【スマホネックに注意してください】首まわりが痛み始めてきつらい…

最近、スマホでブログ記事を書く機会が多いのですが、スマホを長時間利用していた為に首まわりがめちゃくちゃ凝っています。

 

ジワジワ痛む感じで、筋肉の張りがものすごいのですよね。

 

スマホ首(ストレートネック)とは?

スマホやノートパソコンの使いすぎで、本来でしたら湾曲しているはずの首がまっすぐになってしまう人がいます。

 

すると首まわりの筋肉が常に引っ張られる状態になってしまって、肩こりや、肩の痛み、頭痛などを引き起こしてしまいます。

 

頸椎の関節には多くの神経が走っているので、自律神経失調症など他にもさまざまな症状を引き起こす可能性があるのです。

 

特に前かがみ状態がストレートネックの状態ですので、スマホ社会の現代人にはまさに社会的な症状とも言えるでしょう!

 

 

スマホ首の辛さ

首って一旦痛み出すとものすごく辛いですよね。

寝違えもそうだし、スマホ首もつらいの何のって。

 

普段は首まわりの筋肉の動きなんて、気にしていないと思いますが、一旦痛み始めるとあらゆる動きが制限されます。

 

特にパソコンやスマホの利用時における前屈みの姿勢は首から腰にかけて大きな負担となります。

 

少し前屈みになる度に、首に張りを感じてつらいのです。

 

仕事も全然集中できません。

首まわりがジンジン意識をもってアピールしてくる感じで不快な状況が続いています。

 

 

首こりでうつになる?!

このつらい首こりも長期化すれば大きなストレスとなります。

首の筋肉はあらゆる場面で使いますので、首まわりの凝りは相当のストレスとなります。

 

何をするにしても首の痛みや凝りを気にしつづけなければならないので、大変です。

そんな状況が続けば、気持ちも落ち込んできますよね。

 

首凝りが治らない事で、ストレスを抱え続けていると、うつ的な気持ちになられる方もおられるくらいです。

 

 

スマホ首の改善の仕方

首凝りには根本的な治療はありません。

主に首回りの筋肉が異常をきたしている状態です。

無理な姿勢をとらずにできることから、とりくんでいって首の負担へらしてあげましょう。

 

 

とにかく姿勢を正す

首周りの凝りを根本的に治そうと思うのならば、まずは姿勢を正す事から始めないといけませんね。

 

ストレートネックの原因は前屈みの姿勢とも言われています。

 

スマホを使う際に、ついつい前かがみで使ってしまいます。

 

この時、首周りの筋肉に大きな負担がかかってしまいます。

 

スマホの利用時間が長い場合は特に注意が必要です。

 

私も毎日数時間単位でスマホを利用してきましたので、それが原因かな…と思っています。

 

これからは特にスマホやパソコンの利用時の姿勢には気をつけたいと思います。

 

スマホを利用する際はなるべくスマホを顔の位置まであげて前かがみになる事なく、正面を向いて使うようにしましょう!

 

それだけでスマホ首は大きく改善されるものです。

 

 

スマホの使う頻度を下げる

ストレートネックを防ぐにはスマホ利用時に首への負担を減らすのが一番です。

負担を減らすためにスマホの利用頻度をさげましょう。

 

今の状態なら、首に強い負担がかかっしまっている状態が続くからです。

 

 

スマホ依存になっておられる方なんて、朝から晩まで1日中スマホを触れているって方もおられるのではないでしょうか?

 

ソシャゲやSNSなどを利用するとあっという間に数時間たってしまいます。

 

長時間のスマホの利用は想像以上に首に負担をかけているのです。

 

 

音声入力をマスターしよう

スマホのフリック入力時にはどうしても下を向いてしまいがちです。

街なかでもスマホを使っている人を見てください。

 

多くの方が下を向いてスマホをポチポチされているのではないですか?

 

ずっとストレートネックの状態が続くわけですね。

 

それを避けるために、声を出せる状況なら音声入力を導入してみるのも1つの手です。

 

私は家でブログ記事を書く時はGoogle音声入力を利用しています。

 

スマホに向かってしゃべるだけで勝手に文字入力されるのですが、フリック入力と違って正面からスマホにしゃべるので首をあげる事になります。

 

音声入力を利用することで、ストレートネックになっている時間を減らすことができます。

 

 

 

背筋矯正ベルトを利用する

ストレートネックになってしまう原因として、猫背があります。

 

もともと猫背の方は前かがみ状態ですので、スマホを使う時はさらに前にかがんでいく事になります。

 

この猫背ですが、癖のついている方なら無意識になってしまうので治すのはものすごく大変なのです。

 

治そうと思っても治らない…そこで利用してもらいたいのが矯正ベルトですね…。

 

 

矯正ベルトを利用すれば強制的に背骨を伸ばしますのでストレートネックの解消に繋がります。

 

姿勢が全般的に良くなりますので、肩こりだけでなく腰痛の予防にもなりますし、見た目にも美しくなります。

 

 

 

ストレッチで首まわりの筋肉を和らげる

首まわりの筋肉に異常を感じる時に筋肉を伸ばすストレッチを取り入れる事で、違和感や痛みの解消に繋がります。

 

  • まずは椅子に深く腰をかけてください。
  • 両手を頭の後ろにつけます。
  • その状態で後ろに反っていきます。もう無理ってところまで反ってください。
  • そのまま30秒キープするだけです。

 

これがけっこうキツイのですが、普段は前かがみに筋肉がつっぱられているので、反対方向に伸ばしてあげる事で首まわりの筋肉のコリを解消してくれます。

 

 

まとめ

最近、首まわりが張っているなぁって思われているなら、それはスマホが原因である可能性が大きいです。

 

スマホ画面を見てずっと下を向いていませんでしたか?

 

ストレートネックは癖になるますので、スマホを利用する際の姿勢の改善に務めなければ、何度でも繰り返してなり、どんどん重症化していきます。

 

 

スマホを少しあげて前を向いて利用することで、首の本来のカーブをキープするようにしましょう!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました