【サラリーマンブロガー必須スキル】フリック入力が速くなる方法

スマホを利用されている方の多くはフリック入力を利用されていることだと思います。

 

ブロガーにとってはタイピングとフリック入力はまさに、仕事スピードに直結します。

 

特にサラリーマンは外出先で記事を書く機会も多いと思いますので、いかにフリック入力が速くなるかは非常に重要となります。

 

片手入力?両手入力?

大き目のサイズのスマホを使っておられる方は両手で入力をする事になります。

 

逆に片手で楽々入力できるサイズの場合は両手を使え場余計に手間取る場合もあります。

 

手の大きさやスマホサイズなどにもよりますので、自分が打ちやすいと思うやり方を選べばいいかも思います。

 

私は最初は両手入力を利用していましたが、機種変換した際に、小型化しましたので片手入力に変えました。

 

軽くて小さなスマホでしたら十分に片手入力でもそこそこのスピードで打つことはできますよ。

 

ただ、手の小さい方や、大きな画面のスマホを使っている方は無理せずに両手打ちをしてください。

 

フリック入力は思った以上に手に負担がかかるようで、親指の付け根を痛めたり、手首を痛めている方が多いようです!

 

 

入力画面を見ない

フリック入力のスピードに大きく関わってくる部分です。

 

要はフリック入力部分を見ないで、予測変換部分を見ながら入力していきます。

 

もし、誤入力をしてしまった場合は、予測変換部分でおかしく表示されますので気付くことができます。

 

ブラインドタッチはこの誤入力にいち早く気付けるという事が非常に大きいです。

 

入力画面を見ていると、間違いに気付く事はありませんが、予測変換候補を見ていると一目で間違いに気付く事ができます。

 

「あいうえお」が時計回りに配置されていていますので、子音と母音の組み合わせで覚えるのにそんなに時間はかからないかと思います。

 

ただしフリック入力のブラインドタッチは、キーボードに比べて凹凸がまったくないぶん、余計に慣れが必要です。

 

最初は誤入力が多くてイラつく事も多いかと思います。

 

何度も繰り返して入力をしていると指が勝手に反応してくるようになり、入力の精度もあがってくるかと思います。

 

そこまで行くのに時間はかかるかと思いますが、一度慣れてしまえば非常に早いです。

 

 

予測変換をフルに活用

フリック入力の時に予測変換部分を見る癖をつけると入力間違いに気付くだけでなく、予測変換が効率的に作用して効いてくる事があります。

 

例えば、iPhoneと入力したい場合でも、(あい)と入力するだけで予測変換してくれます。

 

もともと予測変換がすぐれたGoogleのIMEを利用する事で、その効果はさらに発揮される事でしょう。

 

 

学習機能も備わっていますので、よく使う文字なんかは2・3文字打てば変換候補としてあがってきます。

 

変換候補をポチリと押すだけです。

 

使い込めば使い込むほど、スピードがあがっていくという事になります。

 

 

練習アプリより実践

私はフリック入力の練習アプリを入れましたが1日でアンインストールしました。

 

理由は使い方を学んだらあとは練習をあるのみ。

 

アプリで練習するよりも、実践で打っていった方が遥かに身になるという事です。

 

私にとっての実践で打つとはブログを書いたり、ツイッターなどのSNSを利用する事ですね!!

 

ブログを書くなら2000文字くらいの記事になります。

 

1記事書きあげるだけでかなりの練習になるという事です。

 

最初は誤入力も多いし、スピードも遅くて嫌になる事が多いでしょうが、繰り返しているうちに少しづつ確実にフリック入力のスキルは上がってきます。

 

キーボードのブラインドタッチと同じですぐにマスターできるものではありません。

 

ただ、入力を繰り返すことによって、少しづつでも確実に実力は上がっていくことでしょう!

 

 

スピードを意識して練習をする

あとはひたすらフリック入力の量を増やしていくしかありません。

 

実際にフリック入力でブログの記事を書き続ける事で、スピードはあがっていくかと思います。

 

早く打とうと意識しながら、フリック入力を繰り返すしかありません。

 

場所を覚えて、手が勝手に動くようになるまで練習あるのみです。

 

最初は焦らず時間をかけて、正しい位置を覚えていきましょう。

誤入力が減ってきたら、今度は時間を意識してフリック入力を行っていきましょう!

 

そのうちにだんだんと打ち込むスピードはあがっていきます。

 

 

ブロガーにとってフリック入力は重要

専業ブロガーなんかは、作業時間を決めてパソコンの前でがっつり仕事をされているもしれません。

 

しかし私みたいに朝から晩まで働いていて家では寝るだけ…みたいなブロガーはほとんどが合間での作業となります。

 

合間の作業で多くなるのは、やはりスマホでの文字入力となります。

 

つまり、いかにフリック入力が速くなるかで、ブログの記事作成スピードにも関わってくるのです。

 

フリック入力ではパソコンでのブラインドタッチにはかないません。

 

しかしフリック入力のブラインドタッチをマスターすればそこそこのスピードで文字入力ができるようになって、非常に強い武器となる事でしょう。

 

ちょっとした合間にフリック入力で1000文字程度の文章をササッと作れるようになれれば、ブログにおける記事更新の頻度も上がってくるのではと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました