腰痛というサラリーマンにとっての致命傷

腰を痛めました。お尻の横から太ももにかけて激痛が走って痛みが…。

めっちゃ痛い…。

 

普段はどうってことのない腰ですがいったん痛みだすと、つらくて仕方ありません。

 

腰痛予防に心がけているつもりでしたが…心がけているだけで実際にはできていなかったという事ですね!

 

年に1、2回腰を痛めるのですが、その度に整形外科に行って、レントゲンやMRIを取ります。

 

まぁ結果は、いつも特に骨に異常はなくて、坐骨神経痛などの診断名が下ります。

 

特段、なんの治療をする訳ではなくて、痛み止めとシップをもらって安静にしといて下さいという事になります。

 

細菌感染症なら薬で劇的に治っていきますが、腰痛はそういった類ではありません。

…困った事に腰が痛い割に…たいした治療をしてもらえるわけじゃなのですね。

 

痛み止めのロキソニンも湿布も薬局で買えるので病院に行く必要はあったのかな?!なんて思うわけですね。

 

MRIやCTの検査代ってけっこうお高いですからね!!

 

 

他人にはわからないつらさ

腰痛の急性期って何をするにしても痛みが走ります。

 

椅子に座っても痛いし、歩いても痛いのです。

コピー1つ取りに行くのにも痛みを我慢しなければならなくて本当につらい…。

事務といっても割と体を動かします。営業に出なければいけない事もありますし、荷物を運ばなければならない事も。

 

しかも何時間も働いているとだんだん腰の痛みが悪化していく。

そして、涙がらに仕事を終えて倒れ込むように寝ます。

 

これを繰り返す日々。

腰痛を抱えながら仕事をするのは本当につらいのです。

 

だからといってまわりにはなかなか理解してもらえるわけではなく、そうそう休めるものではありません。

 

 

急性期がすんでも治らない

長時間、腰に負担をかけて働くわけなので急性期が終わってもなかなか腰は完治しません…!!

 

激痛が和らいで少し楽になっても…腰の痛みは残りがちです。

 

残業して働いたりすれば12時間働き続ける事にもなります。

会社で支給された椅子に座って、働き続けているとどうしても腰に負担がかかり続けます。

 

なかなか腰の痛みは完治することなく騙し騙しで働き続ける事になります。

 

 

腰に悩むサラリーマンは多い

私の職場にも腰の痛みを抱えながら働いている方は多いです。

仕事によってはどうしても腰に負担をかけ続けなければならないのです。

 

つまり腰痛と付き合いながら働き続ける事になるのです。

 

まともに動けなくて同僚に迷惑をかけたり、歩けない状況なら休まざるを得ません。

なかなか完治しないのが腰痛の困ったところ。

 

そうこうするうちに会社で白い目で見られて居づらくなって、辞めてしまわれる方も多いことでしょう。

実際に腰を痛めて仕事を辞められた方も知っています。

 

サラリーマンにとっては腰痛は笑い事ではすまされないのです。長引く腰痛は死活問題に発展します。

 

腰痛って一度なれば、癖になってなかなか治らないようになってしまいます。

また生活習慣や姿勢などを変えない限りは、同じ場所を繰り返し再発してしまいがちです。

 

その為にも腰痛の予防は非常に大切になってきます。

 

 

腰痛を予防する

腰が痛かったり違和感を感じた場合はなるべく早めに腰痛ベルトを装着して負担を軽くするようにします。

と申しますのも一旦、腰を悪くすると回復するのに時間がかかってしまうからです。

少し違和感を感じる程度の段階からサポートをしていく事で腰痛を重症化させる事を防げます。

 

 

ストレッチを習慣化する

腰が痛くて我慢できずに整形外科にいって精密検査をしても骨には異常がないという事が多いです。

 

要は腰回りの筋肉や神経が傷んだり敏感になって痛みとしてでている訳ですね。

 

腰回りの動きを柔軟にして、筋肉をつける事で腰痛を防ぐことができます。

 

いわゆる腰痛体操を繰り返す事で腰回りが柔軟になって、筋肉がつく事で腰を痛めにくくなるのです。

 

腰が痛くないときでも運動の一環としてストレッチを取り入れていきたいですね。

 

腰痛になっている場合は筋肉が凝り固まっている場合が多いです。その為にもストレッチで十分に筋肉を伸ばしてあげましょう!!

 

できれば毎日、少し時間を使って腰回りのストレッチで筋肉を十分に伸ばしてあげましょう。

 

 

姿勢を正す

腰痛って極端に腰に負担をかけ続ける事で発生します。

 

何かのきっかけで腰痛になった気がしますが、腰痛の多くは常日頃からの腰への負担の積み重ねです!

 

この根本原因をなんとかしない限りは、いつまでたっても腰が痛み続ける事になります。

 

腰に負担をかけない為にも正しい姿勢をとりましょう。

 

正しい姿勢とは背筋を伸した姿勢です。

 

座っている時に歩いている時に猫背になっていませんか?!

猫背になる事で、腰への負担は急激に増します。

 

つまり猫背は腰痛の大きな原因の1つです。

 

同じ椅子に座るにしても、椅子に腰深くかけて姿勢を正すことで、腰への負荷が分散されます。

 

しかしなかなか姿勢って直せないものです…。その場合は腰痛ベルトや背骨矯正ベルトを使って正しい姿勢を習慣づけましょう。

 

姿勢って気付くことで良くなっていきます。その時は正しい姿勢を取れるのですが、忙しくなったり、時間がたってしまうと忘れてしまいます。

 

そうならない為にも自然に姿勢がよくなるまでベルトで体を矯正させていくのも1つの手です。

 

私も腰を痛めないためにも腰痛ベルトと背骨矯正ベルトで姿勢が正しくなるまで続けていきたいと思います。

 

腰痛は徐々に改善されつつあります。これ以上、腰を悪化しない為にも、しっかりとストレッチと正しい姿勢を心がけていきたいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました