年末の繁忙時期に繰り広げられる忘年会にノックダウンしそうです

私の会社は年末で大まかな通期の業績が決まるため、相当、数字に追い込まれます。

 

ですのでどうしても残業や休日出勤が増えてしまいがちです。

そうでなくても長時間労働で疲れがたまるのに、そこに追い討ちをかけるようにやってくるのが忘年会です。

 

 

複数やってくる忘年会

年末が近づいてくると増えてくるのが忘年会です。

 

会社全体の忘年会から、

部署の忘年会、

同期で行っている忘年会、

大学時代の友人との忘年会…。

 

これでもかというぐらい忘年会がやってきます。

 

 

年末は何かにつけて忘年会をするのですが、正直言ってそこまで体力が持ちません…。

仕事をして、そこから残業でクタクタになっている状態で飲みに行きます。

 

お酒を飲むと、どうしても疲れますし睡眠も浅くなります。

 

次の日は疲れが溜まったままで、なかなか起きられなかったり、体の動きが悪かったりします。

そしてミスを発生させてしまう悪循環が発生してしまいます。

 

そうでなくても年末は長時間労働で、忙しくて少しでも睡眠時間を確保したいという状況なのにそこに忘年会がやってきて、体はボロボロな状態になります。

 

 

金曜以外にやる忘年会

次の日が休みならまだ忘年会も楽しいのですが、週の半ばに次の日仕事という状態ではなかなか飲めません。

 

次の日も早く起きなければいけないので自制が必要になってきます。

 

せっかくの忘年会だから、思いっきり飲みたいけど…次の日のことを考えるとどうしてもお酒の量を抑えなければなりません。

 

忘年会のシーズンは集中しますので、金曜日以外でも関係なしに開催されます…。

 

まぁ単身赴任の方は帰省をされたり、金曜日はプライベートで習い事があったり…結局どの日にやっても完璧という日はないのですがね。

 

 

夜中まではしゃぐ忘年会

会社の忘年会は大規模なために、どうしても夜が遅くなってしまいます。

金曜に忘年会が開かれるので、みんなホテルを取るなり準備万端です。

1次会の忘年会、2次会のカラオケ、3次会のスナック…それが終わってからラーメンを食べに行って解散。

 

気づけば夜中の2時なんてこともあります。

若い頃はそんなことをしてても平気でしたが、40を超えたあたりから夜中まで騒いでいると、どうしても次の日にダメージが来ます。

 

そう考えると金曜日の忘年会もたいがいなものですね。

 

出費がとんでもない

忘年会はだいたい鍋に飲み放題プランとなります。

5000円から1万円の出品になります。

 

料亭などに入ったなら数万円の出費ですね!!

 

そこに2次会やさ3次会の料金。

 

さらに宿泊・ホテル代。

もしくはタクシー代。

そんな忘年会がかさなれば かなりの出費になります。

 

正直、痛い出費が続きます…。

あまりに大きな出費が続くと妻からもクレームが入ってきますからね。

 

 

昔はそれも仕事のうちのひとつだと思っていましたが、最近では「忘年会にお金を使うなら貯めておきたいなぁ…。」とも思うようになりました。

 

忘年会すべてのトータル金額を合わせると…株を一単元買える金額じゃないかそんなふうに思っています。

 

どうしても出席しなければいけない忘年会を除いて、なるべく断るようにしました。

 

連日連夜の忘年会は、体力ももたないし、お金ももったいないと思うようになってきたのです。

 

せっかく稼いだボーナスが忘年会で消えるのはもったいない!

将来のためにもっとお金を貯めるために、忘年会の参加数を減らすようになりました。

 

 

忘年会の断り方

義務みたいに開催される忘年会ですが、忘年会の断り方はシンプルです。

私は会社の忘年会など絶対に参加しなければいけない忘年会を除いて、なるべく断るようにしていきます。

 

LINEでお誘いが来るのですが…忙しくて(都合が悪くて)参加できなくて申し訳ございません、の一言で良いかと思います。

 

私の場合は本当に仕事が忙しいのですからね…。12月に入って残業しっぱなしで時間外労働が恐ろしい事になっています。

会社関連の忘年会は諦めて出席しています。まぁ忙しくても年の最後くらいは同僚とゆっくり話を弾ませたいですからね!!

 

みなさんも年末は何かと忙しいかと思いますが、くれぐれも体調を壊さないように気をつけてください。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました