【デンタルフロスをかけていますか?!】歯垢(歯くそ)が臭すぎて絶望してしまった話

タイトルから汚い話で大変申し訳ございません。

 

今回は歯くそ(歯垢)の臭いの話です。

 

汚い話が続きますので苦手な方はご遠慮ください。

 

 

普段は歯垢の臭いはわからない

普段は歯垢がたまっていてもそれほど臭いはしません。

と言うのもきちんと歯磨きができていれば、歯垢は除去されるからですね。

 

歯磨きによって歯の表面に付着した歯垢を取り除く事ができます。

 

歯の表面の歯垢は取り除かれて、歯の間に歯垢がたまっていきますので…

自分で自分の歯垢の臭いってわからないのです。

 

 

歯垢の臭いとは?!

歯垢の臭いってどんな臭いなのでしょうか?!

 

一言でいって腐敗臭です。

 

人と話をしていてえぐみのある臭いを感じた事はありませんか?!

 

歯垢が歯石となり、歯槽膿漏となれば口の中から強烈な臭いを引き起こします。

 

もうこの人とはしゃべりたくない…

一度味わうと身構えてしまうくらいの臭いです。

 

 

自分の歯垢の臭いを感じる方法

普段は歯垢の臭いって、自分ではわかりません。

他人には強烈な腐敗臭を発するのに、自分ではわからないのです。

 

でもデンタルフロスをかけたあとに、除去された歯垢を嗅いでみてください。

強烈に臭いかと思います。

 

歯と歯の間に溜まった歯垢が腐った臭いです。

 

毎日フロスをかけている人にとってはそこまで臭うことはないでしょう。

 

でも、久しぶりにフロスをかけるって場合には、歯垢が腐敗臭を発するのでわかりやすいかと思います。

 

フロスに付着した歯垢の臭いこと…。

「うわっ…くせっ…。…。…。」

 

自分の口の臭いですが、デンタルフロスに付着した歯垢の臭いは自分でもわかるのですね…。

本当に歯垢の臭いって絶望ですよね。

 

 

めったにフロスがけをしない人は一度騙されたと思ってフロスをかけてみてください。

 

めちゃくちゃ歯垢がたまって、一部は歯石化しているかと思います。

そしてその汚さと臭いに絶望してしまうかと…。

 

 

歯垢が臭いのは普通

最初に言いたいのは、歯垢ってめちゃくちゃ臭いですが…実は歯垢が臭いのが普通です。

 

デンタルフロスをかけたあとの自分の歯垢に臭いに絶望しますが…自分だけが特別に臭いわけじゃありません。

 

歯垢は細菌の塊であり、細菌が歯を溶かして腐敗臭を放ちます。

 

歯垢ってくさいものだから普段のケアが大切だという事です。

歯の表面に付着した食べ残しから雑菌が繁殖して歯垢となります。

 

歯垢そのものを完全に防ぐことはできませんので、少しでも口臭を予防する為にしっかりと歯磨きをする事が大切になります。

 

フロスをかけて臭いの原因を除去する

歯垢は歯の周辺に付着します。

 

普段の歯磨きで歯の表面についた歯垢を取り除く事ができるのですが、歯間の歯垢や歯茎についた歯垢はそう簡単に取り除く事ができません。

 

歯磨きに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを使えば、かなりの歯垢を除去できます。

 

歯磨きだけでは歯垢除去率は6割程度と言われていますが、歯間ブラシとフロスを併用する事によって9割程度まで上昇します。

 

特に歯間にたまった歯垢はめちゃくちゃ臭いです。

定期的にフロスがけをして、歯垢を取り除くようにしましょう!!

 

 

ひどい場合は歯槽膿漏かも?!

意識して歯垢取りをしているのになかなか口臭が改善されない時は、歯槽膿漏になっている可能性がありますので、歯医者で歯石取りをしてもらいましょう。

 

取り切れない歯垢は歯石となります。

 

一度、歯石ができてしまうと自分の力では取り切れずに、歯医者さんでとってもらうしかありません。

どうしても歯石は溜まってしまいますので、定期的に歯石除去をしてもらうしかありません。

1年に一度、できれば半年に一度は歯医者で定期検診を受けましょう!!

 

日々の丁寧な歯磨きと定期的は歯石除去で口臭を抑え込むことは可能となりますよ。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました