【音声入力のコツ】役者になりきってしゃべっていく

最近はブログ作成の多くを音声入力で行っています。

複数のブログを運営するにおいて記事の作成スピードは非常に重要になっています。

ひとつの記事を作るのに1時間も2時間もかけていられないのが実情です。

 

記事の下書きを大量作成するならば音声入力は必須となります。

 

またライティングをしていると体が疲れるのもひとつの特徴です。

スピードライディングをしていると指先はもちろんのことながら、首から肩にかけて相当の疲れが発生します。

 

それに比べて音声入力はリラックスした体勢でしゃべっていくことで文字が入力されていきます。

 

 

ブログ執筆における必殺技

音声入力はブログ執筆においてかなりの役目を果たしてくれます。

 

最初はなかなか思うように音声入力ができませんが、慣れてくればキーボードによるライティング以上のスピードを出しつつもリラックスしながら文字が打てていきます。

 

スマホを利用すれば寝転びながらでも記事を作り上げていくことが可能となります。

 

何時間もパソコンを前で必死になってライティングをしていると相当の疲労が溜まります。

 

肩は凝るし背中は張ってくるし腰も痛くなってきます。

 

ブログで成功しようと思えばある程度の作業量は必須なのです。

 

その作業量をこなすためにも、音声入力は非常に役立ちますし楽ができます。

 

ライティング時には感覚を指先に集中して画面を必死でいながら打ち続けることになります。

その作業が軽減できるという意味でも、音声入力はブログ執筆における大きな手助けとなることでしょう。

 

 

Google音声入力で高速入力

実際にGoogle音声入力をブログの記事を書いてみるとだいたい10分間で1,000文字程度の入力が可能です。

かなりの変換精度を誇ってくれていますので、後からの修正も限られたものとなります。

 

10分あれば1つ記事の下書きが完成すると思えばかなり便利だと思いませんか?

 

キーボードでひとつの文章を完成させようと思えば結構時間がかかりますが、音声入力の場合はある程度の早口でも聞き取って一瞬で作成できてしまいます。

 

どちらかといえば喋るスピードよりも、頭の中の発想の方が間に合わないという感じですね。

 

 

まるで自分が主人公になったかのように

Google 音声入力のコツはある程度感情移入をしてしまうことが大切です。

 

と言いますのも機械に向かって喋って行くことになりますので、慣れるまでは恥ずかしさがあります。

 

まるで自分が物語の主人公になったかのように、なりきってしゃべっていくことでその恥ずかしさを克服できるようになるかと思います。

 

喋った内容がそのまま文字に起こされていきますので、自分の気持ちを表現するという意味でも感情を表に出していくことが良いブログ記事を作ることに繋がっていくことでしょう。

 

 

スマホに向かってしゃべるにしても感情を込めていこう!

スマホやパソコンに向かって喋べることになりますが、実際に目の前に誰かがいるような感じでしゃべりましょう。

 

友達に説明しているような、家族に教えているような感じで喋っていきます。

 

具体的な誰かを想像して喋った方が喋りやすいです。

 

不特定多数の方に記事を書いているというよりも、特定の誰か一人とおしゃべりをしているという感じでしゃべっていく方が、品質の高い記事が作られるような気がします。

 

 

台本があったほうが喋りやすい

全く何もないところから記事を生み出すのは結構大変です。

それはライティングでも音声入力でも同じなのですよね。

 

音声入力を始める前にある程度参考となるブログを複数開いておくことで、その情報を参考に喋って行くことができます。

 

ラジオの収録でもある程度の台本があるように、ブログにおいても何についてしゃべるかそのキーワードや見出し程度はあらかじめ作っておいた方が音声入力はやりやすいかと思います。

 

全く白紙のドキュメントに対して喋ろうと思ってもなかなか先に進まないことがあります。

 

参考になるブログの記事をGoogleChromeのタブで複数表示しておくことで、ネタや情報に困ることなく音声入力を続けていくことができるようになります。

 

音声入力で躓かずに一気に記事を書き上げる為にも、事前に参考になりそうなネタ探しをしておきましょう!

 

 

音声認識率をあげていく

Google 音声入力の認識率は相当高いです。 音声入力の認識率は相当高いです。

 

それでも誤変換や誤入力は発生します。

 

少しでもあとからの編集作業を確認するためにも、音声入力の認識率を上げられるようなしゃべり方をしましょう。

 

はっきりとした声で同じテンポで喋るようにすれば、音声認識率を上がります。

 

口ごもった喋りよりもはっきりと明瞭な言葉の方が、コンピューターを認識しやすいようです。

 

本格的なボイストレーニングをしなくても、なるべく聞き取りやすい喋り方をしようという心がけをするだけで随分と改善されるかと思います。

 

またGoogle音声入力は文章の全体で漢字の変換を認識しているようです。

 

短い文章よりもある程度長い文章の方が前後の文脈を読み取って、正しい漢字を利用し変換していってくれるみたいです。

 

ですので一回の入力で一つの文章を全て喋り切るぐらいの勢いをつけた方が、音声認識率は高くなります。

 

 

あとは慣れ

ライディングも音声入力も同じです。

最初はなかなか思うように入力ができないもの。

しかしそれを続けていくことでだんだんと慣れてきてスピードも上がっていきます。

 

音声入力を利用してどんどん記事を書いていくことで、Google音声入力にも慣れてくる事でしょう。

 

最初は音声入力と言っても時間が、かかってしまうことかと思います。

しかし慣れてしまえば、短い時間で記事の下書きを完成させることができるようになるかと思います。

 

最初の目標は10分で1000文字の記事の下書きを作り上げることを目指しましょう!

 

10分で下書きを完成させて10分で文章の構成や画像の貼り込みアフィリエイトの挿入などをこなして公開することができれば、20分で一つの記事を完成させることができるようになります。

 

20分で一つの記事が完成させられるなら1時間あれば3つの記事ができるという事ですね。

 

この記事も音声入力を利用して10分ちょっとで文字入力を完成させました!!

 

是非とも音声入力を極めて、ブログ記事の作成スピードを早めたいものですね。

 

ブログ記事を早く作れるようになれば他更新ブログや複数ブログの運営もしやすくなるかと思いますよ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました