【自分に合った仕事を探す!】びっくりするくらいに楽な仕事もあるもんだ

今の自分の仕事が無茶苦茶忙しいので世の中の仕事ってみんな忙しいものだと思っていました。

でも中には楽な仕事もあるのですね…。

12月に入って年末決算に向けて、まともに休みも取れないくらいの忙しさを送っています。

 

先日、他所の支店に応援に行ってほしいという事で、 出張扱いで行きました。

そこは地方都市で人口も少なくのびのびした雰囲気でしたね。

 

 

同じ会社なのにここまで違う

仕事もびっくりするぐらいのんびりしているのです。

同じ会社の同じ業務でも、絶対量が少ないのであっという間に仕事が終わってしまいます。

 

普段している仕事が10だとすれば3くらいの量なので取られる時間が圧倒的に少ないのです。

こんなのでいいの?!といった感じですね…。

 

毎日伝票の処理をしていくのですが量が3割ぐらいなのですね。

だからかかる時間も圧倒的に少ないのです。

 

いつも汗をかいて、残業をして終電に間に合うか間に合わないかギリギリぐらいで仕上げてたことを思えば、ここの支店の仕事の量はこの忙しい時期でも確実に定時に終われるような量です。

 

ノルマも少なく人間関係も極めて良好。

 

それでも人数は3割になるわけではなく、普通に確保されているので一人あたりの仕事の絶対量が圧倒的に少ないのです…。

 

今までいくつかの支店を転勤してきましたが、こんなにも楽なところがあるのかと脳天を直撃された気分です。

 

毎日私が頭を抱えて、今日終電までに仕事が終われるのかギリギリのところを働いているのに比べて、そこでの仕事は午後の4時ぐらいには確実にキリがついています。

 

帰る前に残務処理をして、定時になると同時にさよならといった感じでした。

 

規模が小さいので全体ノルマの数字も少なく一人あたりのノルマ量も少なくなります。

「なるほど同じような仕事でも、その絶対量でここまで差が出てくるのか?!」と思わされましたね。

 

処理しなければならない伝票の数が数倍違っても、給料はほとんど変わりません。

役職に応じて給料は決まってきます。

違いって…せいぜい残業代が違ってくるくらいなのですね。

 

そう思うとなんだか…悲しくなってきました。同じ会社で働いて同じ役職でもここまで違うのかって…。

 

自分のペースで仕事ができて、それでいて確実に給料をもらえるならこっちの方が圧倒的にいいですよね…。

 

隣の芝は青く見えるといいますが、実際に違いを感じるとそれはもうモチベーションに大きく関わります。

 

 

自分に合う仕事を探そう

同じ会社の同じ仕事であっても、ここまで大きな違いが出てきます。

ましてや他の会社などと比べたら雲泥の差となることでしょう。

 

同じように働いてお金をもらうなら、少しでも楽な仕事をする方がいいですよね。

 

自分に合うという仕事を探すのはなかなか大変です。

 

私はどんな仕事でも仕事なんだから大変で当然だ!多少無理をしてでもつなげなければならない!頭を下げなければいけない!すべてがそんな仕事ばかりだとは限らないという事ですね。

 

仕事をしていると目の前の事しか見えなくなりますが、世の中には本当にさまざまな仕事が存在します。

 

社員の事を大切に思いしっかりと育ててくれる会社から社員を人間だと思わないでこき使ってくる会社まで…様々です。

 

すぐに自分に合った仕事を見つけるということは大変かもしれません。

 

でもそこで諦めてはならないと思うのです。

 

本当に自分がやりたいことは何なのか?

何をしている時が一番楽しいのか?

どうやって生きれば後悔はないのか?ということをしっかり考えておきましょう。

 

 

働かない

究極、働かずにお金を得ている人もたくさんいます。

 

世の中には株や不動産や債券などの不労所得で生活している人もいっぱいいます。

不労所得とは労働をせずにいられるお金の事ですね。

 

株や不動産屋再建は資産です。

資産を持つことで僅かながらでも不労所得が発生します。

 

この不労所得を増やしていくことで、働かなくても生きていくだけの収入を得られることを目指したいですね!!

そんな簡単なことじゃないけど、いつか近い将来達成したい夢ひとつではあります。

 

 

<転職に関する情報ならこちらをおすすめします>

あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!

正社員、契約社員の仕事情報から探す【バイトルNEXT】

経験や経歴を気にしなくてOK!+若者正社員チャレンジ事業

 

<不労所得を実現する為に読むべき本はこちらです>

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました