格差社会でいかに生きていくか?これからの日本で生き抜く為に

世界の経済、日本の経済は2008年以降確実に上向き続けています。2008年リーマンショック以来、中規模の暴落はあれども、それを乗り越えながら株価は地道に回復を続けてきました。

実際に企業も大きな利益を出しており、決算を見てもその好調ぶりを伺うことができます。

 

ただ、そんな良い景気だって気はしませんよね…。

 

 

別に生活は何も変わっていませんし、私たちのお給料は一向に上がりません。

なーんにも変わっていないじゃん…どちらかと言えばこれから、不安の方が大きいよ。

 

仕事をいつまで続けていられるかも不安だし、ローンを抱えて子供を育てる事だって不安。

自分たちの老後はいったいどうなっているかも不安だし、ぜんぜん景気は明るくないんじゃない?!

 

どちらかと言えば影の部分が大きくなった気がするんだけど…って声が大半です。

私のまわりでもあまり良い話を聞きません。世間の中ではそういう反応だという事ですね。

 

 

格差が広がっただけの話

いい話を聞かないっていうのは自分のまわりがそうだって事ですね。

同じサラリーマン同士で話をしていれば、そりゃそうなるでしょうね。

 

だって同僚はみんな同じ状況ですからね…ロクに給料も上がる事なく不平不満を言いながら働いている訳ですからね。

 

でも、お金を持っている人は、さらにお金を増やしています。

 

これが現実…。

 

1000万の資産を持っている人は2000万に、1億持っている人は2億に…確実に増えてきているのは事実です。

 

特に株高は顕著で、ここ数年で億り人はものすごく増えたのではないでしょうか?

 

お金がないないないと嘆いている人がたくさんいる一方で、着実に資産を伸ばしている人もたくさんいるのが現実です。

 

要は、格差が広がっているっていう事です。

 

お金がない人は、いつまでたってもお金はないままだし、お金を持っている人はその資産を着実に伸ばしていっています。

 

 

格差は広まって当然

結局、世の中の仕組みをわかっていない限りはこの状況は変わりません。

 

お金を持っている人にお金が集まっていっているだけの話です。

 

お金の持っていない人が労働力をつかって生産していった物の利益が、経営者や株主の利益となっているという話です。

 

格差があって当たり前、経営者や株主なんて雲の上の存在だと思っているから格差は縮まらないのですね。

 

格差が広がって嘆いている暇があれば、自分も資産家になればいいだけの話です。

 

 

もちろん最初は分母が小さいので大した事はありませんが、確実に資産家への道を歩み始める事が重要だと思います。

 

時給1000円の仕事を8時間も働いたから8000円も儲けたという発想をしている限りは、いつまでたっても労働者の域から脱する事はできませんよね。

 

1株配当金8円の株を1000株持っているから、8000円の配当金を貰えた、もう1000株追加購入しようと考える人は働かずして同じ収入を得る事になります。

 

我々は特に自ら学ばない限りはどうしても労働者的発想になってしまいがちです。

しかし、お金が集まる人は必ずといっていいほど、資産家的発想をします。

 

要はいかに資産を築き上げて、増やしていくか。

働かずしてお金を得るか。

 

自分の変わりに、人に働いてもらうかを考えています。

 

 

だれも助けてくれない自己責任論

お金があるところにはあります。

しかし、貧困でお金に困っているからといって誰も助けてくれません。

 

自己責任ですまされる世界です。

 

いつでも資産家になる事はできるのに、それをして来なかった自分が悪い。

知識を蓄えて準備をしてこなかった自分が悪い。

 

その日暮らしを求めて先の事を考えなかった自分が悪い。

はい、貧困で今困っているのは自己責任なんですよ。だから諦めてください、誰も助けてくれませんよというのが今の日本の社会なのです!!

 

ひどいと思うかもしれませんが、格差拡大を放置し続けてきたのは政府であり企業です。

 

そして政府を決めたのは国民であり、その企業で働く従業員が私たちなのです。

 

ボーナスカットをくらおうと、ローンが払えなくても、子供の教育費に困っても、ネットカフェ難民になってしまっても、誰も助けてくれません。

 

格差社会は私たちが思っている以上に、根深く深刻だと思います。

 

企業は社員ももはや歯車の一つでしかなく、いつでも交換が可能だと思っているでしょう。

 

だからいかに、従業員をコキ使うかが企業に利益に直結するのです。

 

従業員の幸せや生活よりもまずは自分たちの利益となるので、ブラック企業はいつまでもなくならないのです。

 

 

ブラック企業に依存せず、企業を利用しながらスキルを取得して、いかに自分のブランドを高めていくかが大切になっていきます。

 

 

そうして培った知識やスキルを最大限利用して資産を築き上げていくしか、今の状況を脱出する方法はないのではないでしょうか?

 

一度、生活保障レベルの生活に定着してしまうとなかなかそこから脱する事は難しくなります。

 

少しでも早く気付いて少しでも早く、「勝ち組」になるべく行動を起こす必要があるかと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました