もしも自分に万が一の事があった時の為に。デジタルデータは家族に見えづらい存在になっています

現在、私の活動は、ほぼデジタルデータで行っています。

 

写真や動画は当然の事ながら、銀行口座に証券会社、FXなどお金に関してもその多くをネット関連の会社の口座に入れているわけですね。

 

昔なら地元の銀行と郵便局だけっていう方も多かったので、もし自分が死亡しても、手持ちの通帳をもって店舗にまでいけば、さまざまな手続きしてもらえた訳です。

 

ただし今は、さまざまなデーターにアカウントが存在する訳ですね。

 

その管理が自分自身でもやっかいだと思っているくらいなのだから家族にとってはさらに面倒なものとなる事でしょう。

 

 

自分の遺産について考えてみる

金融資産

特に金融資産は本人が亡くなった時点で相続の手続きに入らなければいけません。

問題がない限りは基本的に銀行の数や証券会社の数は減らしておいたほうが無難ですよね…。

 

金融資産は基本的に名義人がなくなった時点で相続の手続きに入ります。

 

この相続の手続きがけっこう面倒だともいわれていますので、なるべく口座の数は絞っておいた方が無難なのではないでしょうか?

 

 

電子マネーやポイント

電子マネーやポイントはそんなに大きな金額を溜め込まず、ある程度溜まったら使うようにしています。

 

はっきりいって配偶者であろうとどんな電子マネーをもっていて、どんなポイントカードをもっていて、どこにいくら入っているかなんてわかりません。

 

電子マネーやポイントはそんなに大きな金額を溜め込まないほうがよさそうですね。

 

 

デジタルデータ

基本的に不要なデータは消して、必要なデータだけNAS化して定期的にバックアップをとっています。

NASは家族でパスワードを共有しているので、私が万が一の事があっても妻は普通にアクセスして使い続ける事ができます。

 

主に家族の写真や動画が多いので管理もそんなに難しい事はないかと思います。

 

 

各種アカウント

これが一番やっかいかも…。

SNSやブログ、サーバー、ドメイン、アフィリエイトや通販サイトなど莫大なアカウントを持っています。

 

それらの中には支払いがあるものも…。

 

支払いはすべてクレジットカードにしてあるので、まずはクレジットを廃止していただけると支払いが出来ずに自然消滅するものばかりだと思います。

 

さまざまなサービスのアカウントは会社によってもその対応が違うので、遺族が削除していくのは非常にめんどくさそうですね…、

 

Google、Apple、Microsoft、Evernote、Twitter、facebook、LINE、Instagram、Yahoo!、Amazon、楽天、パッと思い浮かぶだけで莫大なアカウントがありますからね。

 

ブログは残すならサーバーやドメインを相続する必要がありますし、削除するなら解約の手続きが必要になってきますね。

 

各種アフィリエイトでも引き継ぎなどの手続きが必要になってくるでしょう。

 

 

遺産用ファイルを作っておく

そもそもどんなアカウントを持っているのか?

そのアカウントIDとパスワード、連絡先くらいは残しておかないと遺族も対応しようがありません。

 

サービス毎にアカウント、パスワードを一覧にして保存してあります。

 

これはアナログデーターとしてパスワードをかけて秘密の場所に隠してあり家族だけが見られるようにしてあります。

 

 

特に金融資産はかなり大きな金額になりますので、相続の手続きが必須になります。

しかし口座ごとに通帳などがあるわけではありません。

 

株や投資信託も完全にペーパーレス化が進んで、株主総会の案内が来るくらいです。

 

投資信託にいたっては保有しているのかどうかすらわからないものです。

 

現在はほとんどのものがデーターとして管理されている分、第三者には見えにくいものです。

 

その中でも放っておいてはいけないものは特に!遺産リストとしてファイルにまとめておきました。

 

もし自分の余命がわかっているなら自分が生きているうちに少しづつ身の回りの事を整理する事ができます。

しかしながら人生なんて明日どうなるかすらわかりません。

 

病気での突然死、交通事故などの可能性もある訳ですからね。

そうなった時に少しでも残された家族が、事務手続きをスムーズに進められるようにデジタル遺品リストを作っておけば便利だと思います。

 

自分が亡くなった時に、絶対に手続きをして貰いたいことってあるはずです。

またその順番も大切だったりします。

 

残されたお金を有効に活用してもらう為にも、デジタル遺産に関してはしっかりと管理して、自分に万が一の事があっても混乱しないようにしておきたいですね。

 

特に財産系のデジタルデーターは目に見えないので、家族ですらその存在をしらない事もあるのではないでしょうか?

 

たとえネット銀行、ネット証券、FX口座や仮想通貨で「億」単位で持っていても、その存在を家族が知らないともうどうしようもない訳ですからね。

 

 

人生なんてわからない

実際にデジタル遺産に関するファイルを作っていくと人生なんて有限なんだな…とつくづく思い知らされます。

 

人はいつ死ぬかわからないからこそ、準備をしておきたいものです。

 

さきほども言いましたが、今や通帳すらない時代です。

 

自分の資産がどのようになっているのか、わかりやすくしておかないと誰もその存在すらわかってもらえません。

 

年齢を重ねるに連れて死亡するリスクは高まってきています。

 

40歳、50歳、60歳…

私はいつまで生きていられるかわかりませんが、もし万が一の事があっても家族にデジタル遺産のありかと、そのデーターの使い方だけは残しておこうと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました