【感情のコントロール】すぐ怒る人って人生損していますよね!

怒りほど無駄なエネルギーはないですよね

 

仕事上、さまざまな怒り震える人と接する事があります。

 

お客様がキレて怒りまくる事もあるし、上司がブチ切れて当たり散らかす事もあります。

部下がキレて突っかかってくるなんて事もありますよね。

 

何にしても、怒りほど無駄なエネルギーはないと思いますよ。

 

怒り狂ってクレームを入れてわめき散らかす方もおられますが、ただのクレーマーでしかありませんね。

 

私はクレーマーの怒り声を聞いていると、そのうち、よくもまぁこんなにもキレまくって疲れないものだよね…。

 

上司も朝から怒鳴り散らして、まわりはドン引きしてますけど!!

 

 

怒っても何一つ良い事がない

どこの世界でも、怒り狂っている方がおられる事でしょう。

 

そんは人と接する事はあっても、なるべく自分は冷静でありたいもの。

怒りに満ちた行動はろくなものがありませんよ。

 

 

冷静さを失う

私はとりあえず怒らないようにしています。

 

職場でも、家庭でも怒ったらだいたいろくな事がありません。

 

思ってもいない事を口走ったり、相手を罵ったり、普段とは違う行動になります。

 

よくカッとなって行動した…とありますが、場合によってはそれは犯罪となる場合もあります。

 

人生棒にふらなければならないかも?!

 

怒るということはそれくらいリスクの高いことだと認識しておきましょう。

 

冷静になれない。これはとてつもなく大きな事だと認識しましょう!!

 

 

血圧が上がる

イライラして、怒ると血圧が上がります。

自分を見失うレベルになれば、心臓がバクバクしてしまうかと思います。

 

これは心臓が必死になって酸素を供給している状態です。

 

血管の収縮も大きくなって、トラブルが発生しやすい状態になっています。

 

怒っている時には…「そんなに怒っていると血管が切れるよ。」と言われますが、まさにこの状態なのですよね。

 

日常的に怒って興奮している方はそれだけ血管のトラブルをおこす可能性は高いという事です。

なるべく冷静さを保って行動するという事は自分の健康のためでもあるのです。

 

 

周りからの信頼を失う

あまり怒ってばかりいるとまわりから人がいなくなってしまいますよ。

 

仕事のお客さんでも、キレて難題をつきつけてくる人はブラックリストに乗ります。

あまりにひどいようなら警察を呼ばれたり、出入り禁止になったりする可能性もあります。

 

職場でキレる人にはなるべく関わらないようにします。

必要最低限の会話しかしないし、あまり近づきたくもありませんよね。

 

あの人はすぐに怒るっていう噂されていますよ。

 

家庭内でキレてばかりいたら離婚沙汰にもなりかねませんよね。

朝から晩まで怒っている人と一緒に生活なんてしたくありませんからね。

 

 

怒るという事は必要です。自分の意見も言わなければならないし、相手の間違いは指摘しなければなりません。

 

でも、いちいちキレて大きな声を出す必要はなくて冷静に、注意したり指摘をしてあげればいいのです。

 

 

大きな声は単に迷惑

とりあえず大きな声を出したもの勝ちという考えをしている方がいます。

 

確かに一理ありますが、なんでもかんでも大きな声で怒鳴り散らかせば自分の意見が通るという勘違いしている方がおられますよね。

 

Yesマンになる必要はありません。

もし意見を言いたいのであれば、理論立てて自分の意見を主張すればいいだけです。

 

怒りに任せて大きな声に出したら、たしかに主張は通りやすくなるかもしれません。

しかし、社会人としてどうなのですか?って話です。はっきり言って迷惑でしかありませんね。

 

 

時間の無駄

一旦、怒ると、その心の炎を鎮めるのは大変です。

そして冷静な行動を取れない結果、あとあと余計な仕事まで増やしてしまう事すらあります。

まぁ時間の無駄の多いこと…。

 

最初から怒らないように心がけるのが一番です。

 

 

私は怒ると時間と体力の無駄遣いになってさまざまな面でマイナス要素ばかりになってしまいますので、最初から極力、怒らないように心がけています。

 

 

怒ることでしか対応ができない

そもそも怒る人って問題を解決する能力がないのだと思います。

 

単純に怒ることでしか現状を変えられないので怒りに任せて行動をしてしまうのですね。

 

適切な問題解決法法がわかっていれば、そもそも怒る必要すらないのです。

 

怒る人の多くは怒ることでしか対処ができないのです。

 

思うように自分の意見が言えなかったり、適切な代替え案が思い浮かばなかったり、助けを求めることができなかったり…

その結果として「怒る」という選択肢を選んでしまうのですね。

 

そんなわけで怒りの多くは私達にとって、マイナス要素でしかありません。

なるべく怒るという選択肢をとらないようにしましょう。

 

 

怒りがこみ上げてきても、それをぐっと飲み込んで冷静に話し合いをしましょう。

それでも、怒りが収まらないなら一旦、その場を離れて頭を冷やしましょう。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました