40歳崖っぷち。いち早く逃げる準備を始めています

40歳になると、急に体力の衰えを感じ始める年齢です。仕事でも無理が利かなくなってきた感じですね。

 

仕事量は増えていくのに、体がついて行かないといった感じです。また仕事の内容自体も年齢を重ねると共に徐々に重たくなってきて、抱えるストレスレベルは上がっていきます。

 

 

体力が充実していた20代

20代の頃は徹夜なんぼのもの。連日仕事帰りに飲みに行っても平気でした。

金曜日の夜は夜中までたまった仕事を仕上げたり、各種書類の検査をしたり。

 

そして終電がなくなったから、朝まで飲んだりカラオケで過ごすなんて事を普通にこなしていましたね。

 

 

仕事は見習い期間と言うべきか自分以外はほとんど上司で、なんでも相談できるし、困った事があれば上にあげるだけで気楽な立場とも言えます。

 

 

30代が一番充実している時

30代に入ると仕事と同時に家庭での用事なども激増しました。

 

仕事と家庭と両方を充実させるのは大変でしたね。

 

なかなか寝付かない子供の子守をしたり、休日の度にどこかに遊びに連れて行ってあげるてあっという間に時間は過ぎ去っていきましたね。

 

どんどん子供が大きくなっていく時期で、幼稚園や学校関係のイベントが目白押しです。

 

 

仕事も役職が上がり主任や係長という肩書きがついて、一つのチームを任される事になります。

仕事の割り振りをしたり、問題が起こればまずは現場の担当者として率先して処理に当たります。

 

主任や係長あたりはまだ最終責任をとる立場でないので、困った事があれば更に上の上司、課長代理や課長に相談できます。

 

 

仕事に家庭に、プライベートに一番充実した年代とも言えるでしょう。

 

 

決断の40代

さぁ40代に入りましたが、今までにない大変さを感じます。

特に仕事では、マネジメント的な役割を求められるようになるからですね。

 

今まで培った経験を元にいかに利益をあげて、いかに経費を削減するか厳しい成果を求められます。

 

部下の数も増えて毎日のように問題が持ち込まれます。

 

人員の確保も仕事です。

なかなか集まらないアルバイトを辞めては補充していかなければなりません。

 

限られた予算の中でしていくので、たくさん雇えばいいって訳ではありません。

 

そんなマネジメント的な仕事は精神的疲労が半端ありません。

 

自分では、現場の最前線にでる方が向いているタイプなので、書類と睨めっこしていると頭が痛くなってきます。

 

 

管理職になるかどうか?

そして40代最大の分岐点は管理職になるという事です。

今の40代って氷河期の為、どこの企業も採用人数が抑えられたら時期でもあります。

 

なので、自然と管理職のポジションが回ってきます。

 

管理職になれば、365日仕事に出て当たり前!って会社なのです。

そうなればこのブログを続ける事もできないし、子供と遊ぶこともできないし…

 

それにそんな長時間労働に耐えられる自信がありません。

そうなる前に逃げ出す事が先決ですね!!

 

そう。今の自分の立場がギリギリ。

 

もし、管理職を断るとなれば仕事を辞めなければいけないかもしれません。

 

面と向かって辞めろとは言われなくても、わざと嫌がらせ人事異動をさせられたり、出向させられる可能性も。

これらは役職関係なく会社からの辞令なので、よっっっぽどの特段の事情がなければ断れません。

 

私の会社では40代からそういう事情で、仕事を辞める方が急増しているのです。

 

私も他人事じゃなくいつ明日の我が身がわかりません。

 

 

 

来るべき時に備えていく

だから備えるのですね。

これから私の仕事はどうなるか全く予想がつきません。

 

ただどんな最悪でも退職なのだから退職に備えて準備をしておこうと思うのです。

 

 

そういう訳で、どうなるかわからない先の将来の為にいろいろと準備をしています。

 

長時間労働もきついし、なかなか自分の時間を持てない今の環境に不満を持っているし、将来どうなるかわからないという不安も抱えています。

 

だからこそ、今できることを将来のために取り組んでいきたいと思っています。

 

 

当面の生活資金を蓄える

兎にも角にもお金がなければ始まりません。

 

収入がなくても一年くらいはお金に困らないくらいの蓄えはなければ話になりませんよね。

 

仕事を辞めても当面の出費は変わらない訳で…

 

充分な生活資金を蓄えておいて将来に備えたいと思っています。

 

 

資産を積み上げる

ある程度、将来に向けた生活資金がたまれば、あとは余ったお金はなるべく投資にまわして資産を作るようにしています。

 

私は資産を作る手段として株や投資信託を買っています。

 

資産は私に代わってお金を生み出してくれます。

 

例えば株を買えば業績に応じて配当金が配られますし、投資信託なら分配金がもらえます。

 

投資額が小さい間は配当金も小さいのでたいした金額になりませんが、徐々に投資額を増やしていけば、配当金のみ金額も増えていきます。

 

世の中には株の配当金だけで生きていっている方も多いです。

 

働いて得た給料の余剰金で株を買い増していくことで、受け取り配当金も増えてくるのが嬉しいですね。

 

 

収入源を増やしていく

次に私が取り組んでいるのは、収入源自体を増やすという事です。

収入源を増やすためにブログを利用しています。

 

ブログの中でさまざまな商品を売って、その売上の一部を利益としていただいたり、広告を貼り付けて閲覧数に応じて利益を得ています。

 

今のところたいした金額にはなっていません。

 

しかし、給与所得以外にも収入源が増えたという事は非常に大きな事なのです。

 

100円から1000円へ。

1000円から1万円へ。

そして1万円から10万円を目指していきたいですね!

 

 

自分のスキルを磨いていく

最後は会社に頼らずとも生きていけるスキルを身に着けていきます。

秀でた能力があればフリーランスでも十分にお金を稼ぐことができる時代です。

 

特にITに関する技術を身に着けてば、転職や独立するのに非常に有利と言えるでしょう。

 

情報処理技術の知識はITの仕事をしなくても、知識として持っていれば何かと役に立ちます。

 

「CPU」「ポート」「IP」などパソコンやネットワークの知識があれば役立つ場面は多いかと思います。

 

他にもデーターベースやLINUX、プログラミングの知識をつけたいですよね。

 

 

<IT技術に関する知識をつけるなら>

 

 

 

 

まとめ

現在、私は40歳になったところで、これからの人生について考えているところです。

 

仕事も家庭もそれなりに責任を持たなければいけなくて、自分の夢を追いかけるなんて流暢な事を言っていられないのが現実です。

 

一方で、いつまでの現状のままいられる訳ではなく、いかにお金を稼いで自分らしい人生を送っていくかをド真剣に向き合わなければなりません。

 

現状、やりたい事もできず、家族と遊ぶ時間も持てず、仕事の合間にかろうじてブログを更新している毎日です。

 

急に大きな変化は訪れないかと思いますが、いつ仕事をフェードアウトしても生きていけるようにその準備を進めていきたいと思います!

 

 

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました