カフェでの仕事を効率化させる方法を考えてみました

副業のメリットはどこでも仕事ができるという事です。

 

中でも喫茶店は落ち着けるし、基本的に長いしても文句を言われません。

 

家を出ることによって仕事に集中できるし仕事以外に誘惑もないので、疲労の限界までカフェで仕事をする事になります。

 

私は休日なんかは家で記事を作っていき、飽きてきたり、疲れを感じたら気分転換を兼ねてカフェに向かいます。

 

そんなカフェでの仕事を効率化させるアイテムについてご紹介ます。

 

カフェに持っていきたいアイテムはいろいろあるでしょうが、仕事の効率化に絞って役立ちそうなものをご紹介させていただきます。

 

 

カフェで最も求められるものはアイデアとセキュリティ

パソコンやモバイルバッテリーといった類のアイテムはもっていて当然という前提で話を進めていきます。

 

いかに自分の頭のうちに眠っているアイデアを引き出すかが勝負の分かれ道となる事でしょう。

あと家では気にならない盗難についても気を使う必要があります。

 

ノマドをするなら絶対にセキュリティに気をつけましょう。ほんの一瞬のスキにパソコンが盗難れた!って話も聞きます。

 

カフェでの作業には盗難防止の観点も忘れないようにしましょう。

 

 

ガムで脳を覚醒させる

えっ?という声も聞こえてきそうですが、カフェでガムですか…。

と申しますのも1時間を越えた頃から疲労を感じるようになります。

 

同じ動作を続けていると疲労感を強烈に感じる事でしょう。

 

場合によっては半分目を閉じて、まったく作業が進まないほど眠気が襲ってくることもあります。

 

職場でのデスクワークと違って、自分との戦いであり、眠気が襲ってきやすい点があげられます。

 

もしガムがあれば口の中を動かして神経を活発化させて眠気や疲労感を吹き飛ばす事ができます。

 

「くちゃくちゃ」と音を鳴らしたりしない事には嫌がらせを言われたりする頃はないかと思います。

 

チェーン店ではあまり問題になりませんが、口うるさいマスターが経営しているお店なんかでは避けたほうが無難かもしれません。

 

 

チョコレートで疲労回復

体の疲れを取るのにおすすめしたいのがチョコレートです。

 

喫茶店でどうどうとチョコレートを入れておくわけにはいきませんので、ミニサイズのチョコをかばんにしこませておきましょう。

 

疲労のピークがきたり、眠気で文字が打てなくなったときにはコーヒーと共に少しだけチョコを隠れて食べる事をおすすめします。

 

チョコを一口食べる程度では血糖値も大きな影響はないかと思われます。

 

甘いものは疲れをとる効果がありますが、食べ過ぎたら血糖値が上がって余計疲れるので気をつけましょう。

 

あとチョコを口にするのはこっそりと。

常識的に考えて、喫茶店に食べ物を持ち込むのはNGですからね!

 

 

フリスクの刺激で気分転換

私の眠気に対する最終手段がフリスクです。

 

眠気が続いて、何をしても眠気がとれない時にはフリスクを使うしかありません。

 

鞄にフリスクを忍ばせておいて、ここぞという時に投入しましょう。

 

フリスクは職場の机の中にも入れてあります。

 

刺激がきついので一気に気分転換になりますからね。

 

 

ノイズキャンセル機能付イヤホンは必須

カフェで他人の雑音をかき消すためにもイヤホンは絶対に必要でしょう。

カフェは基本的に静かだし、まわりも気を使ってしゃべってくれる事でしょう。

 

でもね、ごくまれにいるのです。

大きな声で盛り上がる人たちと出会ったら最悪です。

 

撤退するという選択肢もありますがせっかくカフェに来たのだからせめて1記事でも完成させたいですよね。

 

ノイズキャンセル機能イヤホンがあればまわりの音を遮断しながら、音楽を聞いて、気にならないレベルまで雑音を抑えられます

 

 

 

盗難防止ワイヤー

さて1人でノマドをしている時の最大のリスクは盗難です。

その場にいる時はいいのですが、トイレに行っているうちに盗まれてしまう可能性があります。

 

ノートパソコンを盗むのなんて一瞬ですからね。

 

ノートパソコンにはさまざまなデーターも含まれており、「お金」の問題じゃないですよね。

 

なので、喫茶店でノートパソコンを使う時は必ず盗難防止ワイヤーを机の足に絡ませておくことをおすすめします。

9割程度のノートパソコンにはセキュリティスロットがついていますのでぜひとも盗難防止対策をしておきましょう。

 

セキュリティスロットがついていない場合は面倒ですが、トイレの度に鞄に収納して持ち歩くようにする事をおすすめします。

 

 

 

たまには家をでて気分転換をする

これがノマドの最大の魅力です。

 

いつも同じ環境より、たまには違う環境で仕事をしたくなる事もありますよね。

 

静かな環境で、いつもと違う椅子に座って仕事をすると、いつもと違うアイデアが浮かんでくるかもしれません。

 

ただ、人によっては逆に集中できないって方もおられます。

 

見られている気がしたり、長時間喫茶店にいる事に抵抗があったり、理由はさまざまです。

 

無理に喫茶店で仕事をする必要はありません。

 

より効率よく仕事ができそうだったり、実際にしてみて効率性があがると思ったら取り入れていけばいい話ですからね!!

 

 

<こちらの関連記事もおすすめです>

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました