日本でスマホ決裁がなかなか浸透しない最大の理由とは?

日本ではスマホ決裁がなかなか広がりを見せませんね。…という私もまったく利用しません。

スマホ決済とはお店に掲示してあるQRコードをスマホで読み込んで、支払いをすませる決済手段の一つの事です。

 

最初に結論から言ってしまえば、クレジットカードで十分だからですね。私が普段利用するお店ではほぼ、クレジットカードを利用することができます。

 

カード一つ読み込ませるだけで決裁が終わってしまうので、わざわざスマホ決裁を利用しません。

 

 

中国ではほとんどの支払いがスマホ決裁

スマホ決裁が進んでいるのは中国と言えるでしょう。

 

中国ではお店での買い物は当然のことながら、タクシーの支払い、露店での支払いまであらゆる支払いがモバイル決裁となって現金を持ち歩かなくてもよい世の中となっています。

 

中国だけでなくスマホ決裁を利用している国は多いです。

 

それでは日本においてはどうしてスマホ決裁が浸透しないかその理由を考えてみました。

 

 

スマホ決済が普及しない理由とは?

そもそも面倒だから

スマホのアプリを開いて、QRコードを読み取るっていう作業が煩わしく感じるという点もあるかと思います。

 

私はマネークリップにクレジットカードを挟み込み利用していますが、そこからクレジットカードを読み込ませる時間に比べて、スマホを利用した決裁はいささか時間がかかるように思えます。

 

 

わずかな手間の違いですが、この手間の違いが面倒臭さを感じさせるのかもしれませんね。

 

おそらく慣れの問題なのかもしれませんが、二次元コードの利用を煩わしく感じている人も多いようですね。

 

 

すでにクレジットカード決済が普及しきっている

慣れの問題もあるのでしょうが、日本では昔から決済手段としてクレジットカードが使われてきたので、多くのお店で費用をかけてクレジットカードを導入しています。

 

スマホ決裁にクレジットカードより明らかなメリットがあるならまだしも、クレジットカードで十分と感じている方も多いでしょう。

 

せめてクレジットカード以上にお店側でスマホ決裁が普及しない限りは、わざわざクレジットカードから乗り換えてまで使うメリットがないという事ですね。

 

 

私もクレジットカードが使えなくてスマホ決裁じゃないといけない場面が増えてくればきっと乗り換えると思います。

 

 

現金の信頼度

日本の円は世界でも屈指の信頼度です。

中国などでは偽造紙幣が出回り過ぎて、現金に対する信頼度は低いと言われています。

 

日本では現金を持っていて、それを出して支払いを拒否される事なんてまず考えられません。

 

そもそも市場に偽造紙幣なんて出回っていまいので、安心して現金を持って、現金を使うことができます。

 

中国でスマホ決裁が普及した理由は現金が信用できないという事が理由にあげられるかと思います。

現金よりもスマホ決済の方が安心だからこそ、現金が使われません。みんなが現金を持ち歩かなくなってきたので余計にスマホ決済が普及していったという流れなのですね。

 

日本においてはスマホ決済は便利だけれども絶対ではないという事です。

 

現金を持っていればなんとかなります。

 

逆にクレジットもスマホ決済も使えない店や状況があるので、どうしても現金を持たざるを得ません。

 

現金を持っていないくとも、スマホ決済ですべてなんとかなるとなれば、もっと普及していくのでしょう。

 

 

規格が乱立しすぎてる

正直私はスマホ決済についていけていません。

 

中国ではスマホ決裁のほとんどがAlipayとWeChat Payですが、こちらが日本上陸となりました。

 

そして日本でもLINEや楽天、ドコモもモバイルを利用したQR決裁を始めています。

他にもOrigami Pay、Apple Pay、Android Payなどもあって正直ついていけません。

 

 

私が遅れているのかもしれませんが、実際に日本でのモバイルペイメントの普及率は6%程度で、中国での普及率は98%と数字が表しているとおりだと思います。

 

複数のサービスを利用していると管理もややこしくなりますので、スマホ決済を利用するにしても絞り込みたいと思いますよね。

 

日本においてはやっぱりクレジットカードですよね。普及しているものを使うのが一番便利と言えるでしょう!

 

 

 

<こちらの関連記事もおすすめです>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました