究極の選択でイオンの株価の下落が止まらない

イオンの株価が下がっているとSNSで騒がれていました。

私も株をはじめた当初からイオンの株を保有していました!
特にイオンラウンジは買い物ついでにコーヒーをいただけるという事で重宝させていただいております。

妻が買い物中、待ち時間にイオンラウンジでコーヒーを飲みながらツイッターができるのですね!!

ソファもふかふかでイオンモールで買い物する時の楽しみの一つでした。

イオンラウンジが混雑している

株主総会である株主がイオンラウンジが混み合っているのでどうにかして欲しいという発言が発端でした。

「株主の数がとんでもなく増えてしまったためにイオンラウンジを株主のものかお客様のものかどちらかにせざるをえない」と社長が言及しました。

当然、イオンラウンジを目当てに株を購入している方は早めに売ってしまおうと思われる事でしょう。

そこに機関投資家も便乗して売り攻撃を仕掛けられたために株価の下落が止まらない状況になっているのではないかと思います。


たしかにこの発言はまずかったと思います。

株主は経営者にイオンラウンジの混雑を改善してと発言したわけですよね。


その回答がお客様か株主のどちらかを締め出す言ったわけで…株主から見れば面白いはずもありません。
中には怒りを覚えた人もいるのではないでしょうか?!

回答として「少しでも混雑を減らせるように利用時間の制限を儲けたり、座席を増やすなどして対応してまいります。」

でよかったんじゃないかと思うのですが…。


正解はお客様も株主もどちらも大切にするという事です。

経営者なら基本中の基本だと思うのですが。


お客様がなければ会社は存続する事はできませんし、株主は自分の身銭を削って会社に投資しているいわばオーナーです。

そのどちらかを選ぶって発言自体が炎上するっていう事わからなかったのでしょうか?!

なぜあえてお客様と株主2社択一という究極の選択をするのか?!

SNSで一気に情報が拡散する時代。

経営者の不用意な発言は株価に直結するので、気をつけてもらいたいものです。

解決方法などある分けがない

たしかに休日なんかはイオンラウンジの利用に待ち時間が発生する事もしばしばあるようです。

イオンラウンジの外にまで行列ができている事も。

でも、それでいいんじゃないかと思うのですけどね。


日本人は並ぶという事に慣れていますので、現状でも大きな問題とはなっていません。

もちろん空いた状態で広々と使えたほうが嬉しいけど、だからと言って混んでいても仕方ないなで終わるだけの話ですよね。

イオンラウンジから株主を排除すると言ったら、そりゃ株主優待目的で購入した株主は去っていきます。

株主優待を改悪したら株価が大幅に下がるのは、どこの銘柄でも同じです。

株価が下がれば大株主から個人株主、経営者まで多くの方にダメージが押し寄せてきて、それがまわりまわってお客様へも影響を与えます。


もちろんイオンランジからお客様を排除するのは論外です。

イオンでたくさん買い物をしてゴールドカードを貰ったのに、それを排除するってどういう事か!もうイオンは利用しない!!って事になりかねません。
それはまわりまわって株主にも影響を与えます。

当たり前ですね。


はっきり言いまして…どちらを排除しても大問題になるのは必死です。

イオンの社長どうするのでしょうかね?!


私はイオンラウンジ関係なくイオンの株を保有し続けようと思います。

オーナーズカードは買い物時のキャッシュバックや系列レストラン飲食時の割引など他にも特典がたくさんあるからですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました