SEO対策の答えはGoogle検索が導き出してくれます。

サイト運営においてはSEOは、非常に重要です。

 

Google検索において、自分のサイトが上位に表示されないことにはアクセスは増えません。

 

安定的にアクセスを得るためには、様々な複合キーワードにおいてある程度上位表示を獲得しなければなりません。

 

SEOについて考える時、何が正解で何が正解でないのかわからなくなる時はありませんか?

 

自分が狙っているキーワードで記事を書くときに、正しくかけているかどうか?不安に思うこともありますよね。

 

そんな時どのように正解を探し出せばいいのでしょうか?!

 

 

答えは検索すれば出てくる

SEO に対する答えは簡単に見つけることができます。

 

実際に自分が狙っているキーワードで検索をしてみればいいのです。

 

そこで上位表示されてくる個人サイトやブログなどが、実際にSEOで上位表示を獲得しているということになります。

 

もし自分もSEOにおいて上位を獲得しようと思うのならば、実際に上位表示されている3つぐらいのサイトをターゲットとし、そこを越えて行かなければなりません。

 

新しく記事を書く上で、いかに既存サイトを越えていくかが、重要になってきます。

 

 

ライバルサイトを上回る質と量を確保する

実際に狙っているキーワードを検索して、それを上回ると言うことが必須になってきます。

 

SEOにおいては、記事の質と量が物を言ってくることになります。

 

もしSEOで上位表示を獲得しようと思うなら、ライバルとされるであろうブログやサイトを圧倒的な記事の質と量で上回るようにしたいですね!

 

「ユーザーにとって最適な情報」を提供するということが求められます。

 

そのためにもブログ記事を作るにあたって、質と量にこだわっていくことが必要となるのですね。

 

 

Googleの求めるものを理解すること

Google検索とはいったいどのようなものなのでしょうか?考えてみたいと思います。

世界のサイトの中から、最もユーザーに適した情報を提供することをポリシーに運営されています。

 

世界でもっとも使われている検索サイトであり、検索の代表的存在であります。

 

つまり検索表示で上位獲得をしようと思うのなら、自分の狙ったキーワードで、世界中のどのサイトよりもユーザーに適した情報を提供しなければならない、という事になります。

 

自分のサイトに訪問していただいて満足して帰っていただくことが、Googleの評価にもつながるのですね。

 

だからこそGoogleは常に最適なアルゴリズムを作り出し、最もユーザーの求める答えを導き出せるようにしているのです。

 

逆に言えば、誰の役にも立たない情報は、自然と淘汰されていくようになっているのです。

 

 

常に答えは提供され続ける

SEOにおいて正解とは、実際に上位検索されるサイトだということをお伝えしました。

 

つまり今後 Googleのアルゴリズムが変わろうとも、Google の求める答えは実際に検索してみればわかるということになります。

 

つまり記事を書く前に、実際に検索をしてみて、どのような サイトやブログが上位表示されているかを調べてみることが大切です。

 

ひと通り上位サイトを閲覧してみましょう。

 

その上で、それらを超える記事を作っていくことが大切になります。

 

可能ならば…上位サイト10サイトの最適な情報を統合しまとめた上で、自分の主張や意見を取り入れていくくらいの勢いで作れば、そこそこの ランキングには食い込んでくるのではないでしょうか?

 

さらにサイトの精度を高めていくために、はてなブックマークで検索をかけてみたり、Twitterのキーワード検索から、有力な情報はないか調べて見ることも大切です。

 

そこに良い情報があるのならば、自分の記事の中に取り込んでいき、より良いものを作り上げていきましょう。

 

Google検索、はてなブックマーク、Twitte。それらの中で勢いのあるコンテンツを意識しすることがユーザーの求める答えを提示することにもつながるのです。

 

既存のコンテンツ以上の質と量を確保しながらも、TwitterやはてなブックマークなどのSNSでの拡散も意識した記事を作っていきましょう。

 

なかなか大変そうですが、これくらいしていかないと、後発組はなかなか検索上位に顔を出すことはできません。

 

 

リサーチが大切

キーワードが決まれば、すぐにでも記事を書きたくなる事でしょうが、まずはリサーチをしていきましょう。

 

リサーチによって現状のベストアンサーは何かという事を知ったうえで、記事を作り上げていく事が重要になってきます。

 

事前にどれだけ情報を収集して、記事の中できれいにアウトプットできるかが勝負になってきます。

アウトプットするにはインプットが欠かせません。

 

なんの参考サイトもなしで、一万文字でも書ける!というならいきなり本文作りにはいってもいいでしょうが、そうでない限りはインプットをしてからになります。

 

記事が書けなくなった時も、結局はインプットが少ないのが原因で知識をつけていく事でしか解決はできません。

 

少し気になったり、役立ちそうなキーワード、記事作りに役立ちそうな情報を探していっては、どんどんメモしていきましょう。

 

記事のアウトラインを整える

記事を作っていくにあたり、まずは見出しから作るのが基本です。

 

既存コンテンツなどを参考に自分なりの流れに沿った見出しで、記事のアウトラインを作り上げましょう。

 

記事の見出し作りでブログの半分以上は内容が決まってしまいます。

見出しを書き終えれば、記事の半分は完成したようなものです。

 

体で言えば記事が骨で、本文が筋肉みたいなものです。

まずは骨格から作り上げる事で全体を把握さながら記事を作っていく事ができます。

 

 

ライティングはとことんユーザー目線で

実際に記事を隠れ際には、どれだけユーザーの立場にたるかが勝負の別れ道です。

その記事がコンテンツになりうるか、ただの日記や感想文でおわるかに関わってきます。

 

次のような事を意識していきましょう

  • まずはユーザーの気持ちになってみましょう。
  • ユーザーは何をもとめて検索にたどり着いたのか。
  • その答えに何を求めているか考えます。
  • 記事本文は読みやすく作りましょう。
  • 文章が長くなりすぎていませんか?
  • 場合によってはユーザーの代弁も必要です。

 

ことこんユーザー目線に立って記事を書くことで、価値ある記事を作り上げていく事ができるのです。

 

ユーザーは疑問をもって検索行動にでます。

 

ユーザーが何に疑問をもって、自分はそれに応えているのか?考え続けなければなりません。

 

検索キーワードの裏に隠されている、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作り上げていく必要があるのです。

 

世の中にはたくさんのサイトであふれかえっていますが、ユーザーに最適な答えを提示できたサイトがGoogleから評価されて検索上位に表示される事になります。

 

 

自分の書いた記事は、検索して訪問された方の疑問に答えられているのかもう一度見直してみましょう!!

 

既存コンテンツに、劣ってはいないか再度、キーワードで検索をかけて自分の時期と比較してみましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました