【利益を最大化にする】メルカリで送料を節約するコツとは?!

メルカリで商品を売っていく際に1番ネックとなってくるのは、送料ですよね…。

送料がけっこう高くて、商品単価が安い場合なんかは送料負けしてしまう場合もあります。

 

本とかCDなんかはけっこう単価が安いので送料の負担が大きくなります。

 

送料を着払いという方法もありますが、購入者負担になる事になりますので、結局商品の値段に上乗せと同じことになります。

 

荷物を着払いで送る場合、地域によって値段が変わる場合もあるので注意が必要です。

 

 

ゆうゆうメルカリ便

送料を安くあげて、なおかつ安全な取引をするならゆうゆうメルカリ便からくらくメルカリ便が便利です。

 

ゆうゆうメルカリ便なら3辺合計 60cm以内(長辺34cm/厚さ3cm以内/重さ1kg以内)で175円で送れます。

らくらくメルカリ便なら(A4サイズ・厚さ2.5cm以内)で195円です。

サイズ的、料金ともにゆうゆうメルカリ便の方が若干お得です。

 

ゆうゆうメルカリ便はローソンで引き受けてもらえるので、近くにローソンがあるならそちらを使った方がお得です。

らくらくメルカリ便ならセブンイレブンで出すことができます。

 

ゆうゆうメルカリ便のポイントはA4サイズ以下で厚さ3cm以下という事になります。

これは一般的なポストに投函が可能なサイズでもあるという事になります。

 

この3cmがミソで、ここを超えると大幅に料金があがってしまうので要注意です。

小さい小物、本やゲームソフト、DVDを送るならゆうゆうメルカリ便が第一選択となるかと思います。

 

カサの大きい安価なもの

さて、メルカリを利用するにおいて頭を悩ませるのがサイズの大きいものです。

 

ゆうゆうメルカリ便も厚さ3cmを超えるとゆうパックでの引受になって送料が大幅にあがります。

3辺が60サイズまでで600円となります。

他にも3cm超えならレターパックプラス、宅急便コンパクトなどもありますが500円近く送料がかかってしまいます。

 

さらにメルカリに1割手数料を支払う事となり…

 

要は500円程度のものを売っていると大幅赤字になってしまうという事です。

 

 

私はゆうゆうメルカリ便のゆうパケット175円で引き受けられない場合は、1000円以下には値下げをしないようにしています。

 

そう。カサばかりが多くて値がつかない商品は「諦める」という事も大切です。

手間ばかりかかって、ほとんど利益を生み出さない事になります。

 

 

自分は儲からずに儲かっているのはメルカリの運営と運送会社だけ…。

 

コメントのやりとりや梱包・発送など時間ばかりかかってしまって赤字ほど虚しい事はありません。

 

 

格安の定型郵便、規格内定形外郵便

定型サイズの封筒に入って、さらに1cm以内なら定型郵便で送る事もできます。

 

いわゆる普通の封筒で郵便として出します。

 

ただし…1cmってほとんど入らないのですよね。 

 

定型郵便は書類数枚を想定して作られていますので、メルカリで利用するには適していません。

 

長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内で重さが50g以内でしたら定形外郵便で120円で送ることができます。

 

定形郵便、定形外郵便は値段が格安ですが追跡番号がついていませんので、荷物の配達状況を知る手段がありません。番号がついていない上にポスト投函となりますので、荷物の不着時など調べるのが困難になります。

 

値段が格安な分、それ相応のリスクもあるという事ですので理解しておきましょう!

 

 

単価を上げていく

メルカリで売る場合、あまり単価の安い商品ばかり出していると労力の割に儲からないという現象がおこります。

 

なので単価をあげていくようにしましょう。

 

例えば本やゲームなどのまとめ売りですね。

 

いくつかのものをセットとして販売していく事で、単品毎に発送するよりも送料を安く上げる事が可能です。

 

また取引完了までの購入者さんとのやりとりの回数も減るので、労力が減ります。

 

 

大口契約の検討

もし月に数百個単位で発送されるなら大口契約を結ぶ事もできます。

年間で契約を結び差出個数が増えるほど送料が安くなる仕組みとなっているようです。

 

実際にいくらくらいになるかはケースバイケースですが…

 

一度郵便局やヤマト運輸に相談してみるのも1つの手です。

 

実際に、月に何個・年間で何個出すかでおおよその金額を見積もって貰えるかと思います。

 

大口契約を結ぶには「相当の数」を発送する必要がありますので、サラリーマンの副業として行う範囲では難しいと思われます。

 

 

送料に関する基礎知識を頭に叩き込もう

メルカリでの発送にはゆうゆうメルカリ便を軸にして、らくらくメルカリ便、レターパック、宅急便コンパクト、スマートレター、定形郵便、定形外郵便からもっとも合った発送方法を選ぶ必要があります。

 

商品ごとにサービス内容が異なっています。

商品の内容や特性に合わせて発送方法を使い分けて、送料の節約していく事がポイントです。

 

送料は抑えれば抑えるほど自分の利益に繋がります。

 

まずは発送方法の基礎知識を頭に叩き込んで、利益を最大化するようにしていきましょう!!

 

また発送の中心となる郵便局やヤマト運輸では時々、商品の値段が変わってきます。(ここ数年で見ると値上げ傾向にあります。)

こちらの情報は2018年10月現在のものであり、必ず会社ホームページで確認するようにしておてください。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました