【腕のある整体の見極め方】なぜ整体に行くのに躊躇するのか?!

体がだるかったり、肩や腰が重い場合ってよくありますよね。

 

現代人のほとんどが肩こりや腰痛を抱えています。

 

その程度では病院に行くことはありません。

自分でストレッチをしたりして、体調の回復を図ります。

 

マッサージや整体をしてもらう場合はカイロプロテックや整体院へ行くことになります。

しかし私はどうも整体院に通うことに躊躇してしまいます。

 

 

なぜ躊躇してしまうのか

保険診療の場合は、一定の治療内容と一定の料金で等しく請求されます。

つまり病院によってそこまで大きな差がないということです。

 

もちろん病院の規模や医師によって治療内容が変わってくる場合もありますが、ある程度の医学的なエビデンスに基づき行われます。

 

保険治療である限り、そこまで大きな差が生まれないということになります。

 

料金も診察や治療検査に基づいて点数で計算されているので、病院によって何倍もの差が生まれるということは考えられません。

 

一方で整体院での治療は、ごく一部を除いてほぼ自由診療となります。

 

急性の脱臼や骨折・打撲などでは保険が効く場合がありますが、慢性的な肩こりや 腰の痛みに伴うマッサージなどの治療などに対しては保険はききません。

 

ですので価格もバラバラになってきます。

エステサロンや美容院などと同じで、安いところもあればすごく値段が高いところもあります。

 

 

思わぬ高額になってしまう事も

整体の場合は治療によって料金が加算されていくので心配なのですね。

整体院に行ってマッサージをしてもらって、骨を整えてもらい、ストレッチをしてもらい、電気を通してもらい、牽引してもらい、鍼灸もしてもらうと…

それぞれに料金が加算されて、びっくりするほどの値段になる場合があります。

 

腰痛で整体にいって、あれをされこれをされているうちに思いもよらない金額になってしまうことがあるので、カイロプロテックや整体院の場合は躊躇してしまうのです。

 

また慢性的な肩こりや腰痛などはなかなか治りにくいので、継続的に通うことを勧められます。

 

それは構わないのですが10回チケットなどを高額で売りつけられると言うところもあるようです。

 

ごり押しで売られてしまうために、やめたくてもやめれないという悪循環が発生している場合もあります。

 

もちろん良心的な 治療内容で良心的な価格で経営している整体院をたくさんあります。

 

ただし、その違いを見抜くのが難しいと言うことが整体院へ行く事を躊躇させてしまう要因になぅってしまっているのだと思います。

 

 

良い整体院を見極める

今はネット社会なので、様々な口コミを簡単に身にすることができます。

 

ですので、もし整体院へ通うと思っているなら事前に、口コミやネットでの評判を調べておくと良いかと思います。

 

一通り読むことで、だいたいそこがまともに経営しているのかどうかは判断することができるでしょう。

 

あと国家資格が必要とされている柔道整復師や、鍼灸の資格があるかどうかなども見ておけば良いかと思います。

 

 

国家資格の場合は、専門学校や専門大学で勉強し、国家試験を受けて取得されていますので、悪徳業者にあたる確率はグッと低くなります。

事前にホームページなので調べておくのもいいかと思います。

 

 

基本は整形外科

体の不調や痛みは大きな病気が原因となっている場合もあります。

ですので肩こりがひどかったり、腰痛がなかなか治らない場合は、一度整形外科で診察を受けて検査しておくとよいかと思います。

 

整形外科の検査では大きな問題はなく、原因や病名、治療方針などがはっきりしない場合に、整体院や鍼灸院での治療をはじめた方がいいかと思います。

 

繰り返しますが、凝りや痛みの影に何かしら大きな病気が潜んでいる場合もあるので、そこをしっかりと見極めてもらう為にも整形外科での受診が必要となってくるかと思います。

 

レントゲンやCT、MRIで体の状態を見極める事ができるのは整形外科です。なかなか痛みがひかない場合などは、先に病院で検査を受ける事を忘れないようにしましょう。

 

 

最後は見極める力

整体にしろ、接骨にしろ、鍼灸にしろ最後は腕です。

実力のある施術者のもとには、口コミなどで人が集まります。

 

逆に胡散臭い場合は、もう二度と通うことはなくなるでしょう。

 

口コミなどを参考にしながら、施術者の腕をおおよそ予想して、実際に通ってみた自分の直感を大切にしましょう。

 

私も腰痛で鍼灸院に行ったことがあります。

 

整形外科での検査ではなんの問題もなしも言われました。

 

けど痛いのは痛い!!湿布を貼ってもなかなか改善しないその痛みをなんとかしたいという思いから鍼灸の治療を選びました。

 

原因不明の腰痛の場合、腰回りの筋肉が凝り固まってしまっている事が要因になっている事もあります。

 

腰回りの筋肉に鍼を指す事で、血流がよくなり症状が改善するという事ですね。

鍼は細くて痛みはほとんどありません。しかし、筋肉にとっては刺激となるようですね。

 

 

鍼をした後にお灸でしっかりと腰回りを温める事で、痛みが改善してきました。

 

これは実際に私が治療を受けて感じたことです。

 

 

もちろん個人差も大きいと思いますが、整形外科にいっても原因が不明でなかなか改善しない痛みに対しては東洋医学が有効となる場合も多いのです。

 

 

ただ一言に東洋医学といっても幅が広くて、施術者の腕も千差万別です。

どこで治療を受けるかによって大きく結果が異なってくると思われます。

 

口コミで評判が良くて、実際に自分が施術を受けて効果を実感できたなら、それは本物だという事になるかと思います。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました