お腹が空いて我慢できない時にはどうしたらいいのか?!

ダイエットをする上で絶対に欠かせないのが空腹をいかに対処するかですね。

 

 

お腹が空いたらもう我慢できません。

 

疲れたら眠たくなって意識が飛んで眠ってしまうように、お腹が空けばどうしても食べたくなります。

 

これは人の本能であり、そう簡単に空腹に抗う事はできません。

 

 

そもそも満腹、空腹とは?!

満腹って胃にたくさんのものが入っている状態、空腹って胃が空の状態をイメージしますがちょっと違います。

 

ご飯をたくさん食べで、消化される過程で血糖値が上がった時に満腹感を感じられます。

ですので満腹を感じるまでには少しタイムラグがあります。

 

逆に空腹は、消化が進み、血糖値が下がったときに感じます。

つまり空腹を凌ぐのはいかに血糖値をコントロールするかにかかっているのです。

 

空腹を凌ぐ方法をご紹介します

炭水化物を避ける

そもそも血糖値を急上昇させないように気をつけよう

 

野菜やお肉中心の食事をしていれば血糖値が急上昇するとかいった事は防げます。

つまり急下降する事がなくなるので、血糖値は安定的に推移します。

 

ダイエットをしている時には炭水化物の摂取を抑える事で、血糖値を安定させ空腹感を抑える事ができます。

 

 

プロテインをとる

ダイエット中でも十分に水分を摂取することを心がけましょう。

私は空腹で我慢ができない時には、プロテインを溶かして飲んでいます。

 

プロテインは水に比べて随分とお腹が持ちます。

プロテインを飲んで満足できる事はありませんが…我慢できないほどの空腹感から脱出する事ができます。

またダイエット時に不足しがちなタンパク質を摂取する事もできます。

 

タンパク質は筋力の低下を防ぐ事にもなりますので、ダイエット時にプロテインを飲むという事は非常に理にかなっています。

 

 

ガムを噛む

お腹が空いている理由に口が寂しいという事もあります。

 

口に入れて何か食べたいな…って気分になる時ってありますよね。

そんな時にはガムを噛んでみましょう。

 

ガムを噛めば口をしっかりと動かすことになり、唾液が分泌されます。

すると脳が勘違いして少し満足してしまいます。

 

口にガムがある事で空腹をまぎらわせる事ができるのです。

 

 

歯を磨く

お腹が空いて我慢ができない時におすすめなのが、歯磨きです。

歯磨きをすると口の中がスッキリします。

 

口の中がスッキリすると物を食べる気がなくなります。

スッキリした状態を保ちたいからですね。

 

お腹が減ったな。

何か口に入れたいなと思った時は、歯を磨かれる事をおすすめします。

 

 

空腹対策になると同時に歯肉のマッサージにもなり、歯垢を除去でき歯槽膿漏の予防にもなります。

 

 

音楽を聞く

好きな音楽を聞くと、夢中になって空腹感を忘れる事になります。

 

音楽は感情をストレートに揺さぶってきますので、気持ちが揺れ動かされます。

 

あれ?!今までの空腹感はどこにいっていたのだろうか?!って感じになるのです。

またクラシックなどを聞くとリラックスする事ができ、空腹によるイライラも解消される事でしょう。

 

どこでも手軽にできる空腹対策です。ぜひとも試してみてください。

 

 

GI値の低い食べ物で凌ぐ

グリセミック指数の事で、同じ量を食べても血糖値が上がりにくい食材の事を指します。

 

お腹が空いてどうしても我慢できない場合は、なるべくGI値の低い食材を食べることで血糖値の上昇を抑える事ができるのです。

 

コンビニで売っている食べ物ならナッツ類やヨーグルト、チキンサラダ、サラダなどがGI値が低いですね。

 

お腹が空いてどうしても我慢できずに食べるにしても、食材を選んで血糖値を穏やかにあげるようにしましょう。

 

間食による血糖値を急上昇を防ぐ事で、太るのを防ぐだけでなく健康にも役立ちます。

 

 

ダイエットしている目的を思い出す

お腹が空いて仕方がない!!ダイエットをしている時は空腹との戦いになります。

 

なかなか満腹感が得られる事がないので常にお腹が減った状態です。

 

こればかりはどうしようもありません。

体重を減らそうと思うなら、食べる量を減らすことは必須事項だからですね。

 

もう一度ダイエットに取り組んでいる理由を思い出して、初心に帰ってみましょう。

ダイエットを成功させる最後の砦は、意志の力です。

 

 

何故ダイエットを始めたのですか?!

きっとどうしてもダイエットを始めたい理由があったはずです。

 

 

もっと美しい姿になりたい、

生活習慣病で問題が発生している、

…人によっていろいろな理由があるかと思います。

 

ダイエットをする目的をもう一度思い出す事で空腹という状態を乗り越えましょう。

 

 

空腹を楽しむ

ダイエット中はどうしても空腹の状態は避けられません。

 

これはどうしようもありません。

 

 

いっその事、空腹を楽しんでみればどうでしょうか?!

 

 

お腹が減った状態って満腹の時より神経が磨かれています。

 

アスリートの方や芸術家も仕事に取り掛かる時は、空腹状態で望むと言われています。

 

自分のパフォーマンスを最大限発揮できる状態でもあるのです。

 

満腹になればどうしてもパフォーマンスが低下します。

ダイエットに取り組む事で、仕事などのパフォーマンスの向上にも繋がりますので、上手に空腹を活かしていきたいですね。

 

 

理想の姿を想像しよう

ダイエットを成し遂げた後の痩せた自分の姿をしっかりと想像しましょう。

ぷよぷよなお腹じゃなくて引き締まったお腹を目指している訳ですね。

 

裸になっても恥ずかしくない姿。

 

自分の理想とする姿に達するには空腹という誘惑に打ち勝つ必要があるのです。

 

誘惑に負けそうになった時に、最悪の自分の姿と理想とする自分の姿の両方を思い浮かべてみてください。

 

 

今、諦めては永遠に目的は達成できない

空腹状態は本当に辛いです…。お腹いっぱい食べて、ゴロゴロするのは至福ですよね。

 

でも、それは一時的な快楽でしかありません。

時期にインスリンが分泌されて血糖値は下がっていきます。

その時に余計に疲労感を感じることでしょうし、さらなる空腹感にも襲われる事になります。

 

今、空腹を我慢できなければ永遠にダイエットに成功する事はできずに、同じ事を繰り返してしまう事でしょう。

 

ダイエットによって人生を変えたいのなら、空腹を乗り越えなければなりません。

 

人生は一度きりです。

後戻りはできません。

後悔しない人生を歩むためにも、自分の決めたことはしっかりと成し遂げていきましょう!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました