あえて自分でやる必要もない話。人に任せてもいいんじゃない?

常々言っている事ですが、時間は有限です。

1日は24時間で、1年は365日で日々死に向かって歩き続けています。

 

当たり前のように毎日が過ぎていくのでその事を認識できないでしょうが、それは事実なのですね。

 

私は毎日ブログを書いています。1日1時間から2時間ブログの為に自分の時間を費やしています。

 

その代わりにブログはお金を稼ぎ出してくれます。

 

アクセス数に応じてそれなりに広告収入が発生する訳ですね。

 

 

仕事を発注してみる

仕事以外にも収入が発生するという事は私の人生においては優先事項でありますので、ブログに時間を費やす事は必要な事と認識しています。

 

それに自分が書いた記事をたくさんの方が読んでくれて、それを参考にしてくれていると思えば生きがいにも繋がるからです。

 

ブログの記事を書くことに時間を費やす意義を感じられている訳です。

 

でも、ブログ記事ってすべて自分で書かなければいけない訳ではありません。

 

クラウドソーシングで、代わりに記事を書いてもらえばブログ記事を書く時間さえ節約できます。

 

大手メディアは複数の優秀なライターを抱えて質の高い記事を量産している訳です。

 

ブログの規模が大きくなってくれば外注をしなければ、どんどん自分の時間が減っていきます。

 

任せられるところは任せて、自分は運営に関するマネジメントに徹する事もできるのですよ。

 

もちろん、軌道にのるまでは自分で記事を書く必要がありますし、記事を書かないとライティングスキルはあがりませんがね…。

 

 

外注するメリットは大きい

ブログで稼ごうと思うのならある程度の段階で外部ライターを活用する事も大切になってきます。

 

どんな会社でも社長一人で運営するのは不可能です。

 

優秀な社長であろうと圧倒的に時間が足りなくなりますし、苦手な分野もある訳です。

 

ただ、そういうころとは人を雇えばいいだけなのですね。

 

ブログも同じです。

 

さらに収入を増やすために、記事を増やす必要がでてきました。

ただ自分の時間には限界があります。

 

どんなに頑張ってもこれ以上、ブログに時間を費やせない…

 

だから自分の代わりにブログ記事を書いてもらえば良いのです。

 

クラウドソーシングを利用して記事作成を依頼して、報酬と引き合えに記事を自分のメディアで発信していくという事ができます。

 

ブログもある程度大きくなり、それなりに収入が発生してきたら、そのお金を使ってさらにメディアを大きくするという事もできるのです。

 

いわゆるレバレッジの力ですね。

 

税引き後で月10万円の利益が発生したなら、その10万円を使ってライターを雇ってどんどん記事を書いてもらえばいい訳です。

 

自分の苦手な分野や、自分では到底思いつかないような記事も出来上がるでしょう。

 

経費を使うことによってメディアを拡大させて、さらに収入アップを狙うことができめす。

 

 

<個人事業主や副業をするサラリーマンを応援する>

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」

 

必要のない事

ブログ運営以外でも無駄な事はどんどんカットしていけばいいのです。

わざわざ買い物に行かなくても、Amazonで買えばいいものは通販ですませます。

 

文字変換すら単語登録で自動化しています。

<関連記事>単語登録をしていくだけで激的にブログ作成スピードがあがりますよ

 

本棚の整理もKindleを導入する事で端末に詰め込め必要がなくなります。

 

ソシャゲも今となっては無駄な時間。必要のない事になりましたね。

 

無駄なものや必要のない時間をカットしていく事で、変わりに時間が捻出できます。

 

その時間をいかに有意義に使うが問われてくるのです。

 

 

仕事も自分でする必要はない

任せられる仕事はどんどん任せていきましょう。

 

なんでもかんでも自分がしなくちゃ納得できないって方もおられるようですが、そうなればどんどん仕事量が増えていって自分を追い込むことになってしまいます。

 

仕事は立場、役割に応じて割り振られています。

 

役職が上がれば、単純作業は部下に任せて、自分は全体を見るというマネジメントの仕事に変わっていきます。

 

普段は部下に任せているけど、何かあった時は対応をこうじて、責任をとる事になります。

 

仕事を任せるのも勇気が必要です。

 

この人にはこの仕事がこなせるのか?その適性を見極めないと、結局は仕事を任せた自分が責任を負うことになるからですね。

 

また仕事を任せすぎて部下が潰れてしまっても、それは大きな問題となりますし、仕事を任せすぎて自分が何もできなくなったという事もあります。

 

 

私も経験があります。優秀な部下に発注の仕事をすべて任せていました。

優秀だから何の問題もトラブルもなくこなしてくれるので、頼り切りになってしまいます。

 

頼り切りになってしまって、自分は一切関わらなくなってしまって、発注の仕事から遠ざかってどんどん忘れていきます。

 

そして部下が人事異動で他の支店に移動した時、仕事はすべて自分に戻ってくるし、仕事を忘れてしまっていて、大変な目に合った事があります。

 

仕事を人に任せる事で自分の時間は生まれます。

 

ただ、任せている人はいつまでも自分の下にいる訳ではありません。自分のスキルが錆びないように気をつけましょう。

 

 

自分を成長させる

もし、自分の時間が確保する事ができたならやはり自分を成長させるために時間を使いたいですよね。

いわゆる自己投資って奴です。

 

勉強したり、新しいスキルを身に付けたり、今まで経験したことのない事に挑戦してみたりする事で人生の幅を広げたいです。

 

さまざまな知識や経験が相乗効果として表れればと思います。

 

時間を作っても、その時間を無駄に過ごしては全く意味がありませんよね。

 

時間が必要とされるから時間を作り出す訳です。

 

時間を作るのも大切ですが、新たに生み出された時間を使って何をしたいのかを考える事も同じくらい大切だと思いますよ。

 

 

 

 

 

<こちらの関連記事もおすすめです>

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました