人生に疲れたらカフェ経営がしたくなりますが現実はとても厳しいという話

よく脱サラをしてカフェを開きたいと思われる方も多いようですね。

自分だけの空間を作り上げてそこで商売をしてみたい!って誰もが一度は思うことです。

その中でもカフェは比較的手軽で簡単に始められそうな気がします。

 

 

昔マネーの虎という当時の有名社長に融資をお願いする番組がありました。

 

そこでオリジナルカフェを作りたいという、飲食店の経営の話はよくあったと思います。

 

でも実際にお店を始めるとなればものすごく大変だし、成功するのも大変です。

 

実際にマネーの虎の社長側が、あれだけ人を罵倒しまくっていたのに倒産してしまったという話は有名ですね。

 

 

カフェをオープンするのも大変

実際に脱サラをしてカフィをオープンするとなれば想像以上に大変だと思いますよ。

まずはよい物件を見つけないといけません。

 

カフェなんて世の中にあふれている訳ですから立地がかなり重要です。

 

よい場所にカフェをオープンさせないと人を集める事すらできませんね。

 

 

オリジナル性を出さないと

そもそもカフェは味も空間も確立したチェーン店が強い分野です。

 

そこに知名度もない新規オープンのお店が立ち向かっていくわけですから…よほどよそにはないものがないとお話になりませんね。

 

実際に物件を見つけると賃料が発生しますので、あとは死にものぐるいで経営を始めないといけません。

 

お店の設計と施工をはじめて、厨房機器や店内の美品を揃えないといけません。

机や椅子だけでもけっこうな金額です。

 

食材も卸売市場などを利用して安く仕入れないと利益がでませんね。

 

同時にメディアやSNSを活用してお店の宣伝をしていき、スタッフを雇って研修をしていかなければなりません。

 

他にも営業許可を取ったり、駐車場を確保したり、メニュー表をを作ったり、まわりのお店に挨拶に伺ったり…それはもう大変そうですね。

 

 

脱サラしたいという目的では成功しない

脱サラしてカフェを開いてみたい!って思っても実際に経営するのはものすごく大変だと思います。

 

相当の自己資本も必要な上に、どれだけ人が集まるかわからない厳しい世界に身を置くことになります。

 

威勢よくオープンしても、誰も人が入らない…ってこともありうるのですね。

 

カフェ経営って気軽に考えられていますけど、相当大変だと思いますよ。

 

会社に雇われて1日8時間働いている方がよほど安定しているし、楽かと思います。

 

仕事をしているとお客さんに頭を下げて、上司のいいなりになって働くのがバカらしくなりますが、それは実は楽な事なのですよ。

 

仕事でミスしても上司が責任をとってくれるし、会社という組織のもとで動いていきますからね。

 

 

カフェ経営はすべて自分次第

自分の自己資金500万円投じても、回収できる見込みは、その後の経営次第。

 

実際に多くの飲食店がオープンしてはお店を閉めていっています。

 

それくらい厳しい世界で、リスクを背負う事になります。

 

それでもなお、高いリスクを背負ってでも自分の夢を追いかけたい、失敗してでも後悔したくないないからはじめてみたいって方がする商売なのです。

 

ぶっちゃけて仕事が嫌だから軽い気持ちでカフェ経営してみたいでは、後悔だけが残ってしまう可能性が高いです。

 

 

カフィ経営のリスク

実際に私もノマドをするのでカフェを利用させていただく事があります。

 

コーヒー1杯飲ませていただいて2時間ほど滞在して仕事をさせていただくのですが、滞在時間に対して客単価は非常に低いかと思います。

 

中には半日くらいくつろいでおられるお客様もおられます。

 

カフェって回転が悪いので思うように人が入りません。

よほど人気が出たお店でない限りは、空席が目立つ事になります。

 

仮にコーヒー1杯500円なら1日で稼げる売上なんてたかが知れたもの。

 

回転良くまわしていかないと、サラリーマンとして稼いでいる手取り30万円がはるかに高い壁に感じられる事でしょう。

 

 

カフェ経営ってはじめてのビシネスとして考えられる方も多いでしょうが、非常にリスクも高くて、成功率も低い訳になるのですね。

 

カフェの経営を諦めろとは言いませんが、ズブのド素人がいきなり乗り込んで成功できるような甘い世界ではなさそうです。

 

特に資本と運転資金が必要になってきますので、売上をあげない事にはジリ貧でそのうちお店をたたむ事になってしまいます。

 

自分で独立してカフェ経営をするとなれば、ものすごく明るい未来、良い状況ばかり想像してしまいますが、経営者ならまずは最悪の状況から想定して取り組んでいく必要があるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

自分のお店を持って「一国一城の主」になる事は夢ですよね!

自分で自由に商品を開発したり、新しいメニューを考える事もできます。

 

従業員を自分で選ぶこともできます。

 

サラリーマン時代にはなかった自由度です。

 

また頑張って稼いで残った利益は自分のものです。

 

会社に勤めて、無理矢理やらされている仕事ではなく、自ら望んでしている仕事です。

たとえしんどくてもやりがいが違いますよね!

 

ただし簡単ではないというのは本当です。

 

サラリーマンが嫌だからという安易な気持ちじゃなくて、本当に良いカフェを作って経営をしてみたいという強い気持ちと実力が必要です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました