サラリーマンが副業する際に気をつけたい事。会社バレを避けてトラブルを回避しよう

サラリーマンの中には給与収入以外に所得を得ている方も多いはずです。

そんなサラリーマンにとって気になるのは、副業しているけど、会社にバレないだろうか?

バレたらどうなるの?そもそもどうやってバレるのか?という事だと思います。

 

 

副業規定について

まずは勤務先の就業規則を確認してみましょう。

 

会社によっては明確に副業を禁止している場合もありますし、副業可能な会社もあります。

 

さらに、副業について明確に規定されていない会社も多いです。

 

 

まずは会社の就業規則を確認しよう

就業規則のひな型とされるモデル服務規程にはどのように記載されているか見ていきましょう。

 

副業という言葉はでてきませんが、服務規律の遵守事項として書かれています。

 

以下のような文言が記載されている就業規則は多いのではないでしょうか?

  • 勤務中は職務に専念し、正当な理由なく勤務場所を離れないこと。
  • 許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。
  • その他労働者としてふさわしくない行為をしないこと。

 

具体的には複雑禁止!とまでは言っていませんが、”本業に専念しなさいよ”という事です。

 

副業自体に問題はありませんが、勤務中は仕事に専念して、副業をやりすぎて睡眠不足になって本業に影響を与えるような事はないように!と言う事でしょうか?!

 

副業自体を禁止している訳ではなく、本業専念という形で遵守事項として決めている会社が多いようです。

 

就業規則は当然会社によって異なってきますので、まずは自分の勤めている会社の就業規則を確認してみましょう。

 

 

何が副業で何が副業でないか

さて、次に難しいのが何が副業で何が副業でないかは明確にされていないという事です。

株の取引をしていたから、それは副業になるのかと言えばそうではないと思います。

 

例えばデイトレードをしていて、仕事中に取引をして、頻繁に売買しているならそれは違反ですね。

 

就業規則に定められている本業専念に違反するからです。

 

では、仕事の時間外に少し取引をしたり、積立投資をするのはどうなるのでしょうか?!

 

ぶっちゃけ大丈夫だと思いますよ。

 

株取引自体は社会人の多くの人がしている事だからです。

 

おそらく経営者も、管理者も自社の株をもっているだろうし、資産運用の一貫として投資をしていると思われます。

 

要は「本業」に影響を及ぼさない限りは、資産運用をしているからただちに就業規則違反とする事はできないでしょう。

 

不動産投資も同じですね。不動産の管理を委託してしまえば実質なにもする事はありません。

 

ですので、本業に専念できる訳です。

 

ブログも同じです。

仕事中にSNSをしたり、記事を書いたりしたら問責対象となりますが、仕事後や休日にSNSやブログを書くって誰でもしている事だからです。

 

副業に関する具体的な規定がなされていない場合は、本業に影響を及ぼしていないという事がキーポイントになりそうです。

 

 

会社にバレないようにしよう

今回はネットビジネスや株取引など、他の会社に属さない個人事業主として副業をする場合の話となります。

 

まず、わざわざ副業の事を同僚にしゃべったりする事は厳禁です。

 

人はお金が儲かるとついついしゃべりたくなります。

 

「株を買ってこんなに儲けたんだよ。」

「ブログしているだけでこんなに収入があるよ。」

「家の不要品をメルカリで売ったらこんなに儲かった!」

 

そういった自慢話から管理者や経営者の耳に入って問題となる場合があります。

 

どんなブログを書いているんだ?と調べられて会社の悪口を書いているじゃないか!けしからん!っていう風になってしまいます。

 

副業の多くは、自分がしゃべらない限りそうそうバレるものではありません。

 

自らしゃべって墓穴を掘ることのないように、気をつけましょう。

 

人の自慢話を聞いてたら、どのような感情を抱くか想像してみましょう。

 

うっとうしいし、嫉妬心を抱くかもしれません。そのような感情がもとで会社の上司に告げ口される可能性もでてきます。

 

稼いで通帳にお金が入ってくるのをニタニタ眺める事はしても、その話を会社の人にはしないように注意しましょう。

 

 

ブログで本名を出したり顔出ししない

最近は顔出しブログが流行っているようですが、顔を出したり、本名を語った場合、身バレして会社にもバレる可能性が飛躍的に伸びます。

 

ブログをオープンしていると、誰が見るかわかりません。

 

 

身近な人がたまたま自分のブログを訪問して、あっ、この人ブログをしているんだという事で副業がバレてしまう事もあります。

 

 

例えば会社の人にも公開している自分のTwitterやfacebookなどSNSで副業の事を書き込んでバレる事もあります。

 

SNSは、ついついうっかりいらない事を書き込まないように細心の注意を払いましょう。

 

プライベート用のSNSアカウントと、匿名ブログ用のSNSアカウントを使い分けることも必要になってくるかと思います。

 

ブログは顔出し、名前だししてナンボのものと主張する方もおられますが、サラリーマンブロガーにとってはデメリットの方がはるかに大きいので注意しましょう。

 

顔出ししなくても十分にブログやアフィリエイトで稼ぐことは可能ですよ!!

 

 

普通徴収を利用しよう

会社にバレるパターンに、住民税からバレるという事があります。

 

副業では雑所得に計算される場合が多いのですが、これがやっかいなのです。

 

サラリーマンは会社から住民税が天引きされますので、住民税増額通知が会社にいって本業以外に収入が発生している事がバレてしまいます。

 

会社に副業がバレるのは、だいたい自分でしゃべるか、住民税かのどちらかです。

 

確定申告の際には、住民税の支払いを特別徴収から普通徴収に変えるように心がけましょう。

 

 

会社にバレた時の言い訳

確定申告の時に普通徴収を選択しました。

 

それでも、市役所の職員がうっかり住民税増額通知を会社におくってしまったりで、会社バレの可能性は0ではありません。

 

給与の担当をしている総務の方がそこまで気付かないかもしれませんが、万が一住民税の事を聞かれた時に、答えられるように適当な答えを用意しておきましょう。

 

あくまで本業には影響を及ぼしておらず、勤務時間外にしている事だと主張しましょう。

 

最終的に本業に影響をきたすかどうかの判断は会社にゆだれられるのですが、常識の範囲内ならそこまでうるさく言われないと思います。

 

会社では何で利益を出しているのか、どんな事をしているのかはわかりません。

 

会社がわかるのは確定申告をした事により、住民税の金額に変更が出たという事だけです。

 

要は「確定申告した。」という事しかわからないという訳です。

 

 

会社がどんなに調べても、その内容まではわからないので本当の事をいう必要はありません。

 

合理的で会社が納得してもらえるように、言い訳を考えましょう。

 

親族の農家の手伝いをした、とかメルカリで思わぬ利益がでたので確定申告をした、とか言っておけば会社にも納得してもらえるのではないでしょうか?!

 

 

リスクがある事を認識しておこう

副業に関して会社に絶対にバレないとか、バレても大丈夫とか言い切れる訳ではありません。

 

最後は副業に関する考えや、副業に対する対応は会社によって異なります。

 

副業が許されている会社以外で、副業をする場合はそれなりにリスクもある事は覚悟しておくべきです。

 

そもそも会社に目をつけられるほどに稼げているという事は、会社の給料の何倍も副業で利益があがってきているという事です。

 

まぁその会社にバレる頃にはそれなりに副業も軌道に乗っており、副業を本業とするべき時期とも言えるのではないかと思います。

 

私は会社にバレるリスクよりも、給与所得以外に所得を得るリターンの方がはるかに大きいとおもうからこそ副業をしています。

 

さっさと本業を越える収入を生み出してしまえば、副業はリスクでなくなります。

 

 

副業はあくまで「副」である事を忘れない

本業についている間はあくまで本業第一という事を忘れないでおきましょう。

 

会社という組織に属する以上、まずは仕事第一である姿勢が大切です。

 

仕事中に副業に取り組んでみたり、本業以外の事をする事は明らかな就業規則違反です。

 

最悪、懲戒処分の対象にもなり得ます。

 

本業の仕事に全力を尽くしつつも、無理のない範囲で副業をしていく事が大切かと思いますよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました