【パフォーマンスの向上】空腹が脳を活性化させている気がします

仕事をする上での楽しみの1つと言えば昼休憩ですよね。

疲れた体を休める同時にお腹を満たすランチタイムでもあります。

 

大きなビルや駅などには昼時になればランチで賑わっています。

お腹がペコペコになるとどうしても昼ごはんを食べたくなります。

 

ランチにいけば、だいたい1000円くらいでお腹いっぱい食べられます。

 

最近は、ランチと言えども力を入れられている場合が多くて、ボリュームも値段もしっかりしたものが多いと思います。

 

 

満腹を避けましょう!

このランチですが、ちょっと量が多い気がします。

ボリュームあるランチをしっかり食べると仕事をする気が失せます。

 

お腹が膨れた時って頭も体も動かないものです。

動物を見ていたらわかります。

 

空腹時に狩りをして獣を仕留めてお腹いっぱいに食べた後は、多くの動物は休憩します。

っていうか満腹を感じているときに機敏な動きなどできないのですね。

 

それは人も同じです。

 

お腹がいっぱいになったら、少し横になって休みたくなりますよね。

ランチバイキングなど食べたものなら…満腹になり過ぎて昼からはもう何もできません。

 

 

勉強も同じです

学校から帰ってきて1番勉強するベストタイミングっていつでしょうか?!

それは夕食までという事になります。

 

できれば帰ってそのまま勉強をして、予習・復習・宿題を終わらせたほうが無難です…。

 

16時とか17時くらいって1番お腹が空いている時間帯です。

 

この時間がもっとも頭が冴えわたる時間でもありす。

 

お腹いっぱい夕食を食べてしまったら、その後に何もできなくなってしまいますからね。

勉強するなら、夕食までがベストです。

 

夕食を食べてお腹いっぱいになると、もう宿題なんかどうでも良くなってしまいます。

 

 

夕食後は諦めよう

もし夕食を食べたなら、その後のクリエイティブな活動は諦めるべきです。

 

脳がまともに働かないので、ボーっとしてしまったり、いつまでも眠気に襲われたままだったりします。

 

また夕食は基本的にしっかりと食べますので消化にエネルギーをつかいます。

消化に使うエネルギーは思った以上に大きいのです。

 

満腹状態からの完全消化にあたってはフルマラソンに匹敵するとも言われてます。

それくらい体力の必要な事です…。

 

夕食後は基本的に、のんびりと自由な時間を過ごす事が向いています。

のんびりとテレビを見たり、動画を見たりゲームをしたり、本を読んだり。

 

だからあまり夜には頭を使う作業は避けた方が、無難です。

そうでなくても1日の疲れが出てくるのは夜です。

 

そこにご飯を食べて消化しなければならないので、体が休息を求めるようになるのです。

消化する事に体を使ってしまうので、なかなか集中できないし、疲れを感じやすくなってしまうのです。

 

 

空腹だからご飯が美味しい

美味しくご飯を食べるとっておきの秘訣は空腹である事です。

1日3食お腹いっぱいに食べているようでしたら、いつもお腹に食べ物が残っている状態です。

 

本当にご飯が美味しいと感じる時はお腹ペコペコの状態です。

 

お腹いっぱい食べるのは夕食程度にしておいて、朝食と昼食は控えめにしておけばいかがでしょうか?!

 

そうすれば夕方にはお腹がペコペコになって…夕食がいつもの何倍も美味しく感じられるかと思います。

 

 

空腹を利用しよう

体を動かしたり頭を使った作業がしたいなら空腹を利用するようにしています。

お腹が空いた状態だとをパワーがでない…って言っておられる方もいるようですが逆に空腹時の方が体は活性化していると思います。

 

まさに本能のセンサーが働いてくるのですよね。

動物も空腹状態で狩りをする時に最高のパフォーマンスを発揮します。

 

仕事の効率をあげたいなら空腹状態に持ってくるのがベストかと思います。

 

お腹がいっぱいで思考が停止した状態で働くのではなく、空腹で思考が研ぎ澄まされている状態で仕事をしたいですね!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました