仕事をしているパパはえらいんだぞ!【貧乏父さんまっしぐら】

「あぁ、今日も1日よく働いた。」

「がんばったな。」

「めちゃくちゃハードだけど、仕事だから仕方ないね。」

パパはがんばって働いて稼いできたよ!! この稼ぎがあるから、家族みんなこの家に住めるて、良い服をきれて、おいしいご飯が食べられるんだよ。

勘違いしている家庭が多い

どこの家庭でも良く話されてそうな会話ですね。

しかし、パパは大きな勘違いしていますよ!!

パパは頑張って働いてえらい!→真実
パパは仕事しているからえらい!→嘘

家族の為に朝早くから眠たい目を擦って働くことは非常に尊い事だと思います。
たしかに偉い事ですね。

でも、仕事をしているから偉いって訳ではありません。

どちらかといえば社会の中では詐取される立場です。

仕事は偉大だけど、詐取されてる事実

パパは会社に雇われて、決められた時間働いてその対価としてお給料を貰っています。

パパはめっちゃがんばって働いて会社に貢献しています。

今月は死ぬ気で働いて売上3,000万円達成したよ!!

今月なんて売上3000万円をあげて上司にも褒められました。
なんとも誇らしいパパですよね。

さて…売上3000万円から経費を差し引くと300万円が会社の純利益として残ります!!

でも何故かお給料は20万円しか貰えません…。

パパはその事に疑問を持つことなく誇らしげに20万円の給料明細を家族に自慢していました。

今月は給料20万円だぞ!!(ドヤーーーー!!)

実は隣のニートパパの方が勝ち組?!

お隣さんのお家のパパさんは働かずにブラブラしているようです。
隣のパパはまともに働きもせずにたまにアルバイトしてる程度。


うちのパパは隣のパパをけしからん奴だと豪語しています。

毎日会社行ってがんばって働いているぞ!それに比べて隣の旦那さんはだらしないな。アルバイトを転々としているように見て取れる!! ハハ!!

隣のパパは好きな仕事を好きな時間だけ働いています。

なのでそんなに手取りも多くありませんがその分、自分の時間もたくさん持っているようです。

時間があるので、趣味の釣りや絵画に没頭している事も多いようですね。また家族旅行も頻繁にいく事ができます。
夏休みは沖縄旅行、冬安はハワイ旅行とけっこうお盛んなようで…。

でもパパは不思議です。

そんなお金はいったいどこにあるのか…

たいして働きもせずにお金を稼ぐカラクリがわかりません。

うーん、私の方が圧倒的に働いているはず!!なのに隣のお家の方がどう見ても潤っているようにみえるんだけど…これはいったいどうした事なのか!!


実は隣のパパさんはパパの働く会社の大株主なのです。

パパの会社は安月給で従業員を働かせて、利益をしっかり株主還元する会社として株主から注目されています。

パパが3000万売り上げて生み出した300万円の純利益は株主に配当金として還元されていたのですね。

隣のパパは何もせずともお金が入ってきます。

自分は好きな事をしていても、会社の従業員たちはがんばって働いて利益をあげてくれるからです。

その利益は毎年配当金として支払い続けられるのです。

その事実を知らずにパパは隣のパパに詐取され続けているのです!

あれ本当の勝ち組はどっちなんだろうか?!

朝早くから、子供の寝顔を見て家を出て、帰宅したら子供は寝ている。

こうやって会社にコキ使われてパパは株主の為に必死になって利益をあげつづけてます。


どれだけ売り上げをあげてもパパのお給料は上がりません。

その代わりに隣のパパの配当金は増配されます。


おかしいですね。

必死になって体をすり減らしながら働いているパパのお給料は一向にあがらないのに、ノホホンと暮らしている 隣のパパはますます潤って行きます。


私達の住んでいる社会は資本主義です。

資本主義においては資産を持っている人が、労働者からお金を吸い上げていく仕組みになっています。


パパは必死になって働いている事に酔ってしまって何か大きな勘違いをしているようですね。

仕事は偉大と操作されている

この手の話はよく耳にしますね。

興味を持たれた方は「金持ち父さん貧乏父さん」を読めば、さらに理解は深まるかと思います。


学校、メディアなどでは汗水流して働くことが美徳みたいに擦り込まれます。がんばって働く労働者は偉大だ!って思っている方も多い事でしょう。

はたしてその考えは正しいのでしょうか?!

決して労働がダメな訳じゃありません。


労働者がいないと社会は成り立たないし、資産を貯める上で労働は大きな武器の一つとなります。


ただ、いつまでも労働者でいる事に甘んじるという事は、自分の時間を対価にお金を稼ぎ続ける人生だという事になります。


労働者として働きながらも、お金を投資にまわしていき資産家への道を歩み始める事が大切なのではないでしょうか?!

偉大なパパは子供に真実を教えてあげよう

学校では資本主義の仕組みについて細かく習う機会はありません。

ましてや投資については自分で気付くか身近な人に教えてもらわない限り、その必要性を知る機会はなかなか巡ってきません。


子供の投資のリテラシーについて教えてあげる最良の先生は親なのではないでしょうか?!


がんばって勉強して、いい学校に入って…良い仕事についてしっかりお金を稼ごう!という考えが大勢ですね。

しかし、大切な事が抜けています。このままではラットゲームから抜け出す事はできません。


労働者であり続ける限りは永遠に詐取される側から抜け出せません!


しっかり稼いだお金はがんばって投資にまわしていきましょう。

資産に変わったお金は、お金を生み出してくれます。

資産を蓄えれば自分が働くのではなく、自分の変わりにお金に働いて稼いでもらいましょう!!

投資とはいったい何なのか?!

何故投資をしなければいけないのか?!

どうやって投資をしていけばいいのか?!

偉大なパパは子供にその事をしっかりと教えてあげましょう!

ストックビジネスの教科書 プロフェッショナル/大竹啓裕

こちらの記事もおすすめです。ぜひ読んでください

コメント

タイトルとURLをコピーしました