーつまらない。記事を書きたくても、ぜんぜん面白くないし、つまらないし、やりがいかんじないし全く先に進まない…。

 

こんな状態でブログを続けるのはただの苦痛でしかなく、無理してブログを続ける必要はないかと思います。

 

 

ブログの記事を書いていて「楽しい」と思える方は才能あります。

 

最初はブログ記事を作りのが下手くそでも、学び続けて書き続けていくことでスキルはアップしていきます。

 

「楽しい」という気持ちはブログ運営における最大の才能なのですね!!

 

楽しい事なら1000時間なんてあっと言う間に達成可能ですよ。

 

 

芸能人がモンハンのプレイ時間が7000時間超えた!って言ってますよね。

 

ブロガーはモンハンがブログに変わっただけですよ。

 

ブログ執筆時間をマインクラフトやモンハンプレイ時間に置き換えてみましょう。

 

なんかできそうな気がしませんか?

 

必要なのはマインクラフトで遊ぶような楽しさをブログで感じる事ができるかどうかだけなのです。

 

ゲーム実況配信者なんか見ていると30時間配信を続けていたりぶっ飛んでいますよね…。ブログで言えば30時間連続執筆という事になります。

 

まぁそこまでとは言わないですが、好きなことであれば、苦にならずに時間を積み重ねていけるという事です。

 

 

実際に10000記事のブログを見て回りました

いやいや、脱帽させられますね。

 

一日に何記事も更新され続けています。

もちろん記事の外注もされているのでしょうが、その作業時間含めて…すごい。

 

 

そして10000記事も書けばさまざまな検索ワードがヒットしまくって鬼のようにアクセスを集めてくれる事でしょう。

 

 

普通の人はそこまでできません。

 

多くのブロガーはまずは100記事を目指して記事を書いていきます。

 

その100記事の大変さに嫌気がさしたり、飽きてしまって更新が途絶えるパターンが非常に多いのです。

 

100記事が100回で10000記事です。

 

ようはそれだけのボリュームがあるという事ですね。

 

だいたい平均的な人で1時間で2000文字くらいの記事をかけるので、2000文字×1万時間で2000万文字ですか?

凄まじいですね。まさにプロの領域です。

 

 

2000文字で10000記事、10000文字で2000記事どっちもすさまじいアクセスを誇ってくれそうな気がします。

 

それだけ作業をこなしているのだから、ライティングスキル、ライティングスピードも相当高いという事になるでしょうね!!

 

 

私はどこまでいけるかわかりません。

 

いつ仕事を辞められるかもわからないので、10,000時間は実現可能かどうかはわかりません。

 

しかし、ブログの記事を書くこと自体は楽しいと思っていますので、これからも継続的に記事を増やしていきたいと思います。

 

<関連記事>平均2000文字を1日10記事書けるのかチャレンジしてみました

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました